• アパート経営, 土地活用
  • 2023/5/26

【最新2023年】60坪の土地活用方法12選と失敗しないで始めるコツ

[ 広告含む ]
60坪の土地活用方法12選

60坪の土地を活用するには、どのような方法があるか知りたくありませんか?

土地はただ所有しているだけでも、税金を支払わなければなりません。土地活用しないのは、非常にもったいないです。お持ちの土地によってニーズも異なりますが、たくさんある種類の活用方法を検討し、最適な活用方法を見つけてください。

今回は、「不動産投資の教科書」が以下のながれに沿って解説していきます。

  • 60坪の土地活用に失敗しないコツ
  • おすすめの60坪の土地活用方法
  • 60坪の土地活用のメリット
  • 60坪の土地活用のデメリット
  • 60坪の土地活用するなら知っておきたい法規制

60坪の土地活用に悩んでいる人に、知っておいてほしい知識をまとめました。

土地活用・不動産投資プランを請求してみる
都道府県が選択されていません。
土地の有無が選択されていません。
NTTデータグループ運営【HOME4U 土地活用】

1、60坪の土地活用に失敗しないコツ

本章では、60坪の土地活用に失敗しないコツをお伝えします。

  • 土地の状況やニーズを確認する
  • 土地活用の目的を明確にする
  • リスクがあることを把握する
  • プロに相談するのが近道&複数の会社にプラン請求する

(1)土地の状況やニーズを確認する

土地活用は、所有している土地の立地が経営に大きく関わってきます。土地活用を成功させるためには、土地の状況や需要をしっかり把握しておくことが基本です。そのうえで、土地に合った活用方法を選びましょう。

(2)土地活用の目的を明確にする

土地活用において目的を明確にしていなければ、期待する効果を得られないかもしれません。土地活用の方法には、それぞれ特徴があります。自分の得たい結果が得られる土地活用を選べるように目的を明確にしましょう。

(3)リスクがあることを把握する

投資には、リスクがつきものです。その土地活用で起こり得るリスクを把握しておくことが大切です。事前にリスクについての理解があれば、対策や対処ができるため最小限のリスクにとどめることができます。

(4)プロに相談するのが近道&複数の会社にプラン請求する

自分の土地にはどのような土地活用方法が向いているのか判断する際は、主に土地の利用規制の確認と賃貸需要の把握が必要です。しかし、初心者が調査するにはなかなかハードルが高いです。

したがって、土地活用の専門企業などプロに相談するのがおすすめです。ただ、どの企業に依頼するべきか一つ一つの企業を比較していくには、多大な手間と時間がかかります。

そこで一度、一括見積サイトで土地活用プランを無料請求してみてはいかがでしょうか?

おすすめのサイトは、HOME4U(ホームフォーユー)土地活用です。HOME4U土地活用は、情報サービス事業の最大手であるNTTデータグループが運営しているため、安心、安全にご利用いただけます。

HOME4U(ホームフォーユー)土地活用のメリット・デメリットは?評判や口コミも紹介

2、60坪の土地活用方法おすすめ12選

60坪の土地活用方法おすすめ12選

60坪の土地を有効に活用する方法はどのようなものがあるのでしょうか。本章では、60坪の土地活用を行う場合のおすすめの選択肢を紹介します。

  • アパート経営
  • マンション経営
  • 戸建賃貸経営
  • 賃貸併用住宅
  • 貸店舗経営
  • 月極駐車場・コインパーキング
  • トランクルーム
  • コインランドリー
  • バイク置場・駐輪場
  • 自動販売機・コインロッカー・貸看板
  • 貸地
  • 太陽光発電
  • 資材置場
  • 貸農園

(1)アパート経営

アパート経営は、長期的に安定して収入を得ることができるため人気の土地活用方法です。60坪の土地であれば、決して大きいアパートではありませんが、充分にアパート経営を行うことができます。他の土地活用と比較して、収益性が高い点がメリットです。

60坪の土地活用をアパート経営で成功させたい場合、いかに入居者目線で物件を建てられるかがカギです。例えば、浴室乾燥機の導入やネット環境の無料整備、宅配ボックスの設置などによって設備を充実させたり、友だちを招待したくなるようなデザインにしたりして、入居者が「住みたい」と思うような付加価値をつけましょう。

また、入居者が住み始めた後も「長く住み続けたい」と思ってもらうことも大切です。トラブル時の対応やアパート共有部分の清掃など管理を徹底することもポイントになります。

アパート経営は、比較的高い収益率で、長期的に安定した資産を築けるだけでなく、節税効果を得られる点も大きなメリットとして挙げられます。

建物が建っている土地は、何も建物が建っていない土地より、下記の通り、税金が安く済みます。

  • 固定資産税……6分の1程度
  • 都市計画税……3分の1程度

また、下記の通り、相続税の節税対策としての効果も得られます。

  • 賃貸住宅の土地の相続税評価額は、マイホームの土地と比較して約20%減額
  • 加えて一定要件を満たした場合、賃貸住宅の土地の200平米まで50%減額
  • アパートローンの借入がある場合、借入金額から相続税評価額から控除される

メリット

デメリット

  • 長期的に安定した収入を得られる
  • 収益性が高い
  • 相続税や固定資産税などの節税効果を得られる
  • 初期費用がかかる
  • 資産価値の高い物件を見極めて購入しなければならない
  • 管理体制を整えることが必要

こんな人におすすめ

  • 長期的に安定した資産形成したい人
  • できれば多く収益を得たい人
  • 収入が多く、節税効果を得たい人

田舎でも土地活用は可能!しっかり稼げる3つの土地活用法と始め方

(2)マンション経営

マンションとアパートの違いは、建物の構造です。マンションは、RC造(鉄筋コンクリート)やSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)、アパートは木造やS造(鉄骨造)が一般的です。

アパートと比較して、建物構造の強さや防音性に優れているため、耐用年数も長くなります。また、アパートよりも高い家賃を設定することができたり、建物が老朽化しにくいため家賃下落を防ぐことができたりし、より高い収益性を実現できるでしょう。しかし、性能が良い分、建築費が高くなってしまうことがデメリットです。

メリット

デメリット

  • 長期的に安定した収入を得られる
  • アパート経営よりもさらに収益性が高い
  • 相続税や固定資産税などの節税効果を得られる
  • アパート経営より初期費用がかかる
  • 資産価値の高い物件を見極めて購入しなければならない

こんな人におすすめ

  • 長期的に安定した資産形成したい人
  • できればより多く収益を得たい人
  • 収入が多く、節税効果を得たい人

(3)戸建賃貸経営

戸建賃貸経営は、ここ数年で注目を集めている投資です。アパート経営やマンション経営と比較して戸数は少ないですが、立地によっては高い収益性と稼働率を見込むことができます。戸建の平均坪数は、30〜40坪程度なので、60坪の場合、2戸建築することもできるでしょう。

60坪の土地活用として、戸建て経営を成功させるためのポイントは、入居者層のターゲットを見極めて、戸建賃貸住宅の需要があるのか判断することです。

戸建は、特にファミリー層から人気があり、ファミリー層に入居してもらった場合、長期間の入居が期待できます。ファミリー層に入居してもらうためには、交通の便が良さや教育施設の近さ、周辺環境が重視されます。自分の保有している土地が、戸建賃貸経営に向いているのか確認しましょう。

メリット

デメリット

  • 周辺環境によっては、高い家賃と稼働率が見込める
  • 土地の形を活かすことができる
  • 売却時は賃貸住宅としてではなく居住用住宅としても売却することができる
  • 相続税や固定資産税などの節税効果を得られる
  • 周辺環境によっては、アパート経営やマンション経営と比較して収益性が低くなる可能性がある

こんな人におすすめ

  • 長期保有の意思がない人
  • 将来的に売却したいと思っている人

(4)賃貸併用住宅

戸建賃貸経営のもう一つの方法として、賃貸併用住宅があります。

賃貸併用住宅とは、自宅の一部を賃貸住宅として貸し出す機能を持つ住宅です。例えば、1階部分を自己居住用にして2階部分を賃貸住宅にするといったケースが賃貸併用住宅に該当します。

賃貸併用住宅の最大のメリットは、ローン負担額の軽減です。本来は収益が出ないマイホームを賃貸併用住宅にし、住宅の一部を貸し出すことにより毎月家賃収入を得ることができます。

アパートオーナーと入居者の距離感が近い分、トラブルが起こらないように共生するための工夫が必要です。生活導線を別にするなどして、なるべく顔合わせが内容にするといいかもしれません。

メリット

デメリット

  • ローン負担額の軽減
  • マイホームが早く手に入る
  • 要件を満たせば住宅ローンを利用できる
  • アパートオーナーと入居者が共生しやすい環境を整えなければいけない
  • 居住スペースが狭い恐れがある

こんな人におすすめ

  • できるだけ早くマイホームが欲しい人
  • 住宅をライフスタイルに合わせて柔軟な使い方をしたい人

(5)貸店舗経営

貸店舗経営は、保有している土地に賃貸用の店舗を建築し、貸出すことによって収入を得ます。保有している土地が繁華街や商業地、線路の近くなどアパート経営やマンション経営に向いていないエリアにある場合、貸店舗経営を検討してみるとよいでしょう。

立地によっては借主が見つかりにくいケースもありますが、居住用よりも高く家賃設定を行える可能性が高いです。貸店舗としての需要があるかどうかを充分に調査したうえで、高い収益率を実現したい人にはおすすめです。

メリット

デメリット

  • 居住用よりも高い家賃設定ができる
  • 繁華街や商業地、線路の近くなどアパート経営やマンション経営に向いていない土地も有効に使用できる
  • 自分で店舗を開くよりも効率よく活用できる
  • 借主が見つかりにくい可能性もある

こんな人におすすめ

  • 保有している土地が繁華街や商業地、線路の近くなどにある
  • 高い収益性を求めている

(6)駐車場経営

駐車場経営は、土地活用としてアパート経営やマンション経営同様人気があります。建物を建築する必要がないため、比較的少ない資金で簡単に始めることができます。

初期費用は、ほとんどの場合、アスファルト塗装の費用のみです。その後の転用も効くので、とりあえず、早く土地活用を始めて税金の支出を賄いたい人におすすめです

駐車場の大きさ目安は、「幅2.5メートル・長さ5メートル」です。60坪の土地であれば、8~9台ほどの駐車スペースをつくることができます。

駐車場経営は、月極駐車場とコインパーキング(時間貸し駐車場)の2パターンあります。保有している土地のエリアや周辺環境によって適した方を選びましょう。

資金なしで成功する土地活用法4選!収益を上げるポイントを解説

メリット

デメリット

  • 初期費用が比較的安い
  • 転用性が高い
  • 収益性が低い
  • 節税効果は得られない

こんな人におすすめ

  • できるだけリスクを負いたくない人
  • 少ない自己資金で土地活用を始めたい人

(7)トランクルーム

トランクルーム経営は、近年認知が広がり始めたばかりですが、潜在的な需要が高いため将来性がある土地活用だといわれています。

アパートやマンションを建築するよりも、初期費用がかからず、管理の手間もかかりません。トランクルーム経営を始める時は、土地を保有しているエリアに収納ニーズがあるのかどうか見極める必要があります。周辺に規模が小さい住宅が集合している土地におすすめです。

トランクルーム経営に始めるのにおいて、その土地のニーズの把握や、コンテナなどの配置案の考案を自分で行うのは簡単なことではありません、専門業者に依頼し、調査やシミュレーションを行ってもらうのも一つの手でしょう。

メリット

デメリット

  • アパート経営やマンション経営と比較して初期費用が少ない
  • 管理の手間がかからない
  • 転用性が高い
  • 収益化までに時間がかかる

こんな人におすすめ

  • 周辺に規模が小さい住宅が集合している土地を所有している人
  • 資金力があり、収益化まで気長に待つことができる人

(8)コインランドリー

コインランドリー経営とは、土地に店舗を建築し、洗濯機や乾燥機を設置し、設備の利用料を収入として得ます。平均的な店舗面積は、20坪程度です。60坪の土地であれば、充分な広さの店舗を構えることができるでしょう。また、来店用の駐車場なども備えることができます。

アパート経営やマンション経営と比べ、外壁塗装などの大規模修繕が必要になりにくいので、ランニングコストを抑えることができます。また、基本的に人対機械なので、人同士で関わることが少なく、人同士のトラブルを避けられます。

しかし、洗濯機や乾燥機、電気や水道の設備を整える必要があるため、諸費用はかかってしまいます。目安は以下の通りです。

メリット

デメリット

  • ランニングコストが低い
  • 人同士のトラブルが少ない
  • 初期費用がかかる
  • 店舗の管理をしなければならない

こんな人におすすめ

  • 人とのトラブルをできるだけ避けたい人
  • ランニングコストを抑えたい人

(9)貸看板・自動販売機・コインロッカー

貸看板・自動販売機・コインロッカーで行う土地活用の最大のメリットは、小さなスペースでもできる点です。60坪であれば、充分に広さがあるため、アパート経営や駐車場経営など他の土地活用方法と併行して活用するのがおすすめです。

貸看板は、、狭いスペースでも人の目につきやすい土地であれば、需要があり長期間利用してもらえることが多いので安定的に収益が得られます。

自動販売機は、一般的に、機械の設置から集金や商品補充・空き缶回収まで専門業者に全て任せます。オーナーが負担するのは月々2,000〜5,000円前後の電気代のみです。収入は、専門業者から売上の20%前後が配当されます。

コインロッカーがおすすめの土地は、駅前や繁華街の近くです。

メリット

デメリット

  • 手軽に始められる
  • 手間がかからない
  • 変形地でも有効活用できる
  • 収益性が低い

こんな人におすすめ

  • 手軽に土地活用を始めたい人

(10)貸地経営

貸地とは、土地を貸すだけの土地活用方法です。土地の借主が、アパート経営や店舗経営を行い土地活用をします。

貸地をする際は、定期借地権で契約するようにしましょう。定期借地権には契約更新がないため、契約期間が終了すれば土地が返還されます。

定期借地権ではなく、普通借地権で契約してしまった場合、正当事由がない限り、契約更新されてしまうので注意が必要です。

メリット

デメリット

  • 初期費用がかからない
  • 手間がかからない
  • 借主と短期的な契約ができない
  • 収益性が低い

こんな人におすすめ

  • できるだけ手間のかからない土地活用がしたい人

土地活用の相談はどこにしますか?投資先別はじめてでも安心な相談先

11)太陽光発電

太陽光発電は屋根の上だけでなく、地面にソーラーパネルを建てて行う方法もあります。

郊外で日当たりの良い土地で近くに電柱があるなら、基本的にはどこでも土地活用できる方法です。しかし、収益化までに時間がかかることがデメリットです。10~15年前後かかると思っておきましょう。

メリット

デメリット

  • 長期的に安定した収入が見込める
  • 建物が建てられない「市街化調整区域」などでも実施できる
  • 収益化に時間がかかる
  • 災害リスクの対策をしておかなければならない

こんな人におすすめ

  • 光熱費を削減したい人
  • 郊外で日当たりが良い土地を所有している人

(12)資材置場

資材置き場は、場所さえ見極めれば需要がある土地活用方法です。主に工事に使用する重機や資材を保管するスペースです。借主に土地をそのまま貸し出すだけなので、初期費用がかかりません。

メリット

デメリット

  • 手間がかからない
  • 初期費用がかからない
  • 建物が建てられない「市街化調整区域」などでも実施できる
  • 収益性が安定していない

こんな人におすすめ

  • できるだけ手間を掛けたくない人
  • 近くに大規模工事現場がある土地を所有している人

土地活用のプロがおすすめする本11選!成功するためのヒントとは?

3、60坪の土地活用のメリット

60坪の土地活用のメリット

本章では、60坪の土地活用の主なメリットについて解説します。

(1)長期的に収益を得られる

土地を所有しているだけでは、何も収益を得られません。むしろ、税金の出費だけがかさみマイナスです。何か知ら土地活用を行うことで、長期的に収入を得ることが可能です。

初期費用を多く出せない方であれば、自己資金なしで簡単に始められる方法を選んだり、長期的に資産形成をしたい方であれば、初期費用は高いとしても収益性が高い方法を選んだりすることもできます。自分に合った土地活用方法で収益を得ましょう。

(2)節税効果が得られる

土地はただ所有しているだけで、課税対象です。しかし、土地活用の方法によっては、節税効果を得ることができます。

固定資産税や都市計画税は、更地ではなく建物が建っている場合のほうが税負担が軽くなります。

土地を所有している場合、土地の評価額は時価より低く評価されます。加えて賃貸住宅が建っていたり借地事業を行っていたりするとさらに評価額は低くなります。そのため、相続税対策に非常に有効です。

4、60坪の土地活用のデメリット

60坪の土地活用のデメリット

本章では、60坪の土地活用の主なデメリットについて解説します。

(1)不労所得にはならない

土地活用は不労所得ではありません。お伝えしてきた通り、方法によっては手間をかけず土地活用をしたり、管理を委託したりすることができます。しかし、土地活用はあくまでも経営です。長期的に安定した収益を得続けるためには、経営者の意識を持ち、常に借主のニーズを考えることが重要です。

(2)初期費用を用意する必要がある

方法によりますが、ほとんどの場合少なからず初期費用を用意する必要があります。しかし、土地は所有しているだけで支出があります。少ない自己資金からでも始めることができる土地活用はあるので、税金の負担を少なくするところから始めてみてはいかがでしょうか?

5、60坪の土地活用するなら知っておきたい法規制

60坪の土地活用するなら知っておきたい法規制

本章では、60坪の土地活用するなら知っておきたい法規制を紹介します。

(1)市街化調整区域

私有地であっても、場所によっては自由に建物を建てられない土地があります。たとえば、市街化調整区域に土地を所有している場合です。都市計画法には過度な開発を抑制するために、都市計画区域を「市街化区域」と「市街化調整区域」に分けるように定められています。

市街化区域はおおむね10年以内に開発を優先する区域であるのに対して、市街化調整区域は開発を抑制するエリアとなっています。つまり、市街化調整区域では開発行為が基本的にNGです。たとえ居住用のアパートやマンションであっても原則的に建設できません。

(2)用途地域

市街化区域は市街化を図る地域なので、基本的に開発行為は問題ありません。しかし、市街化区域のなかにも「用途地域」が決められており、建てられる建築物や面積などが用途別に細かく規定されています。「敷地のうちどれだけの面積に建物を建てられるかを示す建ぺい率」や、「どれだけの延べ床面積の建物を建てられるかを示す容積率」の上限も決められています。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

保有している土地の立地や坪数、周辺環境などを鑑みて、自分に合った土地活用を見つけることが収益化のポイントです。

そこで一度、一括見積サイトで土地活用プランを無料請求してみてはいかがでしょうか?

おすすめのサイトは、HOME4U(ホームフォーユー)土地活用です。HOME4U土地活用は、情報サービス事業の最大手であるNTTデータグループが運営しているため、安心、安全にご利用いただけます。

土地活用をお考えの方は、ぜひご活用ください。

【完全無料】60秒で土地活用プランを請求してみる

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう