• 資産運用
  • 2018/5/14

2018年大化け候補5銘柄と低位株からお宝を発掘するスクリーニング術

低位株とは、株価が比較的安い銘柄のことです。しかし、同じ低位株であっても、

  • 株価が低迷しているので投資価値ナシ
  • 今は低迷しているが未来のお宝株かも

という2つの解釈ができると思います。

今をときめく大企業や有名企業も、かつては業績や知名度の低さゆえに低位株だった時期もあったはずです。ということは、今は低位株であっても将来は・・・?と思うこともできるわけです。

この記事では、低位株からお宝株が誕生する可能性を含めて、そのメリットデメリット、将来大化けするかも知れない銘柄を低位株から見つけ出す方法、さらには「不動産投資の教科書」が考える、将来のお宝株になる可能性を秘めた銘柄を公開してみたいと思います。

最後には低位株投資に役立つツールや参考になるブログなどもご紹介していますので、低位株投資をお考えの方は、ぜひ最後までお読みください! 



目次

1、低位株の中に眠るお宝銘柄を見つけると資産が10倍以上に!

低位株投資の魅力は、何と言っても上昇余地の大きさです。低位株の中からお宝銘柄を見つけることができれば、どの程度の資産増があるのでしょうか。 

(1)低位株から大化けした銘柄の実力

定位株から大化けをして「一流銘柄」の仲間入りをした企業は多々ありますが、その典型ともいえるのが、ユニクロで知られるファーストリテイリング(9983でしょう。

同社株のチャートを見ると、その大化けぶりを実感することができます。

出典:SBI証券(ファーストリテイリングのチャート) 

上場後しばらくは数百円で推移していた同社株は、ユニクロの好調とともに株価も上昇、2013年頃はさらに急上昇を何度か繰り返し、ついには6万円台を突破しました。仮に600円の時に同社株を買った人がそのまま持っていれば、なんと100倍です。

現在は4万円台で推移していますが、ここから同社の株価が同様に100倍にあたる400万円台になるというのは考えにくいので、やはり大化けでの資産増を狙うのであれば低位株のうち、ということになりそうです。

(2)テンバガーは低位株から生まれる

株価が10倍以上に成長する銘柄のことを、テンバガーといいます。バガーというのは「塁打」を意味する言葉なので、テンバガーは「10塁打」です。実際の野球でそんなことはありませんが、それくらいの猛攻撃を達成したという意味が込められています。

10倍クラスの成長を遂げようと思うと、もともとの株価が高ければ成長余地が少ないので困難です。テンバガーに分類される銘柄の多くは、やはり低位株から生まれています。低位株として株価が低迷した状態に、一発逆転ホームランのような材料が飛び出して急成長を遂げるというのがテンバガーのよくある上昇パターンです。

(3)低位株からの大化けは株式投資家の夢?

青田買いという言葉があります。まだ実っていない状態でコメの買い付けをするという意味ですが、低位株からのテンバガー探しはそれと似ています。まだ入門して間もない力士を応援して大横綱に出世していく姿を見守るのが相撲ファンの醍醐味だと言いますが、それにも似ています。

しかし、無名の力士を応援してその人が横綱になったとしても金銭的なメリットはありません。その一方で無名な低位株からテンバガーを探すのは、資産が10倍以上になるという金銭的なメリットがあります。

低位株からお宝銘柄を見つけ出し、その成長を資産増につなげるというのは、株式投資家の夢なのです。

2、低位株とは?低位株投資とは?

ここから低位株投資の解説をするにあたって、低位株とは何か、なぜ低位株は株価が安いのかといった基本を解説します。

(1)低位株の定義

低位株かそうでないかの判断は、株価がいくらなのかによって分かれます。一般的に低位株と呼ばれているのは、現状の株価が300円以下の銘柄です。さらに安くなって100円以下の株は、少々言葉が悪いですが「ボロ株」と呼ばれています。

ここでは、低位株投資にあたって、ターゲットとなるのはボロ株も含む株価300円以下の銘柄と定義したいと思います。

(2)有名企業にも意外に多い低位株

株価が300円以下の銘柄だけをスクリーニングしてみると、中には意外にも有名企業、大手企業が含まれていることに気づかされます。みずほ銀行(8411)やオリコ(8585)、飛島建設(1805)などは、いわゆる業績低迷不人気によって低位株に甘んじているとは考えにくく、発行済株式数が多いと企業価値が同じであっても1株あたりの単価は低くなるので、こうした大手企業であっても株価が低いという現象が起きます。

これでおわかりかと思いますが、低位株からお宝銘柄を探す際には、発行済株式数が多いことによって株価が低い銘柄については、対象外ということになります。

(3)低位株の株価が安い理由

低位株がなぜ低位株なのか、現状株価が上がらないのには以下のような理由が考えられます。

  • 成長性があるものの投資家に認知されていない(アナウンス不足?)
  • 配当が出ていない
  • 現段階での業績が芳しくない
  • 不祥事があった
  • 今後の業績に不安要素がある 

これらの理由を見ると、低位株に甘んじているのも不自然なことではありません。しかし逆に考えると、これらの理由の1つでも解消されると、低位株である理由がなくなります。つまり、お宝株に変身する可能性があるということです。

(4)低位株投資に求められるのは、見つけ出す力

今は低位株でも将来の有望株かも知れないというのは、株式市場では珍しいことではありません。株価とは投資家からの企業に対する評価点とも言えるので、今の株価はその程度の評価ということなのかも知れませんが、その評価が一変することは大いにあります。

そもそも株式投資とは、将来の有望株を見つけ出して企業の成長に伴って資産を増やすのが本筋です。低位株投資は、まさにそんな株式投資の本筋であり、スクリーニングや投資家の観察力、判断力が低位株投資の成功の鍵を握っているのです。

3、低位株投資のメリット

低位株投資には、実に多くのメリットがあります。そのメリットを4のポイントにまとめました。

(1)少額の資金で始められる

低位株というだけあって株価が安いので、最低投資金額もかなり安くなります。例えば株価200円の株で最低売買単位が100株だとすると、必要な投資金はわずか2万円です。

少額で投資できるということは、より多くの投資家に投資機会がもたらされるということです。また、投資家にとっても金額が少なければ、「最悪、全額なくなってしまっても許容できる」と思えるのであれば、より大胆な戦略を取ることができるようになります。

(2)同じ資金額でもたくさん買える

株価が安いということは、同じ投資金を用意したとしてもたくさん買うことができるということです。たくさん買えるということは、その低位株が大化けして低位株ではなくなった時に、得られる値上がり益も大きくなります。

このメリットをいかして低位株投資をしている株式投資家は意外に多く、もともと低位株ということで値が動きやすいことに目をつけて、短期売買を繰り返す手法もあります。 

(3)安く仕込んで大化けの可能性がある

株価が安い(つまりまだ成長していない)時に買い、企業の成長に伴って株価が上昇することで資産を増やしていくのは、株式投資の本筋です。企業の存在理由は、利益の追求です。企業とは利益を上げて人とカネを集め、成長していく意思を持った生き物のようなものです。どんな低位株であってもその意思を持っていることに変わりはなく、その中には努力が奏功して大化けする銘柄が出てくるのは、何ら不思議なことではありません。

日本の株式市場では毎年1020程度のテンバガー(10倍銘柄)が誕生していますので、低位株が大化けする可能性は常にあるのです。 

(4)夢がある

ダイヤの原石を見つけ出し、今はまだ、ただの石ころにしか見えないかも知れませんが、それがやがて輝きを増して財宝のようになるというのは、株式投資家にとって夢に近い魅力だと思います。

わずかな値動きで利ザヤを稼ぐ短期売買に注目が集まりがちな昨今の株式市場ではありますが、このように低位株が大化けして大きな資産増を達成するという夢を描くのは投資の楽しみでもあります。

夢があるというのは主観的なメリットですが、実は多くの投資家が感じている低位株投資のメリットだと思います。

4、低位株投資のデメリット

とても夢があって魅力も多い低位株ですが、もちろんデメリットもあります。そもそも、なぜその銘柄が低位株なのかという点に深く関わるものなので、こちらも必ず押さえておいてください。

(1)そもそも低位株なので、特に材料がなければ低位株のまま

その銘柄が低位株であることには、必ず理由があります。その理由はどれも投資家にそっぽを向かれてしまうようなものばかりなので、その理由が解消されるような材料がなければ、いつまでも低位株のままです。

そのままだと低位株を狙う短期売買の餌食になってしまい、原因不明な株価乱高下に振り回される可能性もあります。 

(2)配当が少ない、もしくは無い

低位株に甘んじているということは、業績も今ひとつという企業が多いので、配当が少ない、もしくは無いということが多いでしょう。つまり、株価が上がらず持ち続けていても配当収入をあまり期待できないということです。

(3)最悪は経営破綻や上場廃止のリスクも

低位株が持つ最大のリスクが、その株が紙切れ同然になってしまうことです。低位株は株価300円以下、500円以下といった銘柄のことを指しますが、それよりもさらに株価の低い100円以下の銘柄は「ボロ株」と呼ばれることもあるほど、投資メリットが低いカテゴリーに属します。

こうした銘柄には経営破綻や上場廃止といったリスクが常に付きまとうため、長期的視野で成長を見守るというスタンスで買う場合は、注意が必要です。

一向に株価が上がらず、逆に下がり続けていることを確認できる場合は、早めの損切りをオススメします。 

5、低位株の中からお宝銘柄を見つける5つのスクリーニング条件

前章で低位株投資のデメリットを解説しました。このデメリットを知るにつれて、低位株を買う場合はしっかりと銘柄を選ばないとリスクが高くなることがおわかりいただけたと思います。

そこで、この章では低位株の中から「しっかりと銘柄を選ぶ」ためのスクリーニング条件を解説します。このスクリーニングを支援するツールを「7-(1)トレーダーズWEB 銘柄スクリーニング」でご紹介しています。

(1)株価が500円以下

前提条件として、株価が300円以下、または500円以下の銘柄が低位株と呼ばれています。先に定義した300円以下で絞り込んでも良いのですが、少しでも選択肢を広げるという意味で若干条件を緩めて500円以下としたいと思います。 

(2)PER10倍以下

PERとは株価収益率のことで、1株当たりどれくらいの利益が出ているかを示す指標です。PERは株価の割安感を計るために用いられているため、このPERが低いということは割安感がある(=低位株?)と判断できるわけです。

標準的なPER15倍前後であることを基準にすると、10倍程度の銘柄に割安感があると判断できます。 

(3)PBR1.0倍以下

PBRとは株価あたりの純資産です。1.0倍だと企業価値と株価が等価になるのでこれが基準となります。つまり、PBR1.0倍を下回っているということは企業価値に対して株価が低い(=割安感がある)と見ることができます。

低位株の中にPBR1.0倍以下の銘柄があるということは、少なくとも1.0倍に近づいていく力学が作用すると考えられるので、PBR1.0倍以下というスクリーニング条件も追加します。

(4)営業キャッシュフローがプラスである

営業キャッシュフローとは、簡単に言うとその企業が事業によってどれだけの儲けを出しているのかを示す数値です。当然ですが、低位株の中で儲けが出ていない企業の株を買おうと思う投資家はいません。低位株であっても営業キャッシュフローが黒字になっている企業であれば、その点に注目が集まって買われる可能性も出てきます。

また、儲けが出ているということは今後の事業への投資も可能になるわけで、その投資から大化けの可能性も出てくるというわけです。

(5)自己資本比率が20%以上

低位株投資のデメリット解説のところで、最大のリスクは経営破綻であると述べました。保有している低位株が紙切れになってしまうリスクは何としても避けたいので、経営破綻のリスクがどれくらいあるのかを考慮する必要があります。

その物差しとして使えるのが、自己資本比率です。経営に使われているお金のうち、返済義務のないお金がどの程度占めているのかを示すものなので、無借金経営であれば自己資本比率100%です。このように自己資本比率は高ければ高いほど良いのですが、低位株にそのような企業はほとんどありません。

そこでひとつの目安として20%としました。 

6、「不動産投資の教科書」が厳選、2018年版の大化け期待低位株5

前章のスクリーニングを含め、「不動産投資の教科書」が注目する大化け期待の低位株を5ピックアップしてご紹介します。いずれも低位株投資の魅力十分ですが、最終的な投資判断は必ずご自身で行ってください。

(1)西芝電機(6591

株価は100円台を中心に推移しており、時折200円突破という典型的な低位株の値動きを続けています。PERPBRともに条件を満たしており、100円台前半で買えれば200円台で売り抜けるトレードが機能しそうです。

 
出典:みんなの株式(西芝電機のチャート) 

(2)日本乾溜工業(1771

北九州に本社を置く企業で、福岡証券取引所にのみ上場している銘柄です。すでに低位株を「卒業」しそうな成長を続けている企業ですが、移動平均線の並走などチャート的に見てもまだ上場余地はありそうです。


出典:みんなの株式(日本乾溜工業のチャート)

(3)日本コークス工業(3315

2018年の初頭に30円近い下落があったものの、100円を下回ることなく踏みとどまった銘柄です。低位株ですが配当利回りは1.72%なので、保有する価値もある程度は見込めます。

 
出典:みんなの株式(日本コークスのチャート)

(4)筑波銀行(8338

銀行株は全体的に低位株が多いのですが、景況感の改善によって金融業全体に好材料が多くなっており、すでに上昇基調が始まっている銘柄です。ただし長らく低位株にカテゴライズされてきた銘柄だけに、500円を突破していけるかは微妙です。 


出典:みんなの株式(筑波銀行のチャート) 

(5)ルックHD8029

かつて大物仕手集団による仕手戦で有名になった銘柄です。その後も投機的な売買が続いており、ある意味で低位株投資の面白さは健在です。ただし長期的な視野で大化けを期待するというより、投機的な短期売買向きです。


出典:みんなの株式(ルックHDのチャート)

7、低位株、ボロ株投資に役立つツール&ブログ6

低位株投資に役立つスクリーニングツールや情報サイト、低位株投資で有名なブロガーによるブログなどをまとめました。 

(1)トレーダーズWEB 銘柄スクリーニング

多くの条件から銘柄のスクリーニング(絞り込み)ができるツールです。「5、低位株の中からお宝銘柄を見つける5つのスクリーニング条件」で示した条件についても、一部はこちらでスクリーニングをしました。

株価、PERPBRなどでの絞り込みに役立ちます。

トレーダーズWEB 銘柄スクリーニング

http://www.traders.co.jp/

(2)株ドラゴン 低位株 安い株一覧ランキング

毎日、リアルタイムで低位株情報が更新されています。株価が低い順にランキングされており、ここで上位に並んでいる銘柄はほとんどがボロ株です。 

株ドラゴン 低位株 安い株一覧ランキング

https://www.kabudragon.com/ranking/teii.html

(3)株価アルゴREAL 低位株・ボロ株 銘柄スクリーニング

毎日更新で、低位株が一覧表示されています。検索条件によって表示銘柄を絞り込むこともできるので「今日怪しい銘柄」が一目瞭然です。

株価アルゴREAL 低位株・ボロ株 銘柄スクリーニング

http://kabureal.net/lower/list/

(4)【日刊】怪しい低位株&ボロ株ランキング

低位株は株価変動の軽さやコストの安さゆえに、いわゆる仕手筋からも狙われやすい傾向があります。そうした仕手筋の動きを早めに察知することを目的としたサイトで、怪しい低位株情報が目白押しです。 

【日刊】怪しい低位株&ボロ株ランキング

http://kabu-sokuhou.com/teii_shite/ 

(5)ボロ株の超魔術(投資家ブログ)

毎日更新ですが、ものすごい情報量です。「明日騰がるボロ株予想」と題して具体的な銘柄が毎日発信されているので、低位株投資の銘柄選びにはかなり参考になると思います。 

ボロ株の超魔術

http://borokabu1.seesaa.net/ 

(6)かゆちの実践小型低位株トレード★★(投資家ブログ)

原則として株式市場が動いている日は毎日更新です。自身の保有銘柄を公開しながらトレード日記を綴っています。タイトルの通り狙っているのは低位株がほとんどなので、低位株投資のイメージをつかみたいという方にもオススメです。 

かゆちの実践小型低位株トレード★★

https://blogs.yahoo.co.jp/kayuti1111 

まとめ

少ない資金から始められて、大きな夢を見ることができる低位株投資。その魅力や銘柄の選び方、デメリットに至るまで解説をしてきました。いかがですか?「面白そうだからやってみよう」とお感じですか?

低位株投資の最大の魅力は「面白そうだから」という理由だけで始められる手軽さです。実際にやってみると気づくことも多いと思いますので、まずは数万円から何か銘柄を買ってみてはいかがでしょうか。

 

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

このような方に読んでいただくことをおすすめします。

  • ・初心者でもわかるような資産運用の全体像と基礎知識を知りたい
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方を知りたい
  • ・自分に合った資産運用の種類を見分けてしっかり選びたい
  • ・資産運用の不安を取り除き自信を持ってスタートしたい

無料E-BOOKお申し込みフォーム

皆様からのコメント