• 不動産投資, 不動産購入
  • 2021/3/25

今住んでいる賃貸物件を購入する方法と注意点について解説!

賃貸 物件 購入

賃貸に住んでいるけど、気に入っているから長く住む予定。それなら、毎月家賃を支払うよりも購入した方が安いのでは?そもそも賃貸物件って購入できるの?など疑問に思っている方はいるのではないでしょうか。

まず結論から申し上げますと、賃貸物件は購入可能な場合もあります!
しかし、やはり賃貸物件を購入するには手続きがあります。

そうした手続きの解説と、購入の際の注意点について解説していきます。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

1、賃貸物件の購入ができる場合

賃貸物件は、物件所有者の合意で購入することができます。

しかし、一部屋のみの購入は難しいことが多いうえに、住人の賃料から収益を得ているので必ず交渉に応じてくれるかはわかりません。まずは所有者に相談してみましょう。

2、賃貸物件購入の際の注意点

賃貸物件購入についてです。

賃貸物件を購入する際には物件所有者と値段の交渉をする必要があります。
その際の注意点について解説します。

(1)価格の設定が難しい

貸物件を購入する際は、物件所有者の都合が入るため相場とは離れた価格になる場合があります。本来であれば取引の公正さが重視され、エリアの相場に合わせた価格設定が行われるものです。

さらに、物件所有者とは初対面でないため客観的取引も難しくなります。
しかし、相場からかけ離れた価格を提示されても損してしまいます。

その際に損しないために数の不動産会社に価格の査定を依頼しましょう。

不動産一括査定」というサービスがあり、査定したい物件の場所、面積、お客様情報を1回入力するだけで、複数の不動産会社に査定を依頼することができます。
効率もよく、無料で利用でき、物件の簡易査定が完了します。

(2)支払っていた家賃の分の値引きはできない

物件所有者から考えると、月々に得ていた家賃収入が1部屋分減ってしまうため、今まで支払っていた家賃の分の値引きは不可能です。

無理な値段交渉は控えたほうが無難です。

どうしても値段交渉が必要な場合は、仲介手数料がかかりますが不動産会社に仲介を依頼しましょう。

3、賃貸物件購入のメリットデメリット

賃貸 物件 購入 

様々なリスクの多い賃貸物件の購入。
そのメリットとデメリットについて紹介します。

(1)購入のメリット

①毎月の支払いが投資になる

賃貸と違って月々の支払いが部屋を購入するための「投資」になります。

マンションの部屋は戸建てとは違い安価なので、30年ほどで完済することもでき、完済後は売ったり貸したりと活用は自由です。

つまりは投資と考えることができます。

②老後の資産形成になる

不動産を手に入れることができたため、老後のための資産形成が楽になります

また、完済後は人に貸したり誰かに売却したりできるので、賃貸で暮らし続けるより安心して生活することができるでしょう。

③自由にリフォームができる

賃貸と違い、部屋を購入し自分のものとできるので、好きなようにリフォームすることが可能です。

生活していてライフスタイルが変わっていくのに対応できるため、賃貸よりも長く住めるのはメリットになります。

④生命保険に入れる

住宅ローンを組むなら、団体信用生命保険に加入することになります。

この保険は生命保険の一種で死亡保障の部分にあたり、団体信用生命保険に入り、他に加入している保険を見直して家計の削減ができます。

(2)購入のデメリット

①引っ越しが安易にできなくなる

賃貸のままであれば、引っ越しをしなければいけないというときにすぐ引っ越せますが、購入してしまうと引っ越しは難しくなります。

②多額の資金がかかる

元々賃貸として借りていたものを購入するには、価格設定の際にもご説明しましたが相場よりも少し高めになります。

まとめ

いかがでしたか?
賃貸物件を購入するにはリスクが様々ありましたが、それなりにメリットも多いです。

長く住み続けたいなら購入をおすすめしますが、資産形成のみが目的なら他の物件でもいいかもしれません。まずは不動産会社に相談してみましょう。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。