• 不動産投資
  • 2024/1/9

不動産投資初心者のための本『不動産投資は、物件で選ぶと99%失敗する』

[ 広告含む ]

「不動産投資の本を読んで勉強したいけど、結局どれを読めばいいの?」毎月、不動産投資に関する本が多く出版されています。「選べない?」「どの本を読んだらいいの?」という方も多いのではないでしょうか。

今回は2023年12月4日に発売された、当メディア「不動産投資の教科書」の代表である山本の著書のご紹介をさせていただきます。

セカンド・オピニオンにお申し込みいただいた方全員に『不動産投資は、「物件」で選ぶと99%失敗する―成功している人だけが知っている1%のコツ―』こちらの本をプレゼントいたします。

これから不動産投資を始めようと検討している方も、不動産投資の入り口としてぜひ読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう


目次

1、不動産投資初心者におすすめの本

さまざまな情報が飛び交う、不動産投資業界。その中で、著者の山本氏は月間30万人が訪問する「不動産投資の教科書」というウェブサイトを運営し、客観的な情報を紹介することにこだわり続けてきました。今回は、これまで発信してきた膨大な情報を初心者の方向けの書籍としてまとめました。
失敗事例も盛り込みながら、不動産投資の基礎知識から実際のはじめ方、融資を受ける方法についてまでお話します。重要だけれども、あまり知られてない「不動産経営で大切な指標」や「パートナーの重要性」にも言及。これから不動産投資をはじめようとする方に、おすすめの書籍です。

2023年版!巻末資料「不動産投資の教科書」編集部が厳選した8社も必見です!
※本書は『99%失敗しない、不動産投資のはじめ方』を改題し、加筆を加えたものです 

(1) 成功している人だけが知っている1%のコツ「物件」で選ぶと99%失敗する

 

  • 著 者:山本 尚宏
  • 出版社:株式会社クロスメディア・パブリッシング

本書は、当メディア「不動産投資の教科書」の代表である山本の第2弾の著書になります。

2023年12月4日に発売され、多くのかたにお手に取っていただいております。

セカンド・オピニオンに寄せられた多くの事例や不動産経営をはじめられた方からご意見を伺いながら、リアルな不動産投資の現状を正直に解説しています。

不透明な不動産投資業界だからこそ、成功するためには正確な知識が必要です。

(2)不動産投資は「新築」「木造」「3階建て」アパートで始めなさい!【無料で読める電子版あり】

  • 著 者:田脇 宗城
  • 出版社:あさ出版

本書の著者は、副業でも失敗しないアパート経営を実現させたサラリーマン投資家です。

カジュアルな表示の印象に反して、内容は具体的かつ実践的な内容で、「東洋経済オンライン」や「Yahoo!ニュース」などでも取り上げられたほど。

タイトルにもなっている、サラリーマン大家が狙うべき物件が「新築」「木造」「3階建て」アパートである理由がわかる1冊となっています。
着実に資産を増やす方法を知りたい方は、ぜひ本書を手に取ってみてください。

なお、本書は、不動産投資会社「アメニティジョイハウス」の会員登録をすると、電子版を無料で読むことができます。
興味のある方は、ぜひご登録してみてはいかがでしょうか。

\スマホ・タブレットで読める電子版プレゼント/

 

(3)利益と節税効果を最大化するための収益物件活用Q&A50【無料で読める電子版あり】

  • 著 者:大谷 義武
  • 出版社:幻冬舎メディアコンサルティング

本書は、「不動産投資をするうえで出てきた疑問」について、50項目にわたりQ&A形式で徹底解説されているという内容です。

発売から数年たった今も、Amazonの評価は星3.8と高い評価が多く寄せられています。

なお、本書も無料プレゼントを行っています
電子書籍にも対応しているので、ご自身に合った方で申込んでみてはいかがでしょうか。

\基本から実務まで 不動産投資のノウハウ満載/

 

(4)世界一やさしい不動産投資の教科書1年生【投資の全体像が分かる】

  • 著 者:浅井 佐知子
  • 出版社:ソーテック社

本著は、不動産鑑定士の方が執筆された1冊です。
著者は、以下のような実績を持つ方です。

  • 国土交通省の地価公示評価員
  • 国税庁の相続税路線価調査など公的な仕事
  • 税理士・弁護士の依頼による仕事などで1,000件以上の鑑定評価書を作成

他にも、次のような不動産関連の事業を行っており、まさに「不動産のスペシャリスト」ともいえるでしょう。

  • 土地の有効利用や店舗
  • 事務所の賃貸利用
  • 不動産売買や鑑定
  • 不動産コンサル業

以上のような経歴を持つ著者が、「どのような不動産を買えばいいのか」「地域の選び方」「リスクを小さくする方法」など、不動産投資に関するポイントを丁寧に教えてくれます。

失敗しない不動産投資を目指すためには、必携の一冊ではないでしょうか。

(5)初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書【実際の経験談を知れる】

  • 著 者:鈴木 宏史
  • 出版社:東洋経済新報社

”サラリーマン大家”である著書が、同じくサラリーマンで不動産投資を行いたいと考えている方向けに不動産投資について解説している入門書です。

超初心者から実際に物件を持っている人まで、100名以上の投資家がどのような疑問を持っているのかを集約しています。
これらの疑問をわかりやすくQ&A形式で解説しているので、非常に読みやすい1冊です。

年収も資産もそこまで多くなかったサラリーマンの著書が、不動産投資で成功した手法を惜しみなく公開しており、著書が実際に経験したエピソードなども書かれています。

サラリーマンでも不動産投資に少し労力を回せる人であれば、ぜひ読んでおきたい1冊ではないでしょうか。

(6)Excelでできる不動産投資「収益計算」のすべて【収支計算のスキルが身につく】

  • 著 者:玉川 陽介
  • 出版社:技術評論社

本書では、不動産投資の過程における収益構造を説明してくれています。具体的には、次のような項目です。

  • 不動産の購入について
  • ローンの組み方について
  • 売却について
  • 不動産投資に関する税金について

この本を読み終えたあとの目標は、「収益計算」をご自身でできるようになることです。

不動産投資を成功させるには「キャッシュフローのシミュレーション」が何より重要となりますが、本書を読むことでシミュレーションスキルを無理なく不足なく身に付けることができる内容となっています。

また、シミュレーション用のエクセルシートをダウンロードできるため、非常に便利で実践的です

サポートコミュニティを使って、著者に質問できる特典もついているので、不動産投資初心者にとっては非常にやさしい1冊といえるでしょう。

(7)税理士大家さんがコッソリ教える 不動産投資のお金の残し方 裏教科書【税金の知識が身につく】

  • 著 者:石井 彰男
  • 出版社:ぱる出版

本書の著者である石井さんは、不動産投資をやっているうちに税務の知識が不可欠だと感じて、結果的に税理士資格を取得したという方です。

不動産投資運営で不可欠となる「税金の知識」について、かなり細かく解説されています。

「不動産投資家の税理士」というダブルライセンスは比較的珍しいため、不動産投資家と税理士両方の視点からの解説は新鮮かつ実践的な内容といえるでしょう。

本書の実に半分以上は、節税対策や経費の計上に関する情報となっています。
例えば、以下のように非常に具体的な内容が記載されています。

  • 「修繕費と資本的支出」の線引きはどう判断すればいいのか
  • 個人から法人にした場合の事業規模はどれくらいが適正であるか
  • 住宅ローンを全額受けながら事業費を経費にする方法

不動産投資に関する基本的な知識についても記載されていますが、税務に関する知識がメインなので、不動産投資の税務について学びたい方におすすめです。

2、不動産投資の本を読むことをおすすめする理由

本章では、不動産投資を始める前に不動産投資に関する本を読むべき理由5つを解説します。

(1)不動産投資で失敗しないため

不動産投資は、非常に大きな金額を扱う投資という性質上、失敗はできません。
良い物件を見つけても「本当にこの物件を購入して後悔しないのか」「状況や目的に合った物件なのか」、しっかりと見極める必要があります。

不動産投資のために不動産を購入する場合は、金融機関から多額の融資を受けるケースが多いでしょう。

融資を受けたのにもかかわらず、さまざまなリスクが重なり不動産投資で利益が出ず、結果として大失敗ということになれば、借金を背負うことなってしまいます。

不動産投資で大失敗という事態に陥らないためにも、不動産投資に関する事前のリサーチや勉強がとても重要です。

現在、非常に多くの不動産投資に関する本が出版されています。中でも不動産投資の初心者向けの本を活用することで、手軽に不動産投資の勉強をすることが可能です。

(2)不動産投資に関するさまざまな知識を得られる

不動産投資に関する本を読むことで、具体的に次のような知識を得られます。

  • 不動産投資のリスク
  • 基本的な不動産投資の知識
  • 不動産投資の節税効果
  • 不動産投資物件の価値算定方法
  • 不動産投資の収益を算出する方法

以上のように、不動産投資に関する知識は非常に数が多く、専門的でわかりにくい点もあります。

その点、本は自分のペースで読み進めることができるため、自分の頭で整理しながら不動産投資に関するさまざまな知識を得られます。
不動産投資の本で得られた知識は、結果として不動産投資を成功させる道標となるでしょう。

本を読むことは、いきなり不動産投資会社へ問い合わせをするよりも、効率的で有効的です。

以上のことから、不動産投資開始前の段階で本を読むことをおすすめします。

(3)不動産投資の知識を早く得ることも可能

不動産投資に関する本を読むことで、専門的な知識を早く得ることが可能である点も、投資前に本を読むことがおすすめである理由の1つです。

不動産投資の本を1冊読み終えるのにかかる時間の目安は、2時間前後です。
不動産投資に関する本に限らず、普段から本を読む習慣があったり読書が好きだったりする方なら、もう少し早いペースで読み終えられるでしょう。

1冊では物足らず、2冊目3冊目と続けて読んでも1日はかかりません。

複数の本を読むと、重複している内容が少なからず出てくるはずです。

重複している内容は、不動産投資において外せない「重要なポイント」である可能性が高いのです。複数の本を読むことで、重要なポイントを復習も兼ねてしっかり理解できるでしょう。

(4)何度も読み返すことができる

本は、何度でも読み返すことができます
繰り返し読むことで、リサーチや勉強が進み、知識を身につけることができるようになります。

一方、セミナーや不動産投資会社への問い合わせによって不動産投資に関する知識を得ようとすると、本のように繰り返し知識の確認ができません。

セミナーでは、状況にもよりますが、同じ説明は一度しか聞くことはできないことが一般的でしょう。
一度聞いただけで、内容をすべてしっかり理解するには限界があります。

以上のことから、本は繰り返し何度も読み返すことができ理解を深めやすいという点も、不動産投資を始める前に本を読むことをおすすめする理由の1つとなります。

(5)営業がない

セミナーに参加したり、不動産投資会社に問い合わせたりすると、強引な営業があるかもしれない……と、なかなか行動に移せない方も多いのではないでしょうか。

しかし、不動産投資の本を購入するだけでは、営業に繋がることはありません。

「営業を受けるとなかなか断れない」「ゆっくり考えながら不動産投資について勉強をしたい」という方であれば、本を読んで勉強することがおすすめです。

本を読んで、ある程度不動産投資に関する知識が身に付いたら、より実践的な情報を得るために不動産投資会社へ問い合わせるとよいでしょう。

もちろん、決して営業が悪いわけではなく、営業を受けることによって疑問点を直接聞いたり、不動産投資についてのイメージが具体的になるといったメリットがあります。

営業を受けることが苦手ではなく、「実際に専門家に聞きながら不動産投資について理解したい!」という方でしたら、不動産投資会社へ問い合わせしてみるのも良いでしょう。

3、不動産投資の本を選ぶときのポイント

賃貸管理会社

本章では、不動産投資の本の選び方について、以下の4つのポイントについて詳しく解説します。

  • 比較的最新の本を選ぶ
  • 理にかなっている体験談やテクニックが記載されているか
  • デメリットについても記載されているか
  • 検討している物件の種類で選ぶ

(1)比較的最新の本を選ぶ

不動産投資市場は日々変化しています。

そのため、出版日が比較的新しい本でなければ、現状の市場に関しての正しい知識を得ることは難しいでしょう

基本的なノウハウはそこまで変わりませんが、

例えば、2020年以降の新型コロナウイルスによる不動産投資業界の動向などが気になるという方は非常に多いのではないでしょうか。
2019年までに出版された本では、当然コロナのことは記載されてはいません。

以上のように、世情なども考慮して、できるだけ新しく出版された本を手に取りましょう。

(2)理にかなっている体験談やテクニックが記載されているか

不動産投資の本には、実際の投資家の体験談やテクニックなどが記載されているケースもあります。

それぞれの本によって、体験談やテクニックは多少異なることが一般的です。

記載されている不動産投資に関する体験談やテクニックが、「汎用性のあるメソッドなのか」「その方法は現実的なものなのか」、しっかり判断する必要があります。

実際に不動産投資の本を読む前に、その本の口コミを確認して内容を判断してみることもおすすめです。

口コミは、実際にその本を読んだ人の「生の声」が記載されているため、不動産投資を行うにあたって有用な本であるかどうか判断する材料となります。

(3)デメリットについても記載されているか

不動産投資の本を選ぶ際には、本の中に不動産投資に関するメリットだけでなく、「デメリット」についても記載されているかどうかも、非常に重要なポイントです。

不動産投資では、一般的に大きな金額を投資することになり、メリットだけでなくデメリットやリスクも存在します。

不動産投資に関しての「メリットだけ」を記載している本は、営業目的(問い合わせ目的)を第一に考えていると考えられます。
以上のような本は、必ずしも真に読者のためになる本ではないかもしれません。

しかし、デメリットについて記載されているかどうかについても、実際に本を読まなければわからない内容だと思うので、事前に本の口コミを参考にしましょう

(4)検討している物件の種類で選ぶ

不動産投資の本は、不動産投資会社の代表者が執筆していることが多く、不動産投資会社により取り扱っている物件の種類が異なります

一般的な投資用不動産として、次のような種類があります。一般的な投資用不動産の種類

例えば、「新築の区分マンション」で不動産投資を始めたいと思っているのなら、新築区分マンションを強みとしている会社が出版している本を選ぶとよいでしょう。

しかし、違う種類の物件を取り扱う会社が出版する本を読むことで、各物件の性質や特徴を知ることができ、視野が広がるというメリットがあります。

物件ごとのメリットやデメリットについて詳しく知りたい場合には、不動産投資の教科書」をはじめ、ネット上で多くの情報を得られるので活用してみても良いでしょう。

4、不動産投資に関する知識を本以外で学ぶ方法

本章では、本による方法以外で不動産投資を学ぶための有効な方法を3つ紹介します。

  • セミナーに参加する
  • 資料請求する
  • 不動産会社に行く

まずは本で不動産投資に関する勉強をしてから、上記の勉強法を試すことは非常に有効ですので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)セミナーに参加する

不動産投資のセミナーは、実際に不動産投資に成功した投資家や、不動産や金融に関する専門家、不動産投資会社の経営者や社員などが講師となって開催されます。

規模やテーマはセミナーによってさまざまで、開催場所も全国各地です。

近年、オンラインでのセミナーも多く行われています。オンラインセミナーであれば、時間や場所にとらわれず気軽に参加できます。

セミナーは、ホットな情報を紹介しているだけでなく、リアルな情報を入手できる可能性が高いといえます。

また、会場開催であれば他のセミナー参加者やセミナー講師といった新たな人脈ができることがあり、人脈を増やせる点はセミナー参加の大きなメリットといえるでしょう。

一方、セミナーのデメリットとしては、以下のようなものが考えられます。

  • 人によっては拘束時間が長く感じてしまう
  • 自分の求めている情報を扱わないセミナーであれば無駄になってしまう

ただし、不動産投資を本格的に検討しているのであれば、積極的にセミナーに参加して必要な情報を集めることをおすすめします。

不動産投資セミナーについて詳しくは、「初心者も安心!東京の不動産投資セミナーの選び方と良いセミナー7選」をご参照ください。

(2)資料請求する

「セミナー参加はちょっと敷居が高くて不安……」という方は、まずは不動産投資会社へ資料請求してみてはいかがでしょうか。

いくつか入手しておくと、本1冊を読むのと同様の学習効果が期待できる上に、不動産投資会社の比較検討ができます。

資料のほとんどは、無料で受け取ることができます。資料請求について詳しく知りたい方は、「不動産投資会社は資料請求で選ぶ!? 会社選びの際に欠かせない5つのこと」もあわせてご覧ください。

(3)不動産会社に行く

不動産投資に関する知識を学ぶ方法として、不動産投資会社に直接出向いて、不動産投資についての説明を聞くという方法もあります。

不動産投資会社の営業担当者と1対1で、さまざまな説明を聞くことができ、疑問点や不安を解消できるというメリットがあります。

注意点として、不動産投資会社へ直接出向いて説明を聞くことは、営業も兼ねたものとなるのが前提です。そのため、直接出向く前に、不動産投資に関する知識をある程度身に付けておくことをおすすめします。

不動産会社を選ぶポイントや、おすすめの不動産会社について、詳しくは「不動産投資会社おすすめランキング TOP20【2023年最新版】」で解説しています。

まとめ

今回は、初心者向けに不動産投資に役立つ本を厳選して紹介しました。

不動産投資は、非常に高額な投資です。軽い気持ちで始めることはおすすめしません。

初めての不動産投資をしっかり成功させるために、体系的に勉強できて効率的な「本」で不動産投資の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

ぴったりの本に出会えれば、不動産投資の成功につながる行動ができるでしょう。

 

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう