• 資産運用
  • 2021/9/28

個人投資家とは?投資だけで生活するまでの4ステップ

個人投資家って、そもそもどういう人なのだろう……。
今の収入に投資の収入をプラスしたい……。
個人投資家になって投資の収入だけで生活できるようになりたい……。

皆さんは、投資で人生を豊かにしたいとお考えではありませんか?

「個人投資家」という言葉の響きには、豊かな生活をイメージさせる憧れのようなものをお持ちの方も多いと思います。
自分も投資をして、お金を増やしたいと思われている方も多いことでしょう。

「投資はお金持ちの人がやること」だと思っていませんか?

しかし、今では誰でも個人投資家になることができます!
誰でも、「投資収入生活」を手に入れることができる時代なのです。

「どうやったら、個人投資家になれるのか?」
「投資収入を増やして、最終的には投資収入だけで生活できるようになるのか?」

上記のような疑問を解決したい方のために必要な情報だけを、この記事1本で理解できるよう、コンパクトにまとめました。
本記事が、「個人投資家」に関する情報を知りたい方のご参考になれば幸いです。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)


これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

1、個人投資家とは?

個人投資家とは

「個人投資家とは?」
「個人投資家以外の投資家っているの?」

上記のような疑問を抱いてる方のために、本章では、そもそも「個人投資家」とはどのような人なのかについて、解説します。

(1)そもそも、個人投資家とは?

「個人投資家」とは、組織に属さず個人の資格で投資を行っている人のことです。個人の反対は、「法人」です。
証券会社や投資ファンドなど、「法人」として投資を行っている事業者(機関投資家ともいいます)と、対極の立場で投資活動をしている人を「個人投資家」といいます。

機関投資家が動かしている資金は、自分のお金ではありません。
顧客から預かったお金や調達したお金であり、そこから得られた利益から、自分たちの取り分を得るというビジネスモデルです。

それに対して、個人投資家は自分のお金で投資をしており、自分の資産を増やすことのみを目的として、投資を行っているところにも違いがあります。

(2)個人投資家の利益

個人投資家は、以下の2つから利益を得ています。

  • キャピタルゲイン(価格変動による差益)
  • インカムゲイン(配当や金利、家賃収入など継続的な収益)

まずは、不動産投資での収益モデルを計算してみましょう。

例えば、3,000万円の収益物件を保有していて、その物件の実質利回りが10%だとすると、年間の収益は300万円です。

不動産収入は、実質的な不労所得です。
本業を持っている人にとって、「年間で300万円の収入増」ということが、いかに大きな意味を持っているかは、容易に想像がつくと思います。

配当が3%の株式を、時価で500万円分保有しているとしたら、配当収入は15万円です。
この株式を、購入時より10%値上がりした時に売ることができれば、以下のような投資収益を手にすることが可能です。

  • 差益(キャピタルゲイン):50万円
  • 配当(インカムゲイン):15万円
  • 合計:65万円

(3)個人投資家が注目される理由

前項でも述べたように、投資による収入は、基本的に「不労所得」です。
「投資とはお金に働かせる事業である」という言葉があるように、お金自身を働かせることによって収入を得るので、本業を持っている人も簡単に参入することができます。

会社や職種によっては、副業が禁止されていることもあります。
しかし、投資による収入は不労所得であり、自分が働くわけではないので規制されません。

本業があっても簡単に参入できて、不安定で見通しが立ちにくいご時世において人生設計を立てるのに大いに役立つのも、多くの人が個人投資家に注目をする理由です。

2、個人投資家についての調査結果

個人投資家 調査結果

個人投資家の概要を理解したところで、個人投資家にはどのような人が多いのか、実態を見ていきましょう。

今回、個人投資家について紹介する内容は、以下の通りです。

  • 株式市場における個人株保有率
  • 年齢
  • 収入
  • 資産保有額
  • 同株保有年数

今回は、日本証券業協会日本取引所グループから発表されている調査結果を参考に、解説します。

(1)株式市場における個人投資家数

日本取引所グループが2021年に発表した、「2020年度株式分布状況調査の調査結果について」によると、株式市場における個人株主の数は、約5,981万人です。
(各上場会社の株主数を単純に合算した「延べ人数」を用いているため、正確な数字ではありません。)

個人株主の数は、7年連続で増加しており、個人投資が注目されていることがわかります。
1人の株主が複数銘柄保有していることがあるため、一概には言えませんが、大まかに日本人の2人に1人以上は、個人資産家ということになります。

(2)個人投資家のプロフィール(年齢・年収・職業)

どれくらいの年齢で、どれくらい稼いでいる方が個人投資をしているのか、気になるところですよね。

日本証券業協会の「個人投資家の証券投資に関する意識調査」によれば、個人投資家の年齢層は以下の表の通りです。

年齢割合
20~30代14%
40代17.2%
50代17.3%
60代23.8%
70代27.8%

60代以上の個人投資家が、51.6%と全体の半数を超えており、個人投資家に高齢者のイメージを重ねている方が多いと思います。
データを見ても、上記のようなイメージが裏付けられていることが分かります。

次に、個人投資家の年収の分布は以下の表の通りです。

年収割合
300万円未満45.1%
~500万円未満24.7%
~700万円未満14.2%
~1,000万円未満10.2%
1,000万円未満5.8%

年収は、「300 万円未満」が 45.1%と最も多く、「〜500万円未満」(24.7%)を含めると、7 割近い(69.8%)ことがわかります。

推計の平均年収は 、約423万円程度となりました。

500万円未満までのカテゴリーを合計すると、70%近くとなり、大多数です。
個人投資家というと「お金持ち」のイメージがありますが、年収でみると、500万円までの人が大半であるということが分かりました。

標準的なサラリーマンの収入であっても、個人投資家になるハードルはとても低いといえるでしょう。
むしろ、そのような人ほど、投資での収入をプラスすることに意義があるともいえます。

一方で、1,000万円以上という高収入属性の人が6%近くもいることも、個人投資家ならではの傾向として見ることができます。

最後に、個人投資家の職業に関する統計は、以下の通りです。

個人投資家のプロフィール
出典:「個人投資家の証券投資に関する意識調査(概要)

職業は「無職・年金のみ」が23.1%、「管理職以外の勤め人」が21.4%、「専業主婦・ 主夫」が18.3%の順に多いです。

上記の統計結果から浮かび上がるのは、副業で個人投資家をしている人が大半で、全体的な年齢層は高めという人物像になります。

(3)個人投資家の同株保有年数

個人投資家が株を購入後、どのくらいの期間保有しているのかという点は、気になるところですよね。

(2)と同じく、日本証券業協会の「個人投資家の証券投資に関する意識調査」を参考に、年齢別の平均保有期間の分布をみてみましょう。

個人投資家の同株保有年数

出典:「個人投資家の証券投資に関する意識調査(概要)

全体の保有期間は、「10年以上」が25.3%、約4割(43.0%)が5年以上保有しているという結果になっています。
推計の平均保有期間は、59か月(4年11か月)です。

3、個人投資家になって投資収入を手に入れる4つのステップ

個人投資家になって投資収入を手に入れる4つのステップ

「今の収入にプラスできる副収入が欲しい……。」
「投資だけで生活をして自由な生き方を手に入れたい……。」

投資の目的はさまざまですが、個人投資家になって、今の生活を豊かな方向に変えたいという願いは同じでしょう。

本章では、そんな個人投資家の生活を手に入れるまでの4ステップを解説します。
今回紹介する4つのステップは、以下の通りです。

  • (1)まずは「投資家」になる
  • (2)投資で着実に資産を増やす
  • (3)高額商品への投資に進出する
  • (4)個人投資家を職業にする

(1)ステップ1:まずは「投資家」になる

投資で収入を得るようになるには、投資をしなければ何も始まりません。
まずは、投資をしてみることが重要です

投資家になること自体は、とても簡単です。
最も少額で始められる投資の筆頭格といえばFXなので、FX取引会社に口座を開設して、外貨取引を始めた時点で投資家になることができます。

証券会社のミニ株や、少額から始められる投資信託などでも同じです。
理論上は1,000円未満からでも始めることができるので、まずはFXや株を前提に取引口座を開きましょう。

(2)ステップ2:投資で着実に資産を増やす

本業を持ちながらの投資生活なので、投資が本業に影響を与えるほどのめり込む必要はありません。
指値注文や自動売買ツールなどが発達しているので、こうしたツールをうまく活用しましょう。
可能な限り、コンピューターに任せっきりにできる投資環境を構築するのが、個人投資家が投資を長く続けるコツです。

いきなり一獲千金を狙うのではなく、毎月1万円増やすといった具合に、身の丈にあった目標を立てて、コツコツと利益を積み上げていくのが最も安全確実です。

本業からの収入を貯金の感覚で少しずつ投資に回しましょう。
投資で増やした資産と合わせて、無理のないペースで5年計画や10年計画というように、資産を増やしていきましょう。

(3)ステップ3:高額商品への投資に進出する

投資金の規模が500万円、1,000万円というまとまった金額になってくると、以下のようなさまざまな投資商品の選択肢が増えます。

  • 投資信託の中でも実勢価格が高いもの
  • 株価の高い個別銘柄
  • 不動産投資 など

投資金が大きくなればなるほど、投資の収益が向上するというのは、投資の基本です。

ゼロから始めてこの域に達するには少なくとも5年から10年を要するでしょう。
しかし、仮に35歳で始めていれば、45歳までにこの域に達することができるので、決して遅すぎるタイミングではありません。

(4)ステップ4:個人投資家を職業にする

個人投資家が目指す最終的なゴールは、「投資収入だけで生活する」ことでしょう。
実際問題として、このレベルに達するにはどれだけの資産規模が必要なのでしょうか。

「投資だけで年収500万円」を得ることを目標に、計算してみましょう。

株の平均配当が約1.6%なので、標準的な配当の株を保有し続けて年収500万円に達するには、3億1,250万円分の株が必要です。
以上の場合、標準的な収入レベルの人が、株で年収500万円に達するまでには時間が足りないかもしれません。

株ではなくもっと利回りの良い投資商品にも目を向けてみましょう。

投資信託の中には、3%程度の運用成績が出ているものもあります。
不動産投資だと、8%や10%といった利回りを稼ぎ出すことも可能です

3%の運用ができる投資信託であれば、必要な資産額は1億6,666万円、利回り10%であれば5,000万円といった具合です。
8%や10%で利回りを稼げるようになってくると、いよいよ投資収入生活が現実味を帯びてきます。

上記の計算では、「年収500万円」を想定していますが、老後の年金がある生活環境だとベースとなる収入があるので、「年収300万円」で良いという場合もあるでしょう。

年収300万円を得るために、利回り10%の不動産投資をするのであれば、投資金額は3,000万円あれば達成できるので、やはり不動産投資の優位性はここでも発揮されています。

不動産投資の利回りについて詳しくは、「不動産投資なぜ注目されている?|鍵となる「利回り」とは」こちらを合わせてご参考ください。

4、投資だけで生活したい個人投資家にオススメな投資!

投資だけで生活したい個人投資家にオススメな投資!

投資だけで生活したいと思っている個人投資家には、「不動産投資」がおすすめです。

前章「3、個人投資家になって投資収入を手に入れる4つのステップ」で紹介した通り、不動産投資の利回りは他の投資方法と比べても高いことが特徴です。

不動産投資は、第三者に貸し出して家賃を徴収したり、不動産を売却したりすることによって、利益を生み出します。

不動産投資の賃料収入だけで自由な生活を手にすることに、誰もが憧れがあるのではないでしょうか?

不動産投資家について、「不動産投資家への最短4ステップと参考にしたい5人の投資家」こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてご参考ください。

5、テーマ別オススメ個人投資家ブログ10選

テーマ別オススメ個人投資家ブログ15選

投資を始めようと思っている方には、実際に投資をしている個人投資家の声を参考にしたいですよね。
本章では、テーマ別に個人投資家たちのブログを紹介します。

(1)億単位の資産を持つカリスマ投資家ブログ

すでに億単位以上の資産を投資によって稼ぎ出し、カリスマと呼ばれる人たちのブログやツイッターアカウントです。
こうした人たちのブログは、個々の売買報告よりも収支の報告や相場観、自身の思いなどを綴っているのが特徴です。

具体的な投資術を学ぶというより、個人投資家としての生き方や考え方を知るのに役立つでしょう。

①2525の相場観 

2525の相場観 

https://2525soubakan.com/

②テスタの株日誌-目指せ利益20億円!

http://blog.livedoor.jp/tesuta1/

③東証Project

http://blog.livedoor.jp/love_aeria/

④専業投資家DAIBOUCHOUの軌跡 

http://daiboucho.seesaa.net/

⑤cisさん(ツイッター)

https://twitter.com/cissan_9984?lang=ja

(2)日々の投資報告が参考になる投資家ブログ

主に株式投資をしている個人投資家を中心に、日々の投資成績や保有株式などを報告しているブログです。
実際に個人投資家がどんな売買を行っているのか、どの程度の頻度で売買をしているのか、といった日常を垣間見ることができるでしょう。

①のりぞーの目指せ壱億円!

http://blog.livedoor.jp/norizou2005/

②☆Harvey☆のHappy Value Life♪ 

http://blog.livedoor.jp/harvey_1/

③株でサラリーマン卒業 

http://kablog.doorblog.jp/

④カヲルの新世紀投資

http://777oku.seesaa.net/

⑤サラリーマンのバリュー投資日記

http://blog.livedoor.jp/kabu2013/

(3)投資家になりたい人が知っておくべき知識が満載のブログ

日々の投資報告に加えて、それぞれの投資家が持っている投資哲学や知識、特に初心者が参考になるようなレクチャー記事をアップしているブログです。
人気を集めている投資家ブロガーも含まれているので、文章の分かりやすさも秀逸です。

①FXだけで生活しちゃおー 

http://fxgaitame1.blog89.fc2.com/

②1億円貯めて会社をスパッと辞めるブログ 

 

https://1okutameru.com

③FXブログ|プロニートORZが億稼ぐ! 

http://xn--fx-ph4angpet59xn23a.jp/

④ANGO|アンゴウ

http://investor-a.com/

⑤億トレーダーぐらわんのデイトレ収支報告! 

https://ameblo.jp/gura27

まとめ

個人投資家についての理解は深まりましたでしょうか?

個人投資家とはどんな人たちなのか?実際のところ収入は?といった疑問にお答えしながら、個人投資家になるための方法を段階別に解説してきました。
個人投資家というと、一部の資産家を指しているようにお感じの方も多かったかもしれません。
しかし、個人投資家は意外に身近な存在で、誰にでもなれるものであることを実感していただけたのではないでしょうか。

最終的なゴールである「投資収入生活」を手に入れるのであれば、少しでも早いスタートが成功率を高めます。まずはできることから始めてみましょう!

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。