• 不動産投資
  • 2019/4/25

なぜ不動産投資を学ぶには「e-Book」ではなく「本」の方が良いのか

不動産投資,本

将来のために、若い内から不動産投資に取り組もうと考えている人も増えています。とくにサラリーマンの場合、返済期間が30年前後であることを考えれば、できるだけ早い時期に着手した方が望ましいでしょう。

また自分で学ぶために不動産会社が提供している「e-Book」を入手している人も多いのではないでしょうか。

しかし、体系的な知識が必要となる不動産投資がe-Bookで学ぶだけでは不十分です。なぜe-Bookではなく本の方が良いのかを見ていきましょう。(山中勇樹・フリーライター)

不動産投資では知識が不可欠

不動産投資本来の安定性・堅実性を享受するためには、不動産投資の全体像を知り、適切な物件を選ばなければなりません。

そのために必要なのは体系的な知識です。

不動産投資に関する体系的な知識を有していなければ、適切な物件に投資できず、正しい運用もできないでしょう。

では、どうすれば体系的な知識を得ることができるのでしょうか。

投資家予備軍の中には、不動産会社が提供しているe-Bookで学んでいる人も多いようです。しかし、e-Bookから学ぶだけでは、体系的な知識を身につけることはできません。

それはなぜか?理由は、e-Bookが提供されている理由にあります。

e-Bookと本の明らかな違いとは?

一般的な書籍と比較して、e-Bookというのは、不動産会社が自社の都合で提供しているものです。

その都合とは、具体的に言えば宣伝であり集客です。

具体的には、不動産投資への興味を喚起し、見込み客へとつなげる役割を担っているのがe-Bookなのです。

そのためe-Bookではなく、一般的な書籍を読むことをオススメします。ものにもよりますが、書籍は単純な宣伝や集客に利用されるものではありません。

あくまでも、コンテンツとしての価値が前提となっており、それが書籍の売上につながっています。

不動産投資でオススメの入門書3選

では、具体的に、どのような書籍を読めばいいのでしょうか。入門書として筆者がオススメするのは、以下の3点です。

(1)『ポケット図解 不動産投資がよ~くわかる本』浅野啓太

不動産投資の全体像を体系的に学べる書籍です。非常にわかりやすいだけでなく、不動産投資コンサルタントという第三者的な立場で書かれていることも評価できます。

(画像=amazonより)

(2)『不動産投資の学校[入門編]』日本ファイナンシャルアカデミー

教科書的に不動産投資について学びたいのならこの書籍がオススメです。広く全体が網羅されています。また、実践編もあるため、合わせて読むことを推奨します。

(画像=amazonより)

(3)『いちばんやさしい不動産の教本』林秀行

直接的な不動産投資本ではありませんが、不動産というものを知ることができる良書です。投資という側面だけでなく、不動産の本質を知るために読み込んでおきましょう。

(画像=amazonより)

大事なのは複数の書籍を読むこと

書籍を選ぶ際には、「フラットな視点で書かれているか?」「第三者の立場から解説しているか?」「宣伝や集客ではなくコンテンツとして優れているか?」という点を重視してください。

そうすることで、e-Bookのような企業の戦略的媒体による偏った情報収集を避けることができます。複数の書籍を読み、通底する不動産投資の本質を学んでいきましょう。

【不動産投資で抜けがちなポイントも確認しよう】

【不動産投資の失敗事例】期待していた家賃が入ってこない!
不動産投資「12のリスク」と「払わなくても良い費用」とは?
【不動産投資の失敗事例】外観だけで決めた物件はシロアリだらけだった……
ありがちな「6つの実例」から見る不動産投資の失敗を回避する方法
40代から始める不動産投資【事例編 1】老後資金の確保は貯蓄ではなく不動産で

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

皆様からのコメント