• 不動産売却
  • 2020/5/7

不動産を売るなら活用すべき!プロが選んだ「不動産売却一括査定サイト」ランキング【2020年最新版】

不動産投資,オススメ,査定サイト

不動産を高く売却するには、手軽に無料で利用できる査定サイトを利用することが最も効果的です。

デメリットがないわけではなく、「不動産会社から見積りに関する電話がかかってくるので対応が手間」ということはありますが、一方で、

  • 複数社に一度に査定してもらえる
  • 複数サイトに査定してもらって比較することでより高い金額で売却できる
  • 査定サイトには厳しい審査基準をクリアした不動産会社のみ登録されているので失敗する可能性が低い

などのメリットがあるので、「不動産を売るならぜひぜひ活用して欲しい!」サイトです。

ただ、一口に売却査定サイトと言っても1000以上あるので、「これまで2,000名以上の方が当メディアを参考にしてご自身に合った不動産売却査定サイトを見つけた」という実績を持つ不動産投資の教科書が厳選するオススメ査定サイトをご紹介していきます

なお、最初にお伝えしておきますがオススメの組み合わせは以下の通りです!

関東

(東京・神奈川・千葉・埼玉)

関西(大阪・京都・兵庫)

中部(愛知・静岡)

首都圏や地方都市など地方の人口が少ない地域

すまいValue

+ HOME4U

+ SRE不動産

すまいValue

+ HOME4U

イエウール
+ HOME4U

不動産一括査定依頼はこちら
都道府県が選択されていません。
市区町村が選択されていません。

1、そもそも不動産売却査定サイトとは?

そもそも不動産売却査定サイトとは、パソコンやスマホからあなたがお持ちの不動産の情報等を入力するだけで、複数の不動産会社から売却価格を査定してもらえるサイトのことです。

非常に簡単な操作でたった60秒で査定してもらえるサイトもあり、使わない手はないでしょう。

一括査定サイトの仕組みを簡単に図であらわすと以下の通りになります。

不動産売却査定サイトはここ数年で増えていますが、はたしてどのように選んでいけば良いでしょうか。

2、売却査定サイトの選び方は?

売却サイトは増えていますがそれぞれ全て同じではなく、査定依頼できる不動産会社が異なります。

具体的な査定サイトの選び方としては「質のいい不動産会社の割合が多い」かが重要となって来ますが、それとは別に地域によっても強い不動産会社とそうでない所があります。

3、不動産投資の教科書が厳選!「不動産売却査定サイト」ランキング

不動産売却査定サイトは色々ありますが、今回は私ども「不動産投資の教科書」が独自の調査に基づきランキングを作成しましたのでそれぞれのサイトについて詳しく説明していきましょう。

第1位:ここでしか依頼できない大手不動産が集結「すまいValue(すまいバリュー)」

一括査定サイトで絶対に外せないのがこのすまいValueとも言えるでしょう。

不動産大手の6社が共同で立ち上げた一括査定サイトです。

6社と言うと少ないように思えますが、このうちの3社である三井不動産リアリティネットワーク、住友不動産、東急リバブルの3社だあけで業界における仲介件数がトップ3を占めているため、査定サイトの中では流通件数自体は最も多いとも言えます。

またこの3社はこのすまいValueでしか査定依頼ができません。これだけでもかなりのメリットではないでしょうか。

また大手不動産は広告料が安く、SUUMO等の誰もが知っているポータルサイトに物件を掲載してくれる可能性もあり、それだけ早く売れる可能性も上がるでしょう。

ただ大手のため仲介手数料が安くなることはほぼ無いと言えますし、地方で郊外の物件の場合はエリア外となってしまい、査定ができない場合もあります。

しかし都市部や主要な市区町村であれば、まずはすまいValueから査定を依頼してからセカンドオピニオンを付けることがオススメです。

公式サイトはこちら

第2位:査定サイトで唯一無料電話相談が出来る「HOME4U」 

NTTのグループ会社であるNTTデータ・スマートソーシングが運営しています。

他社と比べると立ち上げがかなり早く既に2001年に開始しもう20年近い歴史あるサービスなので、安心感が違うのではないでしょうか。

唯一無二の特徴としては一括査定サイトの中で電話相談が出来ることです。他に電話相談が出来るサイトはありません。さすがNTTだけに、フリーダイヤルで無料という所もポイントでしょう。

またプライバシーマークを取得しており、個人情報を手厚く保護する体制も整っています。

独自の審査基準を作ってユーザーにマッチした不動産会社をかなり吟味し厳選した上で掲載しており、悪徳不動産パトロールも常に行っていて信頼性はかなり高いと言えるでしょう。

ただ1つデメリットとしては大手不動産会社には査定の依頼ができないこともあり、こちらもセカンドオピニオン的に利用するのが良いかも知れません。

第3位:売却価格の納得度が高い「SRE不動産(旧ソニー不動産)」

SRE不動産(旧ソニー不動産)はソニーグループの不動産会社です。

ふつう不動産仲介業者は売り手と買い手の両者を仲介することが多く、必ずしも売り手だけの利益を追求できない場合があります。

しかし、SRE不動産では、一つの物件で売り手と買い手の双方を担当することを原則禁止し、100%売り手の要望にそった、納得度の高い売却活動ができる「売却エージェント制」を採用しています。

さらに、Yahoo!不動産と連携しているので、売却したい物件の情報に、より多くの購入検討者がアクセスすることができるという強みもあります。

SRE不動産がこだわる売却エージェント制と情報公開制度で透明性のある売却活動ができ、売り手の安心感や成約価格に対する納得度は高いです。

エージェント制のため、サービスエリアが限られているのですが(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県)エリアに該当するなら、ぜひおすすめしたいサイトです。

公式サイトはこちら

第4位:小規模から大手まで不動産会社を広くカバー「イエカレ」 

日本最大級の一括査定サービスです。

一括査定サービスをどこにしようか迷ったら、とりあえず「イエカレ」を利用してみてはいかがでしょうか。小規模から大手まで、幅広い多くの不動産会社と提携しているのが特徴です。

公式サイトはこちら

第5位:1,700社以上の不動産会社と提携「イエウール」 

 

イエウールは株式会社Speeeが運営している不動産売却査定サイトです。

1700社以上の不動産会社と提携、最大6社同時に査定を依頼できるところが強みでしょう。複数の査定額を比較できるため、高値で売ってもらえる業者を見つけやすいとも言えます。

査定依頼もLINE画面のようにわかりやすいため入力しやすいこともあり、利用者数も1000万人以上と他のサイトと比較して段違いに多いようです。

ただどの査定サイトでも言えますが、あくまでも簡易的な査定であること、実際にその売り出し価格になるとは限りません。

また売却依頼を受けるために意図的に高い査定額を出す業者も少なくないので、机上査定よりも金額が下がる可能性も覚えておきましょう。

ただイエウールはクレームの多い不動産会社との提携を解除する動きも強化しているので、その点は比較的安心できるため、査定依頼の初心者向けとも言えるでしょう。

公式サイトはこちら

4、地域によって査定サイトはこう選ぼう

不動産の査定依頼をするときは複数のサイトを使って査定依頼をすると良いでしょう。超大手のサイトと地元密着型の査定サイトを組み合わせて利用することがポイントです。

関東

(東京・神奈川・千葉・埼玉)

関西(大阪・京都・兵庫)

中部(愛知・静岡)

首都圏や地方都市など地方の人口が少ない地域

すまいValue

+ HOME4U

+ SRE不動産

すまいValue

+ HOME4U

イエウール
+ HOME4U

今回の内容がご自身の条件に合った査定サイト選びの参考になれば幸いです。

不動産を高く売却するには?当メディアが最もオススメする査定サイト5選

「不動産を売却したいけれど、どこに依頼すれば良いか分からない」
「うっかり相場よりも安く売ってしまい、あとで後悔したらどうしよう」

無料査定サイトは物件の資産価値を「査定」してもらえるのと同時に、信頼できる不動産会社を探すという活用方法もあります。
こちらのページでは、「不動産投資の教科書」が特にオススメする査定サイトを5つ紹介しています。

  • 提携会社・利用者数共にダントツのサイト
  • 仲介件数のトップ3を占める大手の不動産会社に唯一査定依頼が出来るサイト
  • 早く売りたいなら?リフォーム付プランを提案してくれるサイト
  • 唯一電話相談をフリーダイヤルで出来るサイト
  • 売却手数料が無料になるサイト

これまで700名以上もの方が当メディア経由でご自身に合った不動産売却査定サイトを見つけています。
ぜひこちらから比較検討し、今後のスムーズな売却にお役立てください。