• 不動産投資
  • 2018/11/7

【先輩大家インタビュー】「不動産投資は将来の貯金。活動では人に恵まれました」 福辺郁恵さん

福辺郁恵さん>
地方公務員として働きながら、不動産投資を行う女性大家さん。現在は、東京都内にワンルームマンション1室を所有。年間の家賃収入は約143万円。

最近では将来を見据えて不動産投資を始める女性が増えています。女性の社会進出が進んだことと、高齢化を背景に女性にとっても老後の生活などを考えるとお金がごく身近な問題になっているからです。

そうした不安を打ち消す現実的な選択肢の1つが不動産投資といえるでしょう。今、将来に向けた長期的な資産運用として、不動産投資は注目が集まっています。そして、「普通のOL」をはじめとする働く女性が、不動産投資で経済的な豊かさを得ることは夢ではなくなってきているのです。

しかし、「興味はあるけれど不動産は大きな買い物だから…」と思う人もいるでしょう。確かに不動産投資は、初心者にとって不安が多く、簡単に決断はできるものではありません。

そこで、「副業として不動産投資をしてみたい」「これから大家さんになって不労所得を得たい」などと思っている不動産投資の初心者の人たちに向けて、不動産投資の教科書では先輩大家さんの生の声を伝えるインタビューをお届けします。

今回、登場するのは、福辺郁恵(ふくなべ・いくえ)さん。

福辺さんに不動産投資を始めた理由や投資をした感想、これから不動産投資を考えている人へのアドバイスなどを語ってもらいました。これから不動産投資を始めようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。(取材:不動産投資の教科書編集部)

友人への相談から不動産投資に踏み出す

編集部:
福辺さんの投資家歴と実績は?

福辺:
不動産投資を始めて、今年で3年目になります。所有している物件は、東京の三宿(世田谷区)にある区分マンション1室(1K)です。

マンションは東急田園都市線の三軒茶屋駅から徒歩10分くらいにあります。価格は3530万円です。35年ローンで購入しました。家賃収入は月11万9000円で、月の収支(キャッシュフロー)は1300円です。

編集部:
公務員は収入が安定していると思いますが、なぜ不動産投資を始めたのですか?

福辺:
もともと不労所得でお金が入る仕組みに興味を持っていたことがあります。ただ「やってみよう」とは具体的に考えていませんでした。

それから、確かに公務員は給与が安定していますが、病気になれば会社員の人と同じで収入はなくってしまいます。そういう意味では単純に「安定している」ともいえないのではないかなと私は思っています。

また、私は自己投資が好きなので、そこにお金をかけてしまい、なかなか貯金もできませんでした(笑)。こういう感じだったので、これから生きていく先のことが考えられなかったんです。だから「給与以外に収入があればいいな」とは思ってはいました。

それで、こうした不安を仲のよい友人に話したところ、投資家の人を紹介してくれたんです。その人がローンも組めるし、不動産はどうですか?」と勧めてくれたことが、不動産投資を始めるきっかけでした。

編集部:それから、具体的にどう動かれたのですか?

福辺:
その人の紹介で、接、不動産投資会社に話を聞きに行きました。そこで、営業の人から教えてもらい学んで、不動産投資のことが分かったんです。その会社からは2つの物件を紹介されました。そして、最初に紹介されたのが今の物件で、購入することに決めたんです。

「購入までが早すぎたかな」とは思いましたが、今の物件には満足しています。また、不動産投資会社とはトラブルもありません。確定申告のやり方も教えてもらいましたし(笑)。今後は購入者をフォローする部分も強化していくとも言われました。

「投資=ばくち」のイメージが変わった!

編集部:
これまで不動産投資には、どんなイメージを持っていましたか?

福辺:
昔からマンション購入を勧誘する電話はありました。「怪しい」と思っていたので、かかってきた電話はすぐに切っていたんです(笑)。そのことを購入した不動産投資会社にも話しました。そうしたら、いろいろと話をしてくれて、自分が投資に対して知らないことが分かったんです。

私は投資に対しては「ばくち」というイメージがありました。

しかし、不動産投資会社からは投資は株式やFXなど、ハイリスク・ハイリターンなものもあるけど「不動産は時間をかけていくもので、利益は少ないけれど比較的確実に近いものです」と説明をしてもらったことで、私自身は、ふに落ちたんです。

また、不動産投資会社からは、リスクはあるけれど、新築の方がよい物件があること、仕事がある人は管理会社に任せることで手間がかからないことも教えてもらいました。そのことで、不動産投資が「ばくち」ではなくて、「将来の貯金と一緒」ということが分かったんです。このことがあってから、投資のイメージが大きく変わりました。

編集部:
ただ、いざ購入するとなると、不安はありませんでしたか?

福辺:
その時は、まだハイリスク、ハイリターンのイメージがあったので、確かに不安はありましたね。また、借金を抱えることになるので、「本当に大丈夫かな?」とは思っていました。

私はこれまで「高額のものをローンを組んで買う」ということがなかったんです。だから「これでもし、本当に病気になったら借金だけになるのでは……」という心配はありました。しかし、これは月々の返済は家賃収入でまかなえるということだったので解消できました。もちろん、空室リスクはあるので絶対ではないとは思っていました。

一方で、私が購入した物件は不動産投資会社が借りてくれてマンスリーマンションとして貸し出す契約を結んでくれたんです。だから、家賃収入が入ってこないという心配はなくなりました。これは、よかったですし、ラッキーでしたね。

編集部:
投資をする前に勉強をするなど、自身で取り組んだことはありますか?

福辺:
特になくて、すべて不動産会社にお任せでした。そういう意味では、みなさんの参考にならないかもしれません(笑)。今振り返ってみると、「もう少し勉強しておけばよかったかな」とは思います。ただ、もし勉強してネガティブな情報も知ってしまったら、投資に踏み出せていなかったかもとも思っています。

また、私が公務員ということもあって、金融機関の審査もすぐに通りローンも組めました。そのため、投資前の苦労もほとんどありませんでした。

私は不動産投資をする時に、いろいろな人に会うことが多かったんです。そこでいろいろと教えてもらえたことが、実際の投資で役に立ったと思います。私自身は人に恵まれる運があると思っているんですよ(笑)。自己投資が好きだったので、自分を高める勉強の過程で、人を見る目も養われていきました。そうしたご縁を大切にできたことが大きかったかなと今では思っています。

お金の入り口はいろいろあった方がいい、不動産投資はその1つ

編集部:
では「失敗した!」と思ったことはありますか?

福辺:
特にはないですね。あえていうと、購入した物件の価格を友人に話したところ「高いのでは?」と言われました。その時は「もしかして高い価格で売られて失敗したのかな……」と思いました。でも、今はそうは思っていません。それぐらいです(笑)。

編集部:
不動産投資をしてみた率直な感想を教えてください。

福辺:
購入した当初は、「投資している」という実感はありませんでした。今は「財産を持っている」という精神的な安心感がありますね。ローンはあるけれど、家賃収入で返済できていますし、月々1300円のプラス収支になっているので、特に悩むことも困ることもないと感じているからだと思います。私自身は不動産が保険の代わりになったと思っているんです

仕事をしてお金を得る方法が1つだけだと不安もあります。だから、お金の入り口はいろいろとあった方がよいと今では思います。不動産投資はその1つですね。そして、不動産投資がよいところは、ほかの投資よりも頑張り続けなくても済む点だと思います。


編集部:
今後、物件を増やしていく考えはありますか?

福辺:
今は増やそうとは思っていません。「2~3件持っていたら安心かな~」とは思っていますが(笑)。ただ、もし自分の状況が変わったら考えるかもしれません。

編集部:
最後に、これから不動産投資をする人にアドバイスはありますか?

福辺:
今はインターネットをはじめとして、不動産投資について「よい情報」「悪い情報」と両方の情報がたくさんあふれています。だから、そうしたたくさんの情報を選んで自分自身で見極める力が大事だと思います。

それから、当たり前ですが物件にはメリット、デメリットがあるので、それを分かった上で選ぶようにするとよいと思います。結局、自分で選んだ物件は自分の責任になるわけですから。

そして、大事なことは、まず話を聞くことです。具体的には、不動産投資の実績がある人から話を聞いてみることです。同じく、投資に対して視野が広い人から話を聞くこともよいかなと思います。

そういう意味で私が不動産投資をする上では、友人をはじめ、その友人が紹介してくれた投資家の方、不動産投資会社の人と、人脈に恵まれたと思っています。そして、そうした人たちに助けられて生きていくことができるのは私にとって、とてもうれしいことなんです。

先輩大家からのアドバイス

①不動産投資会社は信頼できる人から紹介してもらうべし
②物件のメリット・デメリットを知り自己責任で選ぶべし
③実績ある不動産投資家などから話を聞くべし

今だけ限定公開中!初心者が知っておくべき不動産投資の全知識(無料ダウンロード)

こちらは、不動産投資初心者のあなたのための教科書です。
不動産投資はとても高額な投資です。間違った知識で行えば、あなたの資産はすぐに消え失せてしまうでしょう。 そこで、私たちが普段お客様と直接やりとりする中で、必ず押さえておくべきだと痛感している内容を一冊にまとめました。

  • 基礎知識が身につくので、安心して不動産投資を始められます
  • 信頼できる不動産投資会社を見極められるようになります
  • 自分に一番合った物件を探せるようになります
  • 不動産投資をサラリーマン業と両立させるコツが分かります

この資料をダウンロードすることで、リスクを出来る限り防ぎ、効率良く投資ができるようになります。 投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。 初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方は、ぜひダウンロードしてお読みください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。