• 不動産投資
  • 2019/6/7

40代からの不動産投資【事例4】お金を生むサイクルの中へ

不動産投資は妻の方が熱が入る家庭も少なくありません。

夫が勤め先で投資には制限がかけられていることなどから、妻がもし融資を使えるなら貯金ではなく投資を利用したいと考えるようです。

今回は高年収夫と専業主婦の妻、そしてお子さま2人のご家庭の事情を見ていくことにしましょう。(伊藤亮太・ファイナンシャルプランナー)






tochu3

・【投資家の横顔】超高収入家庭の妻が…

Zさんは45歳(当時)。弁護士事務所のパートナーであり、大変優秀な成績を収められています。

一方Zさんの奥様は44歳(当時)で専業主婦。普段はお子さま2人(4歳、1歳、いずれも当時)の面倒を見る素敵なママさんです。

Zさんの年収はなんと5,000万円前後。弁護士もピンからキリまでいるといわれていますが、これはかなり上の方といってよいのではないでしょうか。

そんなZさんは資産運用に興味はないのですが、奥様はどこかの不動産セミナーで話を聞いてからやる気満々といったご様子でした。

そこで不動産投資を行う前に、不動産会社とは別にセカンドオピニオンも聞いておこうということで筆者のところに相談にお越しになりました。

・【投資の背景】遅く生まれた子どもたちへ残したい

特に生活に不自由することもなく、家族団らんで楽しい日々を過ごしているという、なんとも絵に描いたような幸せ家族です。

ただし結婚が遅かったこともあり、2人のお子さまが成人する頃には夫・妻ともに60歳~65歳前後となることから、その後のことも考えておきたいというご希望でした。

そこで、ゆくゆくは不動産を活用した相続対策や相続税対策、法人設立も考慮しながらとりあえずは夫名義で買ってやり方をマスターしたいというのが当初の背景でした。

・【物件選び】オリンピック後も期待できる土地

Zさんはそもそも資産運用に興味がないため、奥様にすべて丸投げしていました。

ただし奥様がよいと考える物件については一つ一つ意見が欲しいといわれ、その意見を参考に投資物件は決めるというスタンスでした。

そこで選んだ物件から、人口増加率や再開発地域かどうかなどを加味し、まずは1件目を日本橋に決めたのです。

日本橋に物件を決めたのは、周辺が再開発ラッシュとなりそうでありオリンピック後も地価が期待できること、良い物件を複数持つスタンスで資産を構築する方がZさんご夫婦のお考えに沿っていると考えたからです。

2015年頃に最初の一件目を購入されましたが、まだ当時はそこまで値段があがっている訳ではなく、2,000万円ほどで購入できました。表面利回りは5.7%。

マンスリー賃貸業者に貸すことができたため、近隣よりも家賃は高めに設定できています。

融資の活用も検討されましたが、手堅く行きたいと思われたのか現金であっさり購入。マンスリー賃貸業者へ貸したことで、安定的に家賃も入ってきますし、場所柄からも家賃が大きく下落することも地域的に考えにくいです。

・【FPの分析・アドバイス】相続税対策も視野に入れて

その後購入された物件は結果、再開発の対象候補となっているようです。

その後お二人は法人の設立を行い、融資も活用し、名古屋、大阪、福岡などにも投資されています。

現在では、魅力ある物件を持つという選択肢以外に節税対策にも視点が置かれているとのことで、融資をうまく活用しつつ、法人設立によって奥様へ給料支払いを行うなどの税金対策にも抜かりありません。

奥さまは一戸購入し満足されたこと、そして今では旦那さんも不動産には興味があるご様子。ご夫婦で、お子さまへ残す資産も検討されているようです。

不動産の資産価値が分かり、長い目で見て相続・相続税対策などにもつなげることができる視点は富裕層の方には必須と言えるのかもしれません。

・不動産を持つことで節税対策も

高年収者の場合、特に給与所得者の場合にはなかなか経費計上が難しいこともあり、不動産所有をもとに節税対策を行う方は多いです。

しかもZさんのように良い場所を適正価格で複数購入していくことで不動産業者が提供する物件情報もさらによくなって行きますから、Zさんはまさにお金を生み出すサイクルの中に上手く入れたとも言えるでしょう。

【40代から始める不動産投資】

【年代別の極意】シリーズ

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。