• 不動産投資
  • 2019/7/29

タワーマンションの未来を襲う深刻な「建て替えられない問題」とは

タワーマンションの未来を襲う深刻な「建て替えられない問題」とは

最近は高齢化が問題視されていますが、不動産の世界でも高齢化が問題視されており、その代表的なものがマンションです。

マンションが高齢化してきて、修繕や建て替えをする場合には、個人の土地や建物の場合とは比較にならないほど面倒な問題が生じる可能性があります。

今回はマンションの寿命や建て替え問題について考えて行きましょう。(田井能久・不動産鑑定士、ロングステイアドバイザー、タイ・バリュエーション・サービシーズ代表取締役)

・マンションの寿命はどのくらい?

物理的な区分所有建物は1950年代に日本でもできたようですが、1962年に「建物の区分所有等に関する法律」が制定されることで、法的根拠を得て資産価値が安定し、売買が活性に行われるようになりました。

制度の改正に行い建築技術とコンクリートの性能が向上したことで100年間耐久性があることをうたう物件も出てきましたが、日本では築100年のRCの建築物はまだ存在しないので、本当に100年もつのかは検証されていません。

区分所有に関する法律が出来た後から60年の間、マンションに住む人たちのライフスタイルはかなり変わっているので、建てた当初から価値を維持し続けるマンションはもはや存在しないとも言えるでしょう。

そのため物理的には100年もつ可能性があったとしても、住居としての機能としてはその半分の50~60年ぐらいではないかと考えられます。

・マンションの寿命以外での建て替え理由

マンションを建て替えをせざるを得ない理由として、電気やガス、水道のライフラインの劣化が著しく建物の構造上にも影響を与えていたり、耐震性が劣って安全性が確保できないためというのが一般的でしょう。

国土交通省の資料によると、築40年超のマンションは約81.4万戸で全ストック数の約1割ですが今後は劇的な増加が予想されています。

一方マンションの建て替えは平成31年4月現在で実施準備中も含め278棟と、ケタ違いに少ないのが現実です。

建て替えなければいけない理由はどんどん増えてくるのに、建て替えられない理由も多いのが日本の老朽化マンションの実情とも言えるでしょう。

・中古マンションが建て替えられないわけ

マンションの建て替えが進まない一番大きな理由はその合意形成の難しさにあります。

建て替えの合意決議には区分所有者及び議決権の5分の4以上の同意が必要です。

購入当初は同じような家族構成でも30?40年経てばそれぞれのライフスタイルも異なり、集会に出ることさえも難しくなる場合もあります。

さらに建て替えに負担する費用は最低でも1戸当たり1,000万円は必要だと思われるので、その負担をどう捉えるかも個人差が大きいといえるでしょう。

加えて近年問題になっているのは住民そのものの高齢化です。

人間は高齢化することで環境の変化を嫌がる傾向にあるので、ただでさえ大変な管理組合の成り手も少なくなり「総論賛成、各論反対」という感じで一向に物事が進展しない可能性もあります。

他にも様々な問題が指摘されていますが、これらの場合は解決方法が全く見つかっていないのが現状だといえます。

・建築中のタワマンが老朽化したら起こること

今回は老朽化したマンションの建て替え問題について考えましたが、この「建て替えられない理由」は現在、絶賛建築中の東京の湾岸に立地するタワーマンションにおいても本質的に変わりません。

もちろん新築のため設備の老朽化や耐震性の問題はないといえます。

しかしタワーマンションは一棟内にある戸数が1,000戸を超えるものもあり、また一棟に上層階と下層階の価格差が大きいため需要層が大きくことなります。

さらに投資を目的に外国人が購入しているとも聞きますので、人数も生活水準もそして国籍も違う人が混在し、今までのマンションとは比較にならないほど合意形成は難しいと思われます。

そのタワーマンションが老朽化する20XX年には、住民の合意以外の別の手法で建て替えができるような法改正がされていればいいのですが、それが先延ばしにされた場合の湾岸エリアの風景は想像するだけでも恐ろしいものがあります。

マンションの建て替え問題は所有者のみならず、社会全体でその解決方法を考える時期に来ているのかもしれません。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。