• 資産運用
  • 2019/4/27

「1億円の投資家」だけができる「富裕層向け」資産運用とは?

1億円以上の資産をお持ちで、安全かつ有効な資産運用の方法をお探しですか?

1億円というのはひとつの大きな節目で、資産運用においてもそれ以下の資産規模とは違う景色が広がります。

一言で言い換えると、「1億円ある強みをいかして資産を守りながら増やし、次世代に引き継ぐ」ことが資産運用の大きな目的になります。

この記事では、その目的を達成するために押さえておきたい基本的な知識から、1億円投資家だからこそ利用できる富裕層向けの資産運用サービスについて詳しく解説していきましょう。

尚「不動産投資」を詳しく知りたい場合は以下の初心者向け不動産投資記事も合わせてご覧ください。

【超初心者向け不動産投資の基礎知識】

初心者にはなぜ「e-Book」ではなく「本」の方が良い?
区分マンション投資が初心者に向きの理由
「柿」「野田」は要注意?地名で「土地の安全性」を見分けるヒント
地方で注目すべき3つのエリアはここだ 
「新古物件」ってなに? 
建物の種類とリスクをおさらいしよう 
意外に多い「大家さんがやること」とは? 






tochu3

(1)「1億円投資家」だけが投資できるものとは?

それでは、「1億円投資家」にしかない特別な強みとはどんなものでしょうか。

その典型例が、ヘッジファンドです。ヘッジファンドという言葉をお聞きになったことがある方は多いと思いますが、その実体はあまり知られていません。

それもそのはず、ヘッジファンドは富裕層向けの資産運用サービスで、少なくとも数千万円クラス以上の顧客のみを対象としているため、一般にはなじみがないのです。

その理由は相場の下落局面で多くのファンドが損失を出している時でもヘッジファンドだけはしっかりと利益を確保しており、投資家の利益を守ることができるからです。

(2)富裕層向け資産運用「ヘッジファンド」の仕組み

ヘッジファンドとは、投資家がお金を運用のプロに預け、そこで得られた収益の分配を受ける仕組みのことです。

世界には多くのヘッジファンドがあり、主に富裕層向けに運用サービスを提供しています。

投資家から預かったお金をプロが運用するということでは投資信託と同じですが、ヘッジファンドの大きな特徴は金融資産の価格が下がっている時でも利益を狙っているところにあります(これをショート戦略といいます)。

投資信託は公募ファンドと言われ、誰でも簡単に購入することができますが、ヘッジファンドは私募ファンドといって誰にでも門戸が開かれているわけではありません。

ヘッジファンドには、「最低投資額が大きい」「すぐに現金化できない」といった、一般投資家にとってはデメリットとなる特徴があります。しかし、1億円という潤沢な資金がある人にとっては、これらがデメリットにはなりません。

富裕層にだけ門戸が開かれているだけあって利回りや投資技術の高さや手数料の安さなどメリットはとても大きく、1億円の資産運用であればヘッジファンドを利用するべきであると考えます。

相場がどんな局面にあっても絶対的利益を追求するのが、ヘッジファンドの特徴です。

・なぜ絶対的な利益が追求できるのか

その理由は、主に2つです。

①投資スタンスに制約がない

ヘッジファンドは私募ファンドなので、そのファンドに投資をした人が納得していれば基本的に何をやっても良いという自由度があります。それに対して投資信託は最初に投資方針を決めたらその通りに運用しなければならず、一般的に相場が上昇しないと運用成績が上がらない構図になっています。

相場が下がっている時にはそれに応じた戦略で臨み、自由な投資活動をすることで絶対的利益を狙うことができるのです。では、相場が下がっている時になぜ利益が上げられるのか?次項でその答えを解説します。

②ヘッジファンドが持つ資金量と独自の運用手法

ヘッジファンドには、

「グローバルマクロ」
「ロング&ショート」
「マーケット・リニューアル」
「マネージド・フューチャーズ」

といった聞き慣れない運用手法があります。

例えばグローバルマクロは、地球全体に広く投資をしてそれぞれの国の金融市場が移り変わっていくのを利用して資金を移動させ、今一番利益が上がる国で稼ぐ手法です。

ロング&ショートは株式の買いだけでなく空売りも活用した投資手法のことです。

株価が下がっている時でも空売りを仕掛けることでヘッジファンドは利益を上げているので、株価下落が始まるとそれに拍車をかけている張本人だとも言われています。

こうした多彩な戦略を取ることにより、ヘッジファンドはあらゆる局面でもしっかりと利益を上げているのです。

・具体的な投資方法は?

ヘッジファンドに投資をするには、ヘッジファンドを運用している投資会社に申し込みをする必要があります。

海外のヘッジファンドとなると言葉の問題もあって難易度が高くなりますが、国内のヘッジファンドであれば資料請求も日本語で可能なので比較的手軽です。

厳密には日本国内にヘッジファンドはないのですが、同等の利回りや運用をしている投資会社はあるので、これらの投資会社に問い合わせてみるのはいかがでしょうか。

圧倒的なパフォーマンスを出す「BM キャピタル」とは?


(画像=ビーエムキャピタルインベストメント合同会社より)

  • 収益性:★★★★★
  • 安定性:★★★★★
  • 話題性:★★★★☆
  • 将来性:★★★★★

BM CAPITALの最も注目するところと言えば、圧倒的なパフォーマンスの高さではないでしょうか。

直近3年間の平均リターンは約18%、これはヘッジファンド業界の平均年間利回り(10%前後)を上回り、しっかりしたリターンを狙える高水準となっています。

過去には年利30%以上(2017年実績)という高利回りで運用した実績もあるようです。

なぜBM CAPITALはこれだけ高いリターンが生み出せるのでしょうか?

  • 東京大学や京都大学など、外資系投資銀行出身の金融エリートメンバーが多く在籍
  • 「マイナスを出さない」という運用手法
  • 国内3500社以上ある企業の中から割安株を選び出すリサーチ力
  • 投資対象企業の経営陣に対し、株主価値を高めるべく積極的に交渉する交渉能力
  • 投資から回収までの複数の選択肢を備えるリスク管理力
  • 収益創出手法を研究し、積極的に挑戦するチャレンジ精神

さらに、注目しておきたいのはその安全性です。

通常「ファンド」というと賛否両論で色々と情報が飛び交っているため怪しいイメージを持たれることもあります。

しかしBM CAPITALにおいては「マイナスを出さない」という運用方針の徹底で、2018年は日経平均の下落に影響によりほとんどのヘッジファンドがマイナスに終わったのにも関わらずマイナスの運用成績を出さなかったばかりでなく、過去の運用でもマイナスを出した年はないようです。

このようなことからも、ファンドマネージャーのレベルの高さがうかがえるのではないでしょうか。

HPの企業理念には「投資元本の安全性を最重視」「高い倫理観を持って業務遂行」という記載があり、安全性へのこだわりが感じられます。

安定を最も重視した運用で高水準のリターンを出しているBM CAPITALは、これからの資産運用の選択肢として最もチェックしておきたいファンドの1つでしょう。

(3)独立系ファンドやソーシャルレディングも視野に

ファンド運営会社が独自にポートフォリオを組み、運営しているものの中には優秀な成績を収めているファンドがあります。

これらのファンドを購入して保有しておくことで、インデックス運用(平均的な運用)よりも高いリターンを見込むことができます。

主な独立系ファンドとして、この2つは検討に値します。

また、クラウドファンディングの仕組みを利用して投資家からお金を集め、それを大口投資家のみに開かれている投資商品で運用、そこで得られた利益を出資分に応じて分配する仕組みのことを、ソーシャルレンディングといいます。

不動産を対象としたソーシャルレンディングはREITよりも高利回りであることから人気が高く、運用先のひとつとして価値は十分あるでしょう。

ソーシャルレンディングは以下のような投資会社に口座を開き、そこで募集している案件に出資をすることで投資を始めることができます。

クリアル

>>クリアルはこちらから

(4)1億円の資産運用のコツは「安全性」

1億円あったらどのような資産運用があるのか、疑問をお持ちの状態でこの記事を読み始めた方にとっては、少々意外なものも含めて納得のいく答えがあったのではないでしょうか。

基本的にはプロによる運用を推奨していますので、どれも安全性を確保しながら資産を増やすことができる選択肢ばかりです。

資産運用は時間を味方につけることも重要なので、まずは問い合わせや資料請求などの形で具体的な行動を起こしてみてください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。