• 資産運用
  • 2018/11/22

アクティビストファンド投資をお考えの方が知っておくべき全情報とオススメファンド3選

資産運用先として「アクティビストファンド」に関心をお持ちですか?

アクティビストとは「提案、発言をする人」という意味ですが、株式市場ではアクティビストのことを「モノ言う株主」と解釈されています。

モノを言う以上、アクティビストファンドには企業価値を高めて株価を高くするための戦略や考えがあります。それが成功すると株価が上昇して株主還元も手厚くなり、アクティビストファンドに預けている投資家の資産を大きく増やすことができるため、投資家の間でも注目が集まりやすい存在です。

  • アクティビストファンドとはどんなファンドなのか?
  • アクティビストファンドにお金を預けると儲かるのか?
  • アクティビストファンドのリスクとは?

アクティビストファンドへの投資をお考えの方の頭の中にあるのは、おおむねこういった疑問点ではないでしょうか。

そこで月間20万人の方々が訪れるお金のメディア「不動産投資の教科書」として、若干謎めいた存在であるアクティビストファンドに光を当て、投資家の方々にとって必要な全情報をお届けしたいと思います



1、資産を安全かつ大きく増やしたい方へ

資産を大きく増やしたいが、安全性もしっかり確保したい。これはすべての投資家に共通する願いです。本来矛盾する願いですが、アクティビストファンドならそれを両立できるかも知れません。

(1)高いリターンは高いリスクと背中合わせ?

リスクとリターンは常に表裏一体のものであり、高いリターンを狙うのであればハイリスクになることは避けられない・・・というのが投資の世界の常識です。それゆえにローリスク商品からハイリスク商品までさまざまな選択肢があります。

高いリターンは欲しいがハイリスクは避けたいという相反する願いは投資家に共通するものですが、それを実現できる可能性を持っているのがアクティビストファンドです。

なぜアクティビストファンドなら高いリターンとローリスクという夢のような両立が可能になるのでしょうか?その理由を順次解説していきます。

(2)意外にも?低リスクで堅実なヘッジファンド

ヘッジファンドという言葉をご存知の方は多いと思います。日本でのイメージというと「ハゲタカファンド」という言葉に象徴されるように、利益を上げるためなら他人の犠牲も厭わない存在という感じではないでしょうか。

確かにその一面もあるかも知れませんが、本来ヘッジファンドとは市場がどんな状況になっている時であっても利益を追求する存在です。投資信託であれば株価の下落によって同時に価値が下落しますが、ヘッジファンドは空売りなどあらゆる投資戦術を駆使して絶対利益を追求します。

ヘッジファンドに関する詳しい解説は「どんな局面でも利益を上げ続けるヘッジファンド、その基本から具体的な投資方法まで」に譲りますが、ここでは「どんな状況であっても投資家の利益を追求するのがヘッジファンド」だと理解しておいてください。

この記事でご紹介するアクティビストファンドも、そんなヘッジファンドと同じ目的を持っています。

ヘッジファンドにしても、それと同じ方向性を持っているアクティビストファンドにしても、投資家にとっては意外にリスクが低く堅実な投資対象であることを、まずは押さえておいてください。

(3)企業とともに企業価値を高めるのがアクティビストファンド

ヘッジファンドと同じ目的を持っているアクティビストファンドですが、最大の特徴は市場の原理だけでなく企業そのものに発言、提案をすることで企業価値の向上を目指すところにあります。

「株価が上がりそうだから買う」のではなく、「株を買って株価が上がるように努力する」のがアクティビストファンドです。その性質上、アクティビストファンドが得意としているのは低位株を成長させるバリュー投資です。

一般投資家がバリュー投資をするとなると成長株を見つけるのにひと苦労ですし、仮に買ったところで企業に何かを働きかけて企業価値を高めるためにできることは限られています。

アクティビストファンドは投資家から集めた潤沢な資金とプロの技術によってそれを行うため、多くの低位株がアクティビストファンドの活動によって値上がりをして、投資家に利益をもたらしています。

そんな魅力的なアクティビストファンドに投資をしたいと思われた方は、この記事を順次読み進めてください。

2、アクティビストファンドの基礎知識

アクティビストファンドへの投資を検討するのにあたって、この段階で知っておくべきアクティビストファンドの基礎知識を網羅しておきましょう。

(1)アクティビストファンドとは?

アクティビストとは「モノ言う株主」のことである、と冒頭で述べました。アクティビストファンドはモノ言う株主が率いているファンドのことで、投資家から集めた資金を使って株を買い、大口株主となった企業に対してさまざまな発言や提案をすることで企業価値の向上を図ります。

ここで重要なのは、企業価値を高めるだけではアクティビストファンドの目的を果たしたことにはなっていない点です。企業価値が高まった結果として株価が高くなり、そして配当などの形で株主還元がなされることが最終的な目的です。企業価値を高めるための努力をした上で、しっかりとその見返りも求めているというわけです。

モノ言う株主という言葉に日本では少々マイナスイメージがあるのは、アクティビストファンドが企業に対して敵対的な投資や発言をすることもあったため、日本の伝統的な経営と相容れない部分があったからです。

かつて「村上ファンド」が活躍していた頃には、良いイメージを持っていなかった人が大半でした。しかしこの「村上ファンド」こそ日本でのアクティビストファンドの草分け的存在であり、投資家の絶対的利益を追求するスタイルを貫いていたことも事実です。

(2)アクティビストファンドと他のファンドの違い

ファンドという言葉には基金という意味があります。投資の世界では投資家から集めたお金を使って投資を行い、そこから得た利益を投資家に還元する仕組みのこととして理解されています。

アクティビストファンドもその仕組みに属するものですが、他のファンドと違うのは低位株に狙いを定めて株を買い、自らも発言や提案を行うことで企業価値を高めることに特化している点です。言わば参加型のバリュー投資というスタイルです。

前項では「村上ファンド」の例をご紹介しましたが、世界に目を向けると伝説的な投資家であるウォーレン・バフェットも典型的なアクティビストです。

(3)アクティビストファンド投資のメリット

アクティビストファンド投資のメリットは、何と言ってもプロの分析や活動によるバリュー投資に参加できることです。低位株の中から自分で大化けする銘柄を見つけることができればアクティビストファンドの必要性もないと思いますが、一般投資家にとってそれは実に難しいことです。

アクティビストファンドであれば低位株を自分たちの活動で大化けさせてくれる可能性があるので、投資家にとってはとても頼もしい存在です。

(4)アクティビストファンド投資のデメリット

手堅い投資である上に大化けの期待も持てるアクティビストファンド投資ですが、その一方でデメリットもあります。

多くの一般投資家にとって最大のハードルは、最低投資金額です。多くのヘッジファンドが億単位の投資しか受け付けていないのと同様に、アクティビストファンド投資にもまとまった資金が必要です。

さらに、投資信託のようにいつでもやめられるという代物ではありません。アクティビストの方針に従う必要があるので、流動性は低くなります。

事実上まとまった余剰資金がある人にしか、門戸が開かれていないと考えるべきでしょう。しかし、少なくとも数千万円程度またはそれ以上の余剰資金がある方にとってはかなり魅力的な投資対象となります。

(5)アクティビストファンドが考えていること

現在高い運用成績を上げ続けているアクティビストファンドとして、「不動産投資の教科書」はM&Sという投資会社に注目しています。このM&Sの代表を務める内藤さんの考えが、アクティビストファンドの考えていることを象徴していると思います。

詳しくは「村上ファンドの再来といわれるアクティビスト型投資会社「M&S」とは」に対談記事がありますのでそちらをお読みいただくと理解が深まると思いますが、ここで注目したいのは以下の5点です。

  • 日本の上場企業は3分の1くらいが非上場でもいいと思う
  • 企業価値向上に何もやっていない企業が実に多い
  • 当然、株主への還元も優先順位がとても低い
  • 自社の株価に関心を持ち株主還元をもっと考えるべき
  • アクティビストファンドはそんな現状を変える役割を担っている

これはおそらく多くのアクティビストが考えることと共通していると思います。日本の企業はまだまだ自社が上場している株について、そしてその株を持っている人に対する意識が低いということですね。

逆に考えるとそこにプロのアクティビストが活動することで、多くの株が大化けする余地を残しているとも言えます。

3、「不動産投資の教科書」がオススメするアクティビスト型投資会社「M&S」

前章で少し触れたM&Sは、「不動産投資の教科書」がオススメするアクティビスト型投資会社です。M&Sとはどんな投資会社なのか?投資をお考えの方はぜひ参考にしてください。

(1)M&Sは村上ファンドの再来?

M&Sが村上ファンドの再来だと言われるのは、その運用成績の高さゆえです。2016年には45.26%2017年には27.06%というそれぞれ大幅なプラス収支をマークしており、この成績はかつての村上ファンドを彷彿とさせます。

個人投資家が自力でバリュー投資をやったとしても、これだけの成績を安定して残すとなるとかなりの努力と運が必要になると思います。

(2)驚異のパフォーマンスと、その理由

なぜこれだけ驚異的な運用成績を残すことができるのかという理由について、M&Sの内藤代表は「徹底した企業精査」だと語っています。企業が持つ優位性や将来性、資産などはもちろんですが、それに加えてアクティビストらしく対象企業の代表やIR担当者などともコミュニケーションを取り、そこから成長戦略を描くのがM&Sのスタイルです。

ここで重要なのは敵対的な投資ではなく、対話を重視している点です。このあたりは日本の企業にバリュー投資をするのにあたって重要なポイントではないかと思います。

(3)M&Sが目指す企業と株主の関係

内藤代表は日本の上場企業に対してまだまだ成長しきれていない部分があると語っていますが、その状況を作った原因は株主側にもあると指摘しています。保有している銘柄の企業に対してあまり関心を持たず、「値上がりすれば売ればいい」という感覚の株主が多いために、企業側も株主に対する関心が薄くなってしまうのでしょう。

アクティビストはその中でモノ言う株主として目立つ存在ですが、多くの株主が発言や提案をすることで民主的な企業経営が行われるのが本来の姿であり、それが企業価値向上につながっていくのではないでしょうか。

M&Sはこうした状況を打破する起爆剤になり、日本の市場を良くしていきたいという目的を持っています。投資家の方々にとっても、それが利益となるはずです。

(4)M&Sに投資をする方法

M&Sへの投資は、同社への問い合わせから始まります。以下の公式サイトに問い合わせフォームがありますので、そちらに必要事項を記入の上、資料請求をしてください。

https://ms-llc.net/

4、まだまだある、オススメのアクティビストファンド

先ほどはオススメのアクティビストファンドとしてM&Sをご紹介しましたが、その他にも日本国内で投資できるアクティビストファンドがあります。ここでは主要な2つのファンドをご紹介します。

(1)タイヨウ・パシフィック・パートナーズ

投資先企業との友好的な関係を重視し、企業価値を高めるというスタイルでは草分け的な存在です。時には耳の痛い話でも伝えてくれる「厳しい友人」がコンセプトです。

http://www.taiyofunds.com/

(2)ストラテジックキャピタル

かつて一世を風靡した村上ファンドで中心メンバーとして関わってきた丸木強氏が率いるアクティビストファンドです。

http://stracap.jp/

まとめ

この記事を読み始めた時は、アクティビストファンドって何?言葉は聞いたことあるけれど・・・という方が大半だったと思います。しかし今、記事を読み終えての感想はいかがでしょうか?

そんな魅力的なファンドなのであればぜひ投資してみたいと思った方は、ぜひ検討してみてください。もちろん投資の世界なので成功率100%ではありませんが、安全性を高めながら大きなリターンを目指す投資の世界に足を踏み入れる大きな第一歩となるでしょう。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

<無料ダウンロード>
初心者が知るべき知識がこの一冊で全て分かる!
「不動産投資のバイブル」
Amazonギフト券500円もプレゼント!

不動産投資の教科書では、
不動産投資初心者に
必要な知識を網羅した冊子

「不動産投資のバイブル」

を制作しました。

この冊子を読めば、

  • 不動産投資はどんな種類があるのか(第2章)
  • 不動産投資のメリット・デメリットは?(第5章)
  • 利益を得られる物件選びの方法(第9章)
  • 信頼できる不動産会社の見分け方(第10章)
  • 不動投資で失敗しない知識(第12章)

など、不動産投資で知るべきことが分かります。
そして、自分に合った投資スタイル
リスク回避の方法を学ぶことができます。

不動産投資を考えている人にこそ読んでもらいたい一冊です。
初心者だけなく、中級者の人にも役に立ちます。
ぜひ、ご活用ください!

皆様からのコメント