• 不動産投資
  • 2019/6/14 (更新日:)

テレビ局が「不動産を購入」して大家になる理由とは

ビルオーナーとしてテナントに場所を貸して賃料を稼ぐというビジネスモデルは、ディベロッパー・不動産会社・古くからの駅前ビルオーナーのイメージが強いのではないでしょうか。

実際、多くの場合そうなのですが、実は大手テレビ局、お笑いに強い事務所、メーカーや商社などの大企業も多くの不動産を所有し、大家となっています。

それは一体何故なのでしょうか?理由も合わせて見ていきましょう。(尾嵜豪・不動産コンサルティングマスター、ウィンドゲート代表取締役)






不動産投資で成功するための最高の入門書
プレゼントキャンペーン中!

\税込¥1,628の書籍を/
無料プレゼント!!
  • Amazonベストセラー第1
  • 大手町・渋谷・池袋など
    都内主要書店で第1
不動産投資を成功させるためには何を
知っておくべきか?

不動産投資をはじめるにあたり、
絶対に知っておきたい知識から実践的な
内容までを広くカバーした書籍です。

  • 初心者に多い不動産投資7つの誤解
  • 優良物件の選び方の原則
  • 誰も教えてくれない!成功する買付・融資の方法

巻末付録には不動産投資の教科書編集部が厳選した
「良質な不動産投資会社」12社を掲載!ぜひお読みください!

メールアドレス
お名前
住所
お電話番号
個人情報取扱について 同意する
*お申し込みにはこちらのチェックが必要になります プライバシーポリシーを必ずご確認ください

・なぜテレビ局やメーカーが不動産業に参入しているか

メーカーなどのようにモノを作らないサービス産業にとって、安定した利益を出し続けるのは、とても大変なことです。

例えばレコード会社だと新しいアーティストを売り込む為に多くの経費をかけるものの、新曲が何枚売れるのかは、リリースをしてみないとわからないでしょう。

プロダクションの場合、タレントがブレイクするのは、数十組に1組でしょうし、テレビ局はスポンサー収入に頼っているものの最近のテレビ離れで広告料の低下など経営が不安定になりやすい。

そこで波が大きくなってしまう本業の収益を安定化させるために、安定して賃料が入ってくるビジネスである、貸しビル業に参入していると言えるでしょう。

・最近は不動産事業をするベンチャーも増加

大手の企業や上場企業の場合は当てはまらないのですが、まだまだ成長途上のこれらの企業にとって、会社の運転資金や投資資金が必要となります。

しかしメーカーと違い今後の収益モデルが読みづらいうえに、モノという資産を持たないので担保に入れるものがなく、銀行融資が渋くなってしまう可能性も無いわけではありません。

急成長している時期に銀行融資額が低く抑えられてしまうと成長速度が遅くなってしまい、最悪の場合資金繰りがうまくいかず黒字倒産ということもありえます。

もし利益が出ているときに不動産を購入しておけば、資金が必要な時にそれを担保に融資を受けるという戦略をとることが出来るでしょう。

また、不動産には減価償却があります。

これは建物の購入時に一気に経費として計上するのではなく、建物の耐用年数に応じて経費化することが出来税の繰り延べができるという特徴があるため年度の税務上の黒字額を抑える効果もあります。

不動産の売却時には抑えた税額分が繰り延べられて税金を支払わなければならないのですが、本業が赤字の時に売却をすることによっていくらかは相殺できる可能性もあると考えられるでしょう。

・企業が不動産を購入しておいてよかった事例

納税のコントロールに関しては今後の法改正などの可能性もありあてにできない部分があるのですが、不動産相場が上昇したときに売却が出来れば、大きな収益を得られる可能性があります。

筆者が相談に乗っていた企業の場合は、相場が低い時期に購入したビルを本業で赤字になりそうな決算期に売却を試みました。

すると購入価格の約1.5倍で売却でき、赤字どころか過去最高益になり不動産のおかげで苦しい時期を乗り越えることができたのです。

・企業も不動産事業を有効に活用

もともと本業を補完するために始めた不動産事業の売り上げが、本業と変わらないぐらいになっているテレビ局もあります。

不動産事業を有効に活用することで、景気の波に負けない企業を作り上げることができます。

とはいえやみくもに買ってもうまくいきませんので経験豊かな不動産コンサルタントを活用するのが、今後ますます大切になる可能性が高いでしょう。

【不動産投資のマメ知識】

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。