• 不動産投資
  • 2019/5/20

仲介手数料は値引き可能?不動産売却の「費用を無料」にする方法も

不動産の売買をする時にかかる費用の1つに「仲介手数料」があります。

その意味や手数料の相場、計算方法や支払い時期、支払いが不要な場合、最近増えている仲介手数料が無料のケースについて見ていきましょう。

・不動産売却の「仲介手数料」の仕組み

「仲介手数料」とは、不動産を売買・賃貸する際に不動産仲介業者に対して支払うお金のことをいいます。

仲介手数料はあくまで成功報酬です。そのため、契約が成立しなかった場合には支払う必要はありません。

不動産を仲介業者経由で売買する際に、仲介業者が1社の場合は仲介業者は売り主と買い主の両方から仲介手数料をもらうことができます。

業界では「両手」と呼ばれていて、仲介業者としては一番ありがたいケースです。

また売り主と買い主のそれぞれから仲介手数料をもらう2社の場合もあり、これは業界では「片手」と呼ばれています。

・仲介手数料の計算方法は?

では、仲介手数料は、どのように算出するのでしょうか?

仲介手数料は法律により、売買金額の以下のパーセンテージが上限とされています。

例えば、900万円のワンルームマンションを購入した際の仲介手数料の上限は、900万円×3%+6万円で33万円(税別)になります。

なお、法律で定められているのはあくまで「上限」のみです。

そのため、900万円の物件の場合であれば、仲介手数料は20万円でも10万円でも法律上は問題ありません。

仲介手数料については、以下に物件価格別で仲介手数料の上限を計算した一覧表を掲載したので、参考にしてみると良いでしょう。(物件価格は、非課税の新税率で計算)

スクリーンショット 2014-09-29 19.28.46

なお、仲介手数料を算出する基礎となるのは消費税を含まない売買価格になりますが、たまに税込のケ-スもあります。

土地建物合わせた物件価格6500万円(税込)のうち土地価格は3800万円(非課税)の戸建て住宅を不動産仲介業者経由で購入した場合の仲介手数料を見てみましょう。

これは売り主が個人ではないケースなので、建物に消費税がかかることになります。

[計算方法]
建物価格(税抜き)
(6500万円-3800万円)÷1.08=2500万円

取引価格(税抜き)
2500万円+3800万円=6300万円

仲介手数料
(6300万円×0.03+6万円)×1.08=210万6000円(税込)

なお一般的には契約締結時に仲介手数料50%を支払い、引き渡し完了時に残りの50%を支払うことが多いようです。

・不動産売却「仲介手数料無料」はどうなのか?

仲介手数料は、場合によっては、多少の値引き交渉することも可能です。例えば、仲介業者が売り主と買い主と取引をしているのであれば、仲介手数料が交渉しやすくなるでしょう。

ただ、手数料が安いから必ずしもよい業者とは限りません。

また最近では、買い主の仲介手数料を「半額」もしくは「0円」にする不動産仲介業者が増えています。

仲介手数料は、あくまでも法律で上限金額を決められているだけなので、不動産仲介業者は仲介手数料を半額にしたり、0円にしたりすることができます。

これは、コスト削減や仲介業者が自社のみで売り主、買い主から手数料を受け取れる場合に売り主からだけ手数料をもらい、買い主は無料にするといったことなどによって実現しています。

手数料が無料の仲介業者が必ずしも信用が置けないというわけではないですが、メリットのある会社とは限りません。

手数料以外の話も、しっかりと聞いて吟味することが大切です。

・不動産売却「仲介手数料」割引or無料で売るサービスとは

売却仲介手数料がすべて割引または無料で売却できる「REDS(レッズ)というサービスがあります。

運営元は、東証一部上場ヒノキヤグループの子会社である株式会社不動産流通システムが担っており、企業としても安心・信頼を置けます。

納得できる買い手を待てるため、希望額で売却しやすい、専門的な契約ややりとりはREDS(レッズ)のコーディネーターが担当するなどメリットが大きいです。

このようなサイトを利用することで少しでもより高く売るチャンスを手にすることができるでしょう。

・不動産売却の悪徳業者には注意しよう

不動産の売買は、一般的に宅建業法の定めに従って取引を行われます。一方で、残念ながら不動産仲介業者の中には悪徳な会社もあります。

そうした会社にだまされないようにするためにも仲介手数料について正しく理解することが大切です。

【不動産投資の忘れがちなポイントをおさらいしよう】

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

皆様からのコメント

「仲介手数料は値引き可能?不動産売却の「費用を無料」にする方法も」に対する1件のコメント

  1. 千様

    弊社のサイトをご覧頂き誠にありがとうございます。
    頂いております質問の確認ですが、
    お支払いした10%というのは、物件のご成約価格の10%でしょうか?

    ご返信お待ちしております。

コメントは受け付けていません。