• 資産運用
  • 2018/3/30

「買えば儲かる」と言われるIPO株の魅力と買い方、当選確率を上げる4つの方法

IPO株が儲かるらしい」という話を見聞きたことがある方は、

「それって本当?」

本当なら自分もIPO株でひと儲けしたい

という考えをお持ちではないでしょうか。

詳しくは後述しますが、IPO株とは新規公開株のことです。新たに株式市場へ仲間入りをしてくるニューフェイスなので注目が集まりやすいのは当然で、それゆえに高値をつけやすいと言われています。

この段階で、ひとつの推論が頭をよぎると思います。それは、

IPO株を買って高値になった段階ですぐに売り抜ければ儲かるのでは?」

というものです。

この戦略が通用するのであれば、こんなに簡単な儲け話はありませんね。それが本当なのかという検証を含めて、IPO株の仕組みや儲け方を順に解説していきたいと思います。

IPO株のことを少しでも気になる方は必見の内容なので、ぜひ最後までお読みください。


1、IPO株が儲かるというのは本当か

IPO株が儲かるらしい、という通説について。まずはそれが本当なのかどうかについて事例をもとに検証してみましょう。

(1)当たれば儲かるのがIPO株?

IPO株は新規公開株ということで注目度も高く、投資家からの人気もとても高くなります。だからこそ株価上昇が期待できるわけですが、人気の高さゆえに欲しいと思っている人の全員に行き渡らないことがよくあります。

欲しいと思う人が殺到して買い注文をさばけない場合は、抽選となります。抽選に見事当選すると購入権が得られるので、値上がり必至のIPO株を手にすることができます。

詳しくは次項で解説しますが、IPO株は総じて人気が高く、上場直後には大幅な株価上昇を演じる確率が高く、見事当選してIPO株を購入した人にはこの値上がり益を手にするチャンスがあるのです。

IPO株が「当たれば儲かる」と言われている理由はまさにこれで、まるで宝くじを買うような感覚で抽選に応募する投資家も少なくありません。しかも宝くじと違って抽選に応募するのに費用はいりませんし、宝くじよりも参戦する価値は高いかも知れません。

(2)短期間に倍以上の利益が出ることも

実際に、IPO株が上場された後どんな値動きになっているのか実例を見てみましょう。201712月に新規上場されたIPO株の3銘柄をチャートで追ってみます。

最初は、1220日に上場したオプトランという光学機械メーカーです。


出典:SBI証券国内株式 オプトラン

上場直後に急騰をしたあと、一旦押し目のような下落があったものの再び本格的な上昇トレンドとなっています。2つあるピーク時にオプトラン株を売った人は1,000円、もしくは2,000円の差益を得ていることになります。

次は、ビジネスマッチングサイトを運営するみらいワークスです。


出典:SBI証券国内株式 みらいワークス

こちらは、さらに上場直後の上昇が顕著です。ピーク時には倍以上の株価となっていますが、この株価水準になるまでに数日しか要していないので、数日で投資金が倍になるという典型的なIPO相場でした。その後はズルズルと株価が下がっていますが、上場時の株価を大きく下回ることはないので、IPOで購入した投資家は儲かったか、横ばいかのどちらかです。

さらにもう1つの銘柄も見てみましょう。次はマーケティング支援などのクラウドサービスを提供しているナレッジスイートという会社です。1218日に上場を果たしました。


出典:SBI証券国内株式 ナレッジスイート

こちらも、かなり極端な値動きとなっています。ただし上場直後だけはIPO相場になったものの、その後は上場時の株価を下回っているので、その意味でも典型的なIPO相場といえるでしょう。上場当日の株価上昇で売り抜けた人が最も儲かったという結果になりました。

(3)なぜIPO株はこんなに儲かるのか

前項ではIPO株として3銘柄をご紹介しました。いずれも「購入できていれば儲かった」といえる値動きばかりで、これが珍しくないのがIPO株の世界です。

IPO株が値上がりしやすい理由は、いくつかあります。

  • 新規上場できるだけの業績や能力を持っている企業なので人気銘柄になりやすい
  • IPO株ということで注目度が高く投資家が欲しがる傾向が強い
  • IPO株は値上がりする」という半ば常識のような説があるので買いが殺到する

企業の業績が悪ければ上場はできないので1番目の理由ももちろん根拠となるのですが、やはり最大の理由は3つ目の投資家心理でしょう。「IPO株は儲かる」と考えている人たち自身が、IPO株の株価を上昇させているのです。

 2、IPO株の基本を理解しよう

IPO株はどういう仕組みで売り出されるのか、それを理解するにあたって外せない用語も併せて解説します。

(1)IPOとは?

IPOとは新規公開株のことで、「Initial Public Offering(最初に公開する売り物)」という意味の言葉から頭文字を並べたものです。株式会社は資金調達のために株式上場を志向しますが、すべての会社が上場できるわけではありません。

財務状況や業績など、上場に値する(つまり不特定多数の投資家にとって出資するだけの価値がある)企業なのかどうかを精査した上で新規公開されるので、IPO株は一定のお墨付きが与えられた銘柄だといえます。

(2)IPOの仕組み

すでに上場している銘柄であれば市場が株価を決める仕組みが成立していますが、IPO株は新規上場だけに市場での売買実績がありません。そのため、いくらで売り出すかという価格(公募価格といいます)を決めるところにちょっとしたポイントがあります。

詳しくは次項で解説しますが、上場する企業にとっての目的は資金調達なので、投資家が株を買ってくれないことには意味がありません。そこで事前に調査をしたりヒアリングをして決まっていく売り出し価格から、安い価格を設定するのが通例です。

実勢価格よりも安く売り出されたIPO株が、市場の原理ですぐに実勢価格もしくはそれ以上になるのですから、IPO株が高い確率で儲かるのは当然と言えます。

(3)公募価格と初値価格

IPO株を知る上で絶対に外せない、2つの価格があります。1つは公募価格で、もう1つは初値価格です。IPO株が新規上場されるにあたって、公募価格を決めるのはとても重要な作業です。証券会社が参考価格を決め、それに対するヒアリングや(※)ブックビルディングを行い、さまざまな情報を考慮した上で公募価格が決められていきます。

しかもその価格は実勢価格よりも安く設定されるのが通常なので、根拠となる実勢価格を見積もるにはかなりの相場観を要すると言って良いでしょう。IPO株を購入する人は、こうして決められた公募価格で購入することになります。

そして、IPO株が上場されて市場での売買が可能になると、市場で最初の値がつきます。これを初値価格といいます。公募価格よりも初値価格が高くなれば、その時点で購入した人には利益が生じます。

(※)ブックビルディング・・・投資家に対してIPO株をどれだけ買いたいかという需要を調査する工程です。ブックビルディングは公募価格を決める重要な要素です。

(4)最短の勝負は初値売り

公募価格でIPO株を購入した人が最初に利益を上げるチャンスは、初値価格がついた時です。多くの場合、公募価格よりも初値価格が高くなるので、その時に売れば差額を手にすることができます。この手法のことをIPO株の初値売りといいます。

多くの投資家が「IPO株は儲かる」というイメージを持っているのは、この初値売りのことを指しています。

3、IPO株を買うまでの4ステップ

多くの投資家が欲しいと願うIPO株を購入するのに必要な4つのステップを解説します。

(1)ステップ① IPO株を買うための準備

IPO株を購入するには、証券会社に取引用の口座を開設しておく必要があります。一般的な証券会社の口座であればIPOの応募ができるので好みで選んでも構いませんが、後述する理由を踏まえるとSBI証券がオススメです。

その他にも、ネット証券の大手であるマネックス証券IPO案件の主幹事を担当することも多い大手証券会社としてSMBC日興証券も、IPO株を狙うという意味ではオススメです。

これも後述しますが、IPO抽選への応募は証券会社を通じて行います。つまり証券会社の口座数が多いとそれだけ応募できる機会が増えるので、できればここでご紹介した証券会社全部に口座を開設しておくことをオススメします。

(2)ステップ② IPOスケジュールを調べる

証券会社の口座を準備できたら、次はIPO株がいつ上場される予定になっていて、いつまでに応募する必要があるのかといったスケジュールを確認します。証券会社からも情報が発信されていますが、証券取引所も公式情報としてIPOスケジュールを公開しています。

新規上場会社情報(日本取引所グループ)

http://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/

ここでは、直近でどんなIPOがあるのかを知ることができるので、狙いをつけるための情報収集源として活用してください。

(3)ステップ③ IPO株の申し込み、入金

これから上場を予定している株に対して、投資家はブックビルディングの段階で希望価格の応募ができます。ここで初めて投資家は、該当のIPO株に対して購入希望の意思表示をすることになります。ここで応募をした価格に購入したい株数を掛けた金額(つまり購入総額)を入金しておくことで、その購入意思が正式なものとして見なされます。

(4)ステップ④ IPO株の抽選

応募数が売り出し株数を上回ったら、購入権をめぐる抽選となります。抽選の結果は、証券会社の口座内で投資家に伝えられます。

ここで見事当選をして購入権を得たら、晴れて購入の申し込みをしてIPO株を手にすることができます。初値売りをする場合は、上場初日もしくは数日以内に株価が上昇したところで売ります。

4、IPO株に当選しやすくする4つの方法

とても高い確率で利益を出すことができるIPO株をどうしても購入したいという方が実践できる、当選確率を高くする4つの方法を解説します。

(1)応募口数を増やす

宝くじに当選する確率を増やしたければ、購入する枚数を増やすのが最も確実な方法です。それと同じように、IPO株も複数の証券会社に口座を持っておいて複数の応募をすればその分当選確率は高くなります。

先ほど複数の証券会社に口座を開いておくことをオススメしたのは、これが理由です。しかもその中でもSBI証券とSMBC日興証券、そしてマネックス証券を挙げたのは以下の理由からです。

  • SBI証券

IPOチャレンジポイントという制度があり、IPO抽選に当選しやすくしてくれるサービスがあります。また一部のIPO案件では主幹事を務めることもあり、ネット証券の中でもIPOに強い証券会社です。

  • SMBC日興証券

IPOの主幹事証券会社となることが多く、当然ながら自社で取り扱う売り出し株数も多いので、同社の口座から応募をすると最初から当選確率が高い勝負をすることができます。もちろんそれは、同社が主幹事になっている場合のみですが。

  • マネックス証券

IPO株がとても魅力的だと考えるのは、個人投資家だけではありません。大口投資家も当然同じことを考えるわけで、証券会社は大口投資家にもIPO株を一定数回しています。ほとんどを大口投資家に回してしまっている証券会社もある中で、マネックス証券は割り当て分のすべてを個人投資家に回しているため、個人投資家であっても有利な抽選環境を得ることができます。

(2)時間差に着目して同じIPO株に複数応募

複数の証券会社に口座を持っておくメリットには、抽選の時間差もあります。同じIPO株なので同じ日に全社が抽選をやっているかというと、実はそうではありません。1週間くらいの幅の中で各社が抽選を行っており、それを大まかに分けると前半の会社と後半の会社となります。

つまり、前半の会社でIPO抽選に外れたとしても、まだ後半の会社が抽選を行っていないのでそこにも資金を入れておけば同じIPO株に再び応募できるのです。

多くの証券会社が前半日程で抽選をしているのに対して、カブドットコム証券や楽天証券、松井証券は有名どころの中で公判日程に抽選をすることが多いので、複数の口座を作るにあたってこの時間差も意識して証券会社を選ぶのも良いかも知れません。

(3)SBI証券のIPOチャレンジポイントを活用する

SBI証券には、IPO株の抽選においてチャレンジポイントというユニークな制度を設けています。簡単に言うとIPO抽選に外れるたびにポイントが加算され、貯まったポイントを使うとIPO抽選の当選確率が高くなるという仕組みです。他の証券会社にはあまりない面白い制度なので、SBI証券に口座を作ってぜひこちらも利用してみてください。

IPOチャレンジポイント(SBI証券)

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/

(4)大和証券の口座にも抽選回数を増やすサービスがある

前項ではSBI証券のIPOチャレンジポイントについて解説しましたが、大和証券にも条件によって抽選回数を多くすることができるサービスがあります。大和証券での取引実績や大和証券株を保有することで優待としてもらえるポイントを貯めて、そのポイントを使うことで抽選回数が多くなります。

SBI証券と比べると若干ハードルは高くなりますが、そもそもIPOの主幹事になることも多い大和証券なので割り当て株数も多く、うまくポイント利用と絡めると当たりやすくなります。

新規公開株式抽選参加サービス(大和証券)

http://www.daiwa.jp/products/equity/ipo/chs/

5、IPO株投資をしている人のブログ3

実際にIPO株投資を成功させている人たちのブログを3、ご紹介します。情報の質も高いので、ぜひ参考にしてください。

(1)IPOゲッターの投資日記!

ブログ主はIPO株投資にかなりの力を入れており、自分の体験から得られたノウハウが惜しみなく公開されています。オススメの証券会社情報もとても参考になります。

IPOゲッターの投資日記!

http://ipoget.com/

(2)IPO初値予想/分析 IPOストライカーの投資ブログ!

IPO情報を中心にほぼ毎日更新されている上に、情報の質も高いブログです。このブログを見ているだけでIPO情報はおそらく網羅できるでしょう。

IPO初値予想/分析 IPOストライカーの投資ブログ!


http://ipo-striker.com/

(3)IPO新規公開株で復活の軌跡。当選確率・初値予想・株初心者・IPO入門

ブログのタイトルがすべてを物語る、とても内容の濃いIPO投資ブログです。複数口座を活用しながらIPO株を確実に購入している様子も参考になります。

IPO新規公開株で復活の軌跡。当選確率・初値予想・株初心者・IPO入門

http://kabu.ipotoha.com/

まとめ

買えば高い確率で儲かると言われるIPO株について、儲かると言われる理由や買い方までを解説してきました。ここまでの解説をお読みになった方は、「自分も買ってみたい」とさらに強く思われたことでしょう。

しかし、そのためには最大の難関である抽選を突破しなければなりません。当選確率を少しでも上げるための方法も解説しましたので、できることは何でもやるの精神で人気のIPO株を射止めてください。

今だけ限定公開中!初心者が知っておくべき不動産投資の全知識(無料ダウンロード)

こちらは、不動産投資初心者のあなたのための教科書です。
不動産投資はとても高額な投資です。間違った知識で行えば、あなたの資産はすぐに消え失せてしまうでしょう。 そこで、私たちが普段お客様と直接やりとりする中で、必ず押さえておくべきだと痛感している内容を一冊にまとめました。

  • 基礎知識が身につくので、安心して不動産投資を始められます
  • 信頼できる不動産投資会社を見極められるようになります
  • 自分に一番合った物件を探せるようになります
  • 不動産投資をサラリーマン業と両立させるコツが分かります

この資料をダウンロードすることで、リスクを出来る限り防ぎ、効率良く投資ができるようになります。 投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。 初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方は、ぜひダウンロードしてお読みください。

無料E-BOOKダウンロード

今だけ限定公開中!
初心者が知っておくべき不動産投資の全知識

このような方に是非読んでいただきたいです!

  • 不動産投資の仕組みについて知りたい
  • 不動産投資のリスクを最小限におさえる対処法
  • 自分に合った投資タイプの選び方
  • 始める前に知っておくべき失敗事例
  • 有利な条件にて融資を活用する方法
  • 不動産投資で成功した方の共通点
  • 信頼できる業者の探し方
  • 効率よく掘り出し物件の探し方
  • 成功させる業者との付き合い方

無料E-BOOKお申し込みフォーム