• ローン, 不動産投資
  • 2021/10/7

不動産投資でローンを返済できなくなる確率は?リスクを銀行データから検証しよう

不動産投資,リスク

不動産投資のリスクとして最も気になることの一つに、ローンを返済できなくなることがあげられるのではないでしょうか。

しかし銀行から見たローンの返済状況を見てみると、そのような心配があまり意味のないことだと分かります。

本記事では実際に銀行が出している数字を見ながらローン返済のリスクについて解説します。(田井能久・不動産鑑定士、ロングステイアドバイザー、タイ・バリュエーション・サービシーズ代表取締役)

不動産投資のリスクについて解説した記事はこちら↓

不動産投資「14のリスク」とは?失敗しない方法を徹底解説

 

不動産投資で成功するための最高の入門書
プレゼントキャンペーン中!

\税込¥1,628の書籍を/
無料プレゼント!!
  • Amazonベストセラー第1
  • 大手町・渋谷・池袋など
    都内主要書店で第1
不動産投資を成功させるためには何を
知っておくべきか?

不動産投資をはじめるにあたり、
絶対に知っておきたい知識から実践的な
内容までを広くカバーした書籍です。

  • 初心者に多い不動産投資7つの誤解
  • 優良物件の選び方の原則
  • 誰も教えてくれない!成功する買付・融資の方法

巻末付録には不動産投資の教科書編集部が厳選した
「良質な不動産投資会社」12社を掲載!ぜひお読みください!

メールアドレス
お名前
住所
お電話番号
個人情報取扱について 同意する
*お申し込みにはこちらのチェックが必要になります プライバシーポリシーを必ずご確認ください

・銀行から見た「ローンを返済できない」本当の確率とは

実際ローンを返済できなくなる確率というのは、不動産投資においてどのくらいあるものでしょうか?

千葉銀行の2018年中間決算説明会資料によると「アパートローンの延滞率は?」という質問に対し、以下のように答えています。

賃貸用不動産向け貸出全体の延滞率は0.02%、サラリーマン向けの3か月以上延滞債権はゼロである。色々な案件に取組んでいるが、全て一般貸出として審査・途上与信管理を行っており、信用リスクは制御されていると考えている。

出展:千葉銀行「2018年度中間決算説明会 主な質疑応答」

また群馬銀行は2018年11月21日に開催されたIR説明会中で、17年度のアパートローンのデフォルト率(要管理先以下になること)を、アパートローンは0.07%、賃貸不動産向け貸し出し(法人所有の居住用賃貸向けを含む)では0.22%であると発表しています。(参照P.5 アパートローンのデフォルト率等)

出展:群馬銀行「2019年9月期 中間決算説明会

そして不動産投資に関する融資で有名なオリックス銀行の2018年3月の決算資料を見ると、リスク管理債権残高は約0.3%であり、2016年3月期で0.31%、2017年3月期で0.28%と同程度の水準で推移しています。(参照P.6 リスク管理債権(不良債権)の状況)

これは貸出金残高に対する割合であり、その貸出金の総額(16,757億円)のうち住宅ローンが約8割(13,295億円)を占めているので、アパートローンの数字とは言えないのですが、最もリスクが高いと思われるカードローン等も含んでいる割には意外に低い印象ではないでしょうか。 (参照P.2 貸出金の状況)

出展:オリックス銀行「2018年3月期 決算説明資料」

ちなみに、昨年過剰な融資で問題になったスルガ銀行の2018年3月期の第3四半期の決算短信【日本基準】(連結)を参照してみると、シェアハウスに対するローンは2018年9月期では30.13%、2018年12月期では38.71%と他のローンに比べて突出した延滞率になっています。

しかし、その他のローンでは一棟収益ローンの延滞率の急増が気になるものの、住宅ローンは0.26%、ワンルームローンは0.66%でありました。(参照P.10 個人ローンの状況について)

出展:スルガ銀行「2019年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 」

・各銀行が出している「ローンを返済できなくなる目安」とは?

各銀行でローンを返済できなくなる目安として紹介しているものには、延滞率やデフォルト率、リスク管理債権残高率があります。

延滞率は3カ月以上の延滞債権をローン残高で割ったものだったり、デフォルト率は金融再生法に基づく開示債権のうち、不良債権の割合をいいます。

またリスク管理債権残高率は、銀行法上何らかの理由で返済されない貸出金債権の割合になります。

これらは「返済できなくなった」という定義がそれぞれ違うので一括りにできないものですが、銀行が不動産投資のために貸したお金が「回収できなくなる」状態まで陥ってしまうことは実は1%もないということが確認できるのではないでしょうか。

・もしローンを返済できなくなったらどうなる?

銀行はローンを返済できなくなった場合は、一括返済を求めるので、任売や競売によって残債を支払う必要があります。

任売や競売によって売れた金額でもさらにまだ残債が残る場合には、無担保となった債権を金融機関と話し合って新たな返済計画を立てて返していくこともありますし、金融機関が回収を諦めた場合にはサービサー(民間の債権管理回収専門業者)に債権が売却されることもあります。

このサービサーに売られた債権は額面通りの回収は期待できない無担保債権なので「ポンカス」などと呼ばれ、払ってもらえればラッキーといった感覚で、かなり安価で売買されるのです。

ちなみにローンを返済できないことから競売にかけられ、一括で返せないほど残債も残り、金融機関と話し合いもつかず、サービサーにも債権が売られず、残債の全額を従来の融資条件のままで支払い続けなければいけないという、かなり極めて悲惨な状態に陥る確率とは、実は想像よりもずっと低い確率と言えるのです。

・ローン返済をリスクに感じるならまず行動した方がよい?

もちろんこれらは適正な審査を行って、健全な融資をした場合を前提としていますが、不動産投資でローンが返せないと、投資家はもとより貸している金融機関が重大な被害を受けます。

そのために金融機関はお金を貸す前に慎重な審査をして融資をするわけで、投資家としてはローンを返せないよりも借りられないリスクの方が実は大きいと言えるのです。

ローンだけではなくリスクを懸念しすぎて何もしないと、時間だけが過ぎてしまいます。

安定した収入があるサラリーマンでローンを払える期間が長い(つまり若い)ということは、それだけで大きな価値を有している事も忘れないようにしましょう。

【抑えておきたい失敗しないための不動産投資の知識】
初心者が不動産投資に成功するために「不可欠なもの」とは?
不動産投資「12のリスク」と「払わなくても良い費用」とは?
5つのポイントで分かる! 失敗しない不動産投資会社の決め方
【不動産投資の失敗事例】外観だけで決めた物件はシロアリだらけだった……
【不動産投資セミナーの基礎知識】よいセミナー・悪いセミナーの見分け方

【不動産投資ローン借り換えならINVASE】
実際に借り換えをする際にオンライン型不動産投資ローン借り換えサービスの「INVASE(インベース・旧モゲチェック不動産投資」がオススメです。

・ポイント1
まずは無料Web診断を行うと借り換えメリットのご提案書を即時で確認可能

・ポイント2
借り換え可能か否か面倒な書類提出無しで可能

・ポイント3
2019年9月末まで本審査承認にてモゲチェックの特別金利1.575%で借り換え可能

上記の3つのポイントからも、是非とも特別金利の今だからこそINVASE(インベースでまずは無料診断からはじめてみるのはいかがでしょうか。

 

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。