• 資産運用
  • 2018/8/13

グロース投資で資産を数百倍にしたい方のためのスクリーニング術とオススメ銘柄7選

株式投資家にとって、「グロース投資」はとても気になる存在です。

 

なぜなら、グロース投資は大きなリターンが期待できる投資方法であり、過去にもグロース投資で大きな利益を手にした投資家がたくさんいるからです。

 

「テンバガー」と呼ばれる大化け銘柄で多大な利益を得ている人が、その投資に成功できたのはグロース投資がうまく機能したからです

 

大化けと大儲けを狙うのであれば、やはりグロース投資が最も近道であるとお考えの方は多いことでしょう。

 

しかし、グロース投資という名前は知っていてもどんな投資なのかよく分からない、仮に理屈は分かっていたとしても具体的な投資行動に反映する方法が分からないという方もおられると思います。

 

投資家のためのメディア「不動産投資の教科書」では、このグロース投資について、

 

  • 素朴な疑問から知っておくべき基本、
  • 銘柄を絞り込む(スクリーニング)方法、
  • 編集部オススメの銘柄、
  • 実際にグロース投資に取り組んでいる投資家の株ブログ

 

を順に解説、ご紹介していきたいと思います。

そこで、グロース投資で大儲けしたい!とお考えの方は、ここからの解説をどうぞしっかりとお読みください。

1、グロース投資がアツいのは本当か

大きく儲けたいならグロース投資と言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。「グロース投資がアツい」という説を検証してみましょう。

(1)グロース株の成長力

グロース投資の威力を知るには、百聞は一見に如かず。まずは、以下のチャートをご覧ください。

出典:https://minkabu.jp/stock/2928/chart

こちらは、「結果にコミットする」というキャッチコピーでおなじみのRIZAPグループの株価チャートです。2009年の頃までは数円という株価で低迷していたものが、20146月頃から上昇をはじめ最高値は2,949円をつけました。上昇前の株価が5円だった時と比較すると、なんと600倍以上もの大化けです。

同社の株価が数円に甘んじていた時に、将来の成長を見越して株を買っていた人は資産を600倍以上にすることができたわけです。

相場に「たられば」は禁物ですが、もし10万円分買っていた人がいたとしたら、その人は6,000万円以上の資産を手にしたことになります。

これこそ、グロース投資の成功パターンです。将来の成長(=グロース)を見抜いてまだ安い株を仕込み、成長とともに資産を増やすのがグロース投資の神髄です。

(2)大化け銘柄はグロース投資から生まれる

先ほどのRIZAPグループ株では600倍増というすさまじい株価上昇が起きたわけですが、グロース投資の世界ではこうしたことが珍しくありません。「2009年の時点でRIZAPグループ株を買った人」というのは、決して大昔の話ではなく少し前の話です。

つまり、現在低位株として株価が低い銘柄であっても、将来の成長力を秘めているものが必ずあるはずです。それを見つけ出して投資をするのが、グロース投資です。

この記事をお読みになった上で選んだ銘柄が、もしかすると10年後には数百倍の価値を持っているかも知れないのです。

(3)グロース投資はギャンブルか?

資産が10倍、100倍といった規模で増えるのは、少々ギャンブル的です。良好な成績で株式投資をしている人であっても利回りが数十%という世界ですから、「グロース投資はギャンブル」という考えを持っている人もいます。

しかし、グロース投資とギャンブルとでは決定的に異なる点があります。それは、「戦略」と「運」の比率です。ギャンブルは運の比率が圧倒的に高く、ほぼ運任せであるのに対し、グロース投資はほぼ戦略で占められているところに若干の運が影響を及ぼすという比率です。

ギャンブルで手持ちのお金を数十倍、数百倍にしようと思うと強運が必要ですが、グロース投資は正しい知識とスクリーニングの方法を知ることで、誰でもその可能性に投資することができるのです。

2、グロース投資の基本的な考え方

グロース投資とは、どういう投資なのか?その基本的な考え方や、よく比較されるバリュー投資との違いについても解説します。

(1)グロース投資とは何か

グロース投資の「グロース」とは、英語のGrowth(成長)という言葉から来たものです。成長株を成長する前に見つけ出して買い、その株が大きく成長することによって資産を増やす投資手法です。

株の世界では10倍以上の値上がりをする銘柄のことを「テンバガー」といいます。テンバガー並みの株価上昇が見込めるような銘柄を安いうちに見つけ出して、値上がりとともに資産を増やしていくというのは、株式投資の醍醐味だと思います。

(2)グロース投資とバリュー投資の違い

グロース投資とよく並び称されるのが、バリュー投資です。この両者は株価が安いものを物色するという意味では同じなのですが、「何に対して安いのか」という価値観の違いがあります。

グロース投資は将来の成長を見越して、そのポテンシャルと比べると現在の株価は安いと判断した銘柄を買います。それに対してバリュー投資は現在の適正株価を考えてみて、それに対して安いと思ったら買う投資手法です。

現在の株価を将来と現在、どちらの時点の企業価値と比較するかがグロース投資とバリュー投資の違いです。

(3)成長株と割安株の違い

前項でグロース投資とバリュー投資の違いを解説しました。それぞれの投資手法で物色するのが、成長株と割安株です。

成長株とは将来の成長が期待できる株のことで、割安株は現在の実力から見て割安だと感じる株のことです。グロース投資とバリュー投資のそれぞれどちらを物色するのかは、説明不要ですね。

成長株を物色するのがグロース投資で、割安株を物色するのがバリュー投資です。

(4)成長株を見つけるならグロース投資

成長株を見つけたいというのは、すべての株式投資家に共通する願いです。そのためにさまざまなノウハウがあるわけですが、グロース投資はそんな投資家の願いをそのまま形にしたような投資手法だと思います。

10倍以上の値上がりをする成長株のことをテンバガーと呼ぶと、前項で述べました。

テンバガーの見つけ方はグロース投資のノウハウと似た部分が多いので、テンバガー探しのノウハウについて「投資家の夢、テンバガーを見極めるための「たった7つの法則」」の記事もお読みいただくと、より理解が深まると思います。

(5)グロース投資は儲かりにくいという説について

ところで、株式市場には、グロース投資は儲からない、もしくは儲かりにくいという意見があります。その根拠について解説すると、こうなります。

グロース株というのは、「振り返ってみれば大化けした銘柄」のことです。その銘柄の株価が上昇を始めた時、おそらく多くの投資家はわずかな利幅で利益確定をしてしまうことでしょう。なぜなら、その銘柄がその後大化けしていくという保証は、その時点ではないからです。

最初から「この株は絶対に大化けする」という強い信念をもって長期保有できるだけの計画と精神力があれば良いのですが、それがあれば苦労はないという方がほとんどでしょう。

つまり、グロース投資は振り返ってみれば大儲けできていたと思える投資ですが、リアルタイムで自分がグロース株を保有していることを認識しづらいため、大儲けは難しい、というわけです。

この指摘は確かにもっともな部分もあるので、グロース投資をする際には株価がいくらになったら売るのかといった出口戦略も描いておくべきでしょう。

3、グロース投資で成功するための銘柄選び術

自分も成長株を見つけてグロース投資をやってみたいとお考えの方に、「不動産投資の教科書」編集部が銘柄選び術をお届けしたいと思います。

(1)グロース株を見つけるための基本

グロース株(成長株)とは、将来の成長が見込まれるもののまだそれが株価に反映していない銘柄のことです。

そこで注目したいのが「稼ぐ力」「成長余地」「成長力」です。すでにそれが発揮され、株価に反映している場合は優良銘柄ではあると思いますがグロース株とは言えず、株価にまだ反映していないという出遅れ感も重要です。

(2)必ず見るべき指標

「不動産投資の教科書」編集部が考える、グロース株を見つけるための注目指標は以下の通りです。

  • ROE(資本に対してどれだけ効率よく稼いでいるか)
  • 時価総額(成長余地を考えると低めがいい)
  • 直近の売上伸び率(成長がそのまま数値に現れる)

次項のスクリーニングではPERPBRも考慮しますが、PERPBRはあくまでも割安感を知るための指標です。グロース株は割安であることが重要なのではなく、将来の成長力と出遅れ感のほうが重要です。

そこで注目しているのが、ROEや時価総額です。高い収益性を持っている一方で時価総額がまだ少ないというのは、成長余地を感じさせます。

そして本業の成長力がどれだけあるかを知るために、売り上げの伸び率にも注目したいところです。

(3)編集部オススメのグロース株スクリーニング条件

それでは、編集部が作成したスクリーニング条件をご紹介しましょう。ここではSBI証券の口座保有者向けに提供されているスクリーニングツールを使用します。

  • 投資金額:50万円以内
  • PER:20倍以上
  • PBR:2倍以上
  • ROE:10%以上
  • 時価総額:750億円未満(成長余地)
  • 今期経常利益変化率:プラス10%以上(直近の成長力)
  • 過去3年売上高変化率:15%以上(継続的な成長力)
  • 自己資本比率:70%以上(経営基盤の強さ)

これらの条件を入力すると、以下のようになりました。

 

それでは、この条件でスクリーニングをしてみましょう。

結果は、以下のようになりました。

 

2018727日時点での結果は、22銘柄です。この内訳を見ていると、ご存知の銘柄がチラホラあるとお感じの方は多いのではないでしょうか。しかも、グロース株として注目されている銘柄、それ以外にも時代の波に乗っているような銘柄も見受けられます。

この結果はかなり現実に即したものだと言えるので、この条件でスクリーニングをやってみてください。

4、編集部厳選!グロース投資向きの成長期待株7選

前章の結果も踏まえつつ、「不動産投資の教科書」編集部がオススメするグロース株候補を7つご紹介します。

(1)RPAホールディングス(6572

オフィスワークの自動化技術として注目を集めるRPA

同社はその先陣を走る企業で、ロボット銘柄やRPA銘柄としても高い知名度を誇ります。上場当初の注目度があまりにも高かったために株価が独り歩きしていた感が拭えず、下落した今はグロース株としての期待十分です。

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/

(2)スタートトゥデイ(3092

本業である「ZOZOタウン」の運営だけでなく、社長である前澤氏の言動でも注目を集めるベンチャー企業です。キャッシュリッチ企業としての強みをいかして多方向への展開を模索しており、成長余地はまだまだあります。

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/

(3)歯愛メディカル (3540

歯科医院検索サイトを運営するIT企業です。上場直後にダブルトップを完成させ、下落トレンドに転換をした後で反騰。割安感も出てきており、グロース株としての魅力も併せ持ちます。

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/

(4)じげん (3679

求人、中古車、不動産などさまざまな分野でのポータルサイトを運営している企業です。1,200円超えの高値をつけたあとで反落、再び上昇トライという展開を見せています。前回高値を上方ブレイクするようだと大化けの期待が高まります。

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/

(5)イー・ギャランティ (8771

信用リスク保証受託業の大手です。配当性向が高いことも魅力的で、長期保有にも適しています。すでにグロース株としての成長を見せていますが、ニーズの拡大でさらなる上昇余地があります。

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/

(6)サンバイオ (4592

アルツハイマー型認知症やパーキンソン病など、治療法が確立していない難病の再生細胞薬を開発する医薬ベンチャー企業です。現在は開発途上にありますが、この開発に成功するとテンバガー級の大化けは確実です。

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/

 (7)PKSHA Technology (3993

ソフト開発会社として大手クライアントを多数持っていることが強みです。それゆえに経営基盤が安定しており、IPO当時の株価を維持している実力派です。

出典:https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/

5、グロース投資に取り組む株ブログ3選

最後に、グロース投資に取り組んでいる株ブロガーが運営しているブログを3つご紹介します。グロース投資の何たるかといった概念や、日々の投資記録を見ることができます。

(1)成長株投資で150万円から億を目指す

グロース株に的を絞り、集中投資することで150万円という現実味のある資金を「億」にすることを目指して奮闘中です。

  • 成長株投資で150万円から億を目指す

出典:http://blog.livedoor.jp/okufp/

(2)放浪投資家の株企業分析ブログ

このブログの特徴は、企業分析における圧倒的な情報量と質の高さです。独自の目線で銘柄をピックアップしているので、その中に成長余地抜群のグロース株が含まれている可能性大です。

  • 放浪投資家の株企業分析ブログ

出典:https://houro-toushika.xyz/

(3)禁断の果実

グロース株への積極投資を続けるブロガーによる、売買日記です。自身のポートフォリオを完全公開しているので、それを見ているだけでもグロース投資の参考になります。

  • 禁断の果実

出典:http://billion-road.com/

まとめ

大化けするグロース株(成長株)をうまく見つけることができれば資産を数十倍、数百倍にすることもできるグロース投資。その魅力と具体的な始め方について解説してきましたが、いかがでしたか?

この記事では7つの銘柄をご紹介しましたが、株価は水物です。他の投資家から注目を集めることによって高値になってしまうこともありますが、ここで解説したスクリーニングの方法を知っていれば、次なるグロース株を見つけることもできます。

このスクリーニング術を、グロース投資の成功に役立てていただければと思います。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

今だけ限定公開中!初心者が知っておくべき不動産投資の全知識(無料ダウンロード)

こちらは、不動産投資初心者のあなたのための教科書です。
不動産投資はとても高額な投資です。間違った知識で行えば、あなたの資産はすぐに消え失せてしまうでしょう。 そこで、私たちが普段お客様と直接やりとりする中で、必ず押さえておくべきだと痛感している内容を一冊にまとめました。

  • 基礎知識が身につくので、安心して不動産投資を始められます
  • 信頼できる不動産投資会社を見極められるようになります
  • 自分に一番合った物件を探せるようになります
  • 不動産投資をサラリーマン業と両立させるコツが分かります

この資料をダウンロードすることで、リスクを出来る限り防ぎ、効率良く投資ができるようになります。 投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。 初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方は、ぜひダウンロードしてお読みください。

皆様からのコメント