• 不動産投資
  • 2019/5/6

タバコ、勝手に民泊、許可なくリフォーム……不動産投資「入居者トラブル」どう防ぐ?

不動産投資,トラブル

不動産投資をする人であれば、失敗は絶対に避けたいことでしょう。そのために実例から学ぶことは有益な方法の1つです。

この記事では、不動産投資家が行いがちな失敗の事例を紹介します。今回は、入居者とのトラブルをご紹介しましょう。

不動産投資で成功するための知識として役立ててください。(尾嵜豪・不動産コンサルティングマスター、ウィンドゲート代表取締役)

入居者とのトラブルはどんなものがある?

不動産投資をするうえで、入居者とのトラブルによって、思わぬ出費や滞納など購入前には想像をしていなかった問題が発生することがあります。

多く発生するのが、家賃滞納、契約時の入居者以外の居住、許可のないリフォーム、細かい修繕の請求、喫煙などで部屋を汚す、勝手に民泊営業をする、騒音問題で上下階・隣の部屋などともめる、などがあります。

入居者トラブル事例:勝手に民泊にしていた?

昨今、問題になっているのが民泊問題です。

マンションの一室を賃貸したら、通常の借主とばかり思っていたのに、勝手に宿泊客を泊めていたなどの問題です。

これは、契約違反であり、かつマンション管理規則にも違反するケースが多いです。契約書に民泊を違法に行った場合、即契約解除ぐらい強めの文言を入れておくとよいでしょう。

入居者トラブル事例:タバコ

あとはたばこの問題です。壁紙の劣化が相当進んでしまい、入居者が入れ替わるたびに部屋中の壁紙を交換しないといけません。

仮に2年更新ごとに壁紙交換で15万円などをかけないといけないとすれば、収支に大きな影響が出てしまいます。これも退去時の原状回復に、喫煙が認められた場合、入居者がすべて費用をもつといった但し書きを入れておくことが大切です。

入居者とのトラブルをどう回避すれば良いか?

まずは、入居者募集時の審査を慎重に進めることが大切でしょう。

どうしても空室を早く解決したいと考えると、審査を甘めにしてしまいがちですが、しっかりと入居者を見極めることが肝心です。

入居者の内容があまり良くなくても、連帯保証人がしっかりしていればと考えがちなのですが、生活が厳しい入居者は、入居後も貸主に対して注文を付けたり、隣人とトラブルを起こすケースが高くなる可能性があります。

また家賃滞納には保証会社をつける、隣人とのトラブルには貸主・管理会社は一切関与しないという特約条項を契約書に記載する、設備の修繕や退去時の確認については、細かい部分まで記載しておくなどの対策が重要です。

なお区分マンションの一室などであっても、管理規則のようなものを作成して渡しておくとよいでしょう。

契約書や重要事項説明書の中の大事な部分を抜き出し、それに隣人とのマナーなどを記載しておくのです。

そして、緊急時の管理会社・水道会社・電気会社・ガス会社などの一覧と合わせて記載しておきます。こういったソフトな部分の対策が、入居者とのトラブルを未然に防ぐ、最良の方法となってきます。

また入居後すぐは、入居者からいろいろなオーダーが来ますが、きちんと対応をしないと部屋の扱いが雑になり、その後の修繕費が高くなる傾向にあります。

これを回避するためには、きちんとした管理会社を間に入れて、丁寧かつ素早い対応をすることが大事です。

入居者との関係性を大事にしよう

不動産投資というと、利回りや収支計算にばかり目が行ってしまいますが、入居者との関係を大事にすることで、収支を安定させるという側面もあります。

株や証券にはない泥臭い部分を大事にすることが、不動産投資の成功につながります。

よりよい投資ライフのために。

【不動産投資に失敗しないための基礎知識】

【不動産投資の失敗事例】外観だけで決めた物件はシロアリだらけだった……
【不動産投資の失敗事例】期待していた家賃が入ってこない! 
40代から始める不動産投資【事例編 1】老後資金の確保は貯蓄ではなく不動産で 
【意外と知られていない不動産投資のリスク】賃借人 
アパート経営でまさかの大失敗「上場企業の欠陥物件」だった最悪なケースとは? 

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

皆様からのコメント