• 資産運用
  • 2018/6/4

定番から低位株、AI・RPA関連まで、ロボット銘柄の値上がり期待株13選

株式投資は「今は安い銘柄を買って大化けを期待する」のが王道です。そのためには次世代の成長分野から物色するのがセオリーですが、ロボット関連銘柄はその中の有力な選択肢です。

ロボットというと、日本のお家芸として知られている分野です。古くから日本はロボット産業大国として、国内には多くのロボット関連の優良企業があります。その有望性はもちろん、株式投資での銘柄選びにも言えることです。

そのため、すでにロボット関連にはすでに大化けしている銘柄がいくつもあります。それゆえに、これからの大化けにも期待が高まります。 

ロボット関連には、

  • AI(人工知能)
  • RPA(ロボットによる業務自動化)など、

今後ますますホットワードになりそうな分野も含まれているため、株式投資家からの注目もどんどん高くなっています。

そこで投資家のためのメディア「不動産投資の教科書」では、これから大化けが期待できるロボット銘柄を、

  • 定番
  • 出遅れ銘柄
  • そしてAIRPA関連

という3のカテゴリーに分けてご紹介していきたいと思います。

ロボット銘柄で大化け相場に乗りたいという方は、どうぞご期待ください! 

1、大化け銘柄が続出?ロボット銘柄の世界

すでに大化けを果たしたロボット銘柄をいくつかご紹介します。なぜロボット銘柄が大化けしているのかという理由から、今後の展望もしてみましょう。

(1)すでに大化け銘柄が飛び出しているロボット関連銘柄

ロボット銘柄はただでさえ注目が集まりやすい分野であり、該当する銘柄の中で好材料が見られる企業の株は買いが集まりやすい地合いになっています。その流れに乗って大化けを果たした2つの銘柄を見てみましょう。

ひとつめは、ヒューマノイド(人型ロボット)の開発力に定評のある川田テクノロジーズ(3443です。 


出典:みんなの株式(川田テクノロジーのチャート) 

次に、AIとロボット工学の高い技術力を持ち、本格的なロボット銘柄として知られるキーエンス(6861です。 


出典:みんなの株式(キーエンスのチャート)

どちらも安定的な上昇を演じていますが、2つ目のキーエンスではその動きがより顕著です。どちらもロボット技術やAIなど「ロボット銘柄」にカテゴライズされる技術が有望視されている企業なので、この大化けは必然と言えるでしょう。

(2)ロボット関連銘柄が大化けしているワケ

前項のような大化けロボット銘柄は、他にもあります。他の業種よりも大化け銘柄が誕生しやすいことは間違いのないところですが、それはなぜでしょうか。

ロボット銘柄が有望視されている最大の理由は、人口減少による人手不足という産業構造全体の問題です。人手が足りないのであればロボットに担ってもらいたいと考えるのは自然な流れなので、その技術や製品を供給するロボット銘柄に買いが入りやすくなっています。

特に医療や介護、製造業、建設業などの分野で人手不足が深刻になっており、こうした分野で活躍できるロボットの開発企業は当然ながら買われやすくなります。

それ以外にもAIの進化や自動運転の実用など、成長余地がとても大きいのがロボット銘柄全体に対する追い風となっています。 

(3)ロボット関連の大化け銘柄はこれからも誕生する

成長分野のひとつとして、ロボット銘柄はこれからも成長が続くでしょう。その中からは大化け銘柄が誕生することも、間違いないと思います。では、どの銘柄を買えば大化け相場に乗ることができるのか?

その見つけ方や具体的な銘柄については、順を追って解説していきますので引き続きお付き合いください。 

2、ロボット銘柄がアツい5つの理由

ロボット銘柄がアツいと言われる理由を、5つの理由に整理して解説します。

(1)人手不足の解決策としてロボットが期待されている

人口減少による労働力人口の減少は日本経済に大きな影響を及ぼすと言われていますが、実はこの問題は日本だけのことではありません。少子化は多くの先進工業国で進行しており、今後新興国などの間にも広がっていくと見られています。

その未来を見据えて、労働力不足の解消にロボット技術は決定的な解決策として期待されています。また、ロボットによる労働力は低コストでリスクが低いため、労働力不足以外にもロボットを積極的に導入したいという現場は多く、今後ロボット需要が増えることはあっても減ることは考えられないでしょう。 

(2)世界中で産業用ロボットの稼働台数が増えている

世界全体で、産業用ロボットの稼働台数が年々増えています。しかもそのスピードはより速くなっているので、それだけロボットの需要があるということです。もちろんロボットだけでなく、ロボットを開発する技術や部品など関連するさまざまな分野にもその需要が波及するので、それらに関わるロボット銘柄には追い風となります。

こちらは世界ロボット連盟という団体がまとめた、産業用ロボット稼働台数の一覧です。

出典:世界の産業用ロボット稼動台数

日本は微減ですが、その他の国々では飛躍的に稼働台数が増えていることが見て取れます。これだけ需要の足腰が強ければ、そう簡単にロボット銘柄が総崩れになることは考えにくいと思います。

(3)労働問題の解決にAIRPAの市場が拡大している

労働力不足を解決するために、働き手としてのロボットに期待するのは自然な流れです。AIは人間の代わりに考える労働力として期待されていますし、RPAは「ロボットによる業務の自動化」として従来人間が担ってきた業務を自動化する技術として大いに期待されています。

これらの技術を取り扱う企業もロボット銘柄に含まれるため、そのすそ野はとても広く、そして有望であると考えて良いでしょう。

(4)成長分野として政府も後押しをしている

日本経済の継続的な成長のため、政府はいくつかの成長分野をピックアップしてそれを後押しする政策をとっています。もちろんその中にはロボット産業も含まれており、例えば国土交通省が推し進める「i-Construction」という計画は労働力不足の解消にAIやロボットの活用が前提となっており、こうした計画がさまざまな分野で策定されています。

国からも追い風を受けて、ロボット産業の本格的な成長はまだまだこれからです。

(5)日本はロボット産業大国である

先ほどご紹介した「世界のロボット産業用ロボット稼働台数」の表を、再度見てみて、あることにお気づきではないでしょうか。その答えは、現在ではなく過去の数値にあります。

日本以外の各国はどんどん産業用ロボットの数を増やしていますが、日本はそうなる前からダントツの稼働台数を誇ってきました。1985年の数字を見るとその突出ぶりが見て取れます。しかも、2015年は前回より少し減らしたとは言え、依然として稼働台数トップです。

これを見てもお分かりのように、日本は古くからロボット産業大国なのです。当然ながら技術レベルやノウハウの蓄積においても世界トップクラスです。日本の株式市場は、最もロボット銘柄の豊富な市場と言っても過言ではありません。 

3、編集部厳選、今後大化けが期待されるロボット銘柄5

それではお待たせしました、「不動産投資の教科書」編集部が厳選したロボット銘柄のうち、まずは定番・本命と言われる銘柄を5つご紹介します。

(1)安川電機(6506

産業用ロボットのトップメーカーとして知られる大手です。あまりにも有名なのですでに株価も上昇しており、定番中の定番です。 


出典:みんなの株式(安川電機のチャート) 

(2)ファナック(6954

工作機械のトップシェア企業で、多関節ロボットに強みを持ちます。前項の安川電機を含む世界4台産業用ロボットメーカーの一角をなします。当然ながら株価にも反映しており、すでに高値推移です。 


出典:みんなの株式(ファナックのチャート)

(3)ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324

社名にもなっているハーモニックドライブとは、ロボットの関節部品のことです。この部品に特化した強みを持ち、世界的なシェアを誇ります。JASDAQ上場銘柄なので新興市場ゆえの成長余地があるかも知れません。


出典:みんなの株式(ハーモニック・ドライブ・システムズのチャート) 

(4)ユーシン精機(6482

プラスチック射出成形品の取り出しロボットのトップシェアを持つ企業です。

優良ロボット銘柄であるにもかかわらず、知名度の問題か株価に若干の出遅れ感があります。 


出典:みんなの株式(ユーシン精機のチャート)

(5)不二越(6474

産業用ロボットの大手です。富山発祥の企業で長らく富山に本社があったのですが、本社を東京に移転し営業力強化を図る組織の刷新が進行中です。その分の出遅れ感と上昇余地に期待できそうです。


出典:みんなの株式(不二越のチャート)

4、まだまだある、大化け期待のロボット関連銘柄5

まだまだあるロボット銘柄の中から、ここでは低位株や出遅れ株、さらには関連の薄さゆえに出遅れている銘柄を中心に大化け期待の銘柄を5つピックアップしました。

(1)CYBERDYNE7779

今後ロボットの活躍が期待される医療分野でのロボット開発に強みを持つ企業です。商材自体の強みは揺るぎのないところですが、株価は出遅れ気味です。


出典:みんなの株式(CYBERDYNEのチャート) 

(2)菊池製作所(3444

同社の強みは、何と言っても介護用ロボットです。今後需要増が見込まれる分野にチャレンジしている企業ということで補助金の支給対象になっていることも買い材料。生産力の低さが課題で株価も伸び悩んでいますが、生産力の拡大が実現すれば大化けの期待が高まります。 


出典:みんなの株式(菊池製作所のチャート)

(3)ヒーハイスト精工(6433

ヒューマノイド開発に欠かせない2足歩行ロボットの部品製造に高い技術を持つ企業です。2足歩行ロボットの需要は今後本格的な拡大が見込まれるだけに、現在は一服している相場に上昇の余地が見込まれます。


出典:みんなの株式(ヒーハイスト精工のチャート)

(4)セック(3741

ロボットを制御、コントロールするためのソフトを開発している企業です。ミドルウェアの開発に強みを持っており、今後の需要拡大に乗れるかがポイントです。 


出典:みんなの株式(セックのチャート)

(5)マミヤ・オーピー(7991

もともとはパチンコ関連の機器メーカーですが、パチンコの需要減に対応してロボット分野を強化中です。開発力に定評があることから一時的な急上昇があったものの現在はもとの水準に戻っており、再びあの上昇劇を演じられるか?


出典:みんなの株式(マミヤ・オービーのチャート) 

5、AIRPAなどホットワードに関連する銘柄3

労働力不足や業務改善という今後の社会情勢に欠かせないAIRPA分野の銘柄を3つピックアップしました。

(1)RPAホールディングス(6572

同社のRPAソリューションである「SnycRoid」が主力製品で、業界トップシェアを誇ります。これを武器にRPAの筆頭企業となるべく躍進中です。ソフトバンクと提携しており、さらなる上昇余地はかなり大きいと見られます。

東証マザーズに上場したばかりなのでチャートは掲載しませんが、すでに株価が15,000円台に乗せていることからRPA銘柄の本命です。 

(2)コムチュア(3844

企業に対するRPAの導入支援を行うソリューション企業です。投資家からの注目度も高く、すでに本格的な株価上昇が始まっています


出典:みんなの株式(コムチュアのチャート)

(3)FRONTEO2158

AIの開発を得意とする企業で、KIBIT」というAI主力製品です。人工知能+ロボットという組み合わせで市場が拡大するにつれて同社の役割も大きくなります。


出典:みんなの株式(FRONTEOのチャート)

まとめ

ロボット産業や市場、社会構造の変化などさまざまな視点からロボット銘柄に買いが集まる理由を解説してきました。「それなら自分も早く買っておきたい」と思われた方も多いと思います。

冒頭から述べているように、すでにロボット銘柄への関心度は高く株価の上昇も始まっています。ここでご紹介した中にはすでに上昇トレンドに入っている銘柄も少なくないので、ロボット銘柄での大化けを期待するのであれば早め早めの参戦をオススメします。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

今だけ限定公開中!初心者が知っておくべき不動産投資の全知識(無料ダウンロード)

こちらは、不動産投資初心者のあなたのための教科書です。
不動産投資はとても高額な投資です。間違った知識で行えば、あなたの資産はすぐに消え失せてしまうでしょう。 そこで、私たちが普段お客様と直接やりとりする中で、必ず押さえておくべきだと痛感している内容を一冊にまとめました。

  • 基礎知識が身につくので、安心して不動産投資を始められます
  • 信頼できる不動産投資会社を見極められるようになります
  • 自分に一番合った物件を探せるようになります
  • 不動産投資をサラリーマン業と両立させるコツが分かります

この資料をダウンロードすることで、リスクを出来る限り防ぎ、効率良く投資ができるようになります。 投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。 初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方は、ぜひダウンロードしてお読みください。

皆様からのコメント