• 資産運用
  • 2019/8/9

【税理士が教える】サラリーマンでも確定申告が必要な6つのケースとは?

月々の給料からの源泉徴収と年末調整で税金が完結するサラリーマンの多くは、確定申告とかかわることがありません。

そのためうっかりすると「確定申告をした方がトクだったのに、しなくて損をした」ということになりかねないでしょう。今回は、サラリーマンでも確定申告をした方がオトクなケースをご紹介して行きます。(鈴木まゆ子・税理士、ライター)






tochu1

・サラリーマンは確定申告で還付が受けられる

サラリーマンを含む正社員やバイト・パートといった給与所得者の場合、毎月の給与から所得税が源泉徴収(天引き)されます。

年末に、1年間の正確な所得税額を計算し、源泉徴収した所得税の総額と精算する年末調整が行われます。

たいていはこの年末調整で所得税の申告・納付作業が完結しますが、納税者本人に年末調整では扱われないような特有の事情がある場合、翌年3月15日までの確定申告でもう一度正確に所得税額を計算して個別に申告書を提出する必要があります。

給与所得者の場合はすでに勤務先を通じて納付している所得税があるため、税金が低くなる事情が発生していれば確定申告を行うことで所得税が還付されることになります。

さらに、翌年6月から納付する住民税も安くなります。

・確定申告で所得税が還付される6つのケース

では、どのような事情が発生していると給与所得者は所得税の還付が受けられるのでしょうか。

次の6つのいずれかに該当する場合、確定申告をすれば所得税が還付されることが多いです。

(1)不動産投資で赤字の場合

正社員として給料をもらう一方、不動産投資を行って賃貸収入を得ている人もいます。

このとき、減価償却費や管理費などで必要経費が総収入金額を上回り、不動産所得が赤字になった場合、給与所得との損益通算で所得税が還付される可能性が高くなるでしょう。

(2)支払医療費が10万以上になった場合

1年間に支払った医療費が10万円以上になった場合、医療費控除を申告することで税金が還付されます。

なお、年間の所得金額が200万円以下の人については、年間の支払医療費が「所得金額×5%」を超えると医療費控除を申告できます 。

(3)ふるさと納税など寄付した場合

ふるさと納税で地方自治体に寄付を行った場合、その寄付金は「寄付金控除」として申告して還付を受けることができます。ただ正社員などの給与所得者の場合、年間の寄付先の自治体数が5つ以下といった要件を満たせば「ワンストップ特例制度」を用いることで確定申告を省略し、還付を受ける代わりに翌年の住民税額を節税することができます。

(4)住宅ローン1年目の場合

住宅借入金等特別控除(いわゆる「住宅ローン控除」)の適用を受けて還付を受ける場合、借入初年度については確定申告を行う必要があるでしょう。

なお、2年目以降については手続を行えば年末調整で所得税の還付を受けることができます。

(5)株の売買で損失が出た場合

株式の売買については、最近は「特定口座(源泉徴収あり)」を選択し、確定申告不要にしている方が多いかと思います。

この場合、もし株式の売買で損失が発生しているならば、他の株式の譲渡益や配当と損益通算を行い、確定申告することで損失分の所得税の還付を受けることができます。

(6)年の途中で退職し、そのまま年を越した場合

年の途中で退職し、そのまま他の会社に就職せずに年を越した場合には、確定申告を行うことで還付を受ける可能性があるでしょう。

というのも、毎月の給与で源泉徴収されている所得税は、本来納付すべき所得税額から見て少し多めの金額となっているからです。

・還付の場合の確定申告の手続きの流れ

では、還付の場合の確定申告はどのように行うのでしょうか。大まかな流れは次のようになります。

1.資料整理

その年の12月31日が過ぎた後、それぞれの還付申告に必要な資料を収集・整理

2.各種所得や控除額を計算

所得額は基本的に「総収入金額-必要経費の年間総額」を指しますが、所得の種類ごとに計算方法が異なります。また、控除額は控除ごとに計算方法や上限額が異なります。

3.確定申告書に記載

還付の場合は、還付先の金融機関を一つ用意しておくことが必要です。申告する人本人の口座でなくてはいけません。

また、マイナンバー制度開始に伴い、マイナンバーカードのコピー等も申告書に添付することとなっています。

4.3月15日までに申告書を提出

通常の確定申告は年明けの2月1日から3月15日までのみですが、還付のための確定申告は1月から行うことが可能です。

また、還付申告は期限を過ぎても申告する年分の翌年1月1日から5年間は提出することができますが、所得税を節税できても住民税で節税できなくなるおそれがあるので気をつけましょう。

なお、サラリーマンは本業があるため手続き自体面倒な場合は、税理士にまるごと任せるのも良いでしょう。

税理士ドットコム


公式サイトはこちら

・年末に慌てるのではなく日頃の確認が大事

これらの手続きを終えれば大体は4月下旬頃に還付されますが、申告書の提出が早ければその分還付される時期も早まることがあります。

「確定申告でトクしますよ」と言われても、普段縁のない作業だと及び腰になるかもしれません。

年末に慌てるのではなく、今から確定申告や自分の状況を確認しておいた方がよいでしょう。

【税理士が教える】シリーズ

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。