• 不動産投資
  • 2019/7/17

50代から始める不動産投資【事例編 3】初挑戦は地方物件だった

50代から始める不動産投資【事例編 3】初挑戦は地方物件だった

50代が不動産投資を始めるに当たり、融資を受けるためには年収が多い、預貯金があるなどの条件が大切になってきます。

一旦借り入れが出来た場合は、うまく活用してさらに投資物件を増やしていくことは不可能ではないでしょう。

今回は手元の資金と退職金の一部をもとに利回り重視で地方物件を購入し、プチ大家を目指したKさんのケースを紹介していきます。(伊藤亮太・ファイナンシャルプランナー)

・【投資家の横顔】子どもが独立した後で?

Kさんは52歳男性で、妻と子ども二人の4人家族でした。

お子さま二人は社会人となり独立したためお金がかからなくなり、余剰資金を元に預貯金などの安定的な老後資金確保のため、色々な挑戦をされていました。

しかしお金が思うように増えていかない状況もあり、それを疑問に思って筆者のところに相談に来ました。

Kさんの預貯金は3,000万円ほどです。

今後も毎年300万円は貯金したいと希望されており、60歳時点での預貯金額は合計で5,000万円は超えると見積もる事が出来ました。

また退職金も1,800万円ほど見込めるとのことだったため、それもあわせると7,000万円前後の資金ができる計算になりました。

・【投資の背景】順調に行かなかった時に備える

Kさんはこの資金だけで十分やっていけそうですが、あくまでこれは順調にいった場合の話でしょう。

旅行や趣味などに使ってしまう可能性もある事を考えたKさんは、貯金だけではなくお金を増やす事を考えるようになりました。

そこで今ある資金や退職金の一部を利用して、不動産投資に挑戦しようと考えたそうです。

ただ東京の不動産は値段が高いし利回りも低いので面白くないため、地方物件にチャレンジしたいというアグレッシブな考え方を持ってらっしゃいました。

これも余裕資金がある方ならではの運用趣向だと思います。

・【物件選び】北海道苫小牧市の一戸建て

筆者はこれに対し、「いきなり地方物件に投資するのはハードルが高く、利回りだけでなく総合的に考えて物件選びをした方がよい」と伝えました。

それはもちろんKさんも分かった上で地方物件にチャレンジしたいという事でした。

Kさんは地方物件に投資して成功している投資家を紹介して欲しいとのことだったため、筆者がとある方をご紹介したと同時に、地方物件の勉強をひたすらされたのです。

その結果、北海道苫小牧市の一戸建て投資をKさんは始められました。

投資物件は築38年程度で価格は450万円、表面利回りは15%程度でした。

北海道苫小牧市はカジノ構想への期待の他、新千歳空港からの交通の便が今後よくなる見通しであること、雪が多く降る地域ではないことなどが最終的な決め手となったようです。

まずは現状の家賃確保に動き、ゆくゆくは転売して次に投資する意向で、その後は築30年前後の物件を運用しながら築年数の若いものをコツコツ買って、着実に資産形成していきたいというご希望でした。

賃貸需要も多い地域でトラックの運転手さんが借り手とのことで、継続した家賃収入が見込める物件としてKさんは満足がいく投資になっているようです。

・【FPの分析・アドバイス】地方物件は地域の付き合いが重要

Kさんのように地方物件の戸建てに投資をする場合には、その地域の不動産やさんといかに付き合いを行うかが重要です。

どの地域が賃貸ニーズがあり、築年数が古い場合でも需要があるのかどうかなどの情報を得て、投資すべきかどうかを総合的に判断する必要があります。

戸建ての場合は土地が得られるため、場合によっては建て壊して新しく建てることも検討できますし、今回は既に投資をされている方の意見をくみ取りながら行ったため、勝算はあるといってよいでしょう。

日本の不動産はやり方次第で地方も含めて可能性はいくらでもあります。Kさんのようにきちんと調査した上で、いかに賃貸ニーズを拾っていくかも大切です。

【40代から始める不動産投資】

【50代から始める不動産投資】

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。