• 仮想通貨
  • 2021/4/1 (更新日:)

仮想通貨のテクニカル分析とは?種類や使い方を解説!

  • テクニカル分析って何?
  • テクニカル分析はどうやってやるの?

仮想通貨に興味を持った方なら、誰でも一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか。
テクニカル分析は多くの投資家に利用されており、知っているのとそうでないのとでは運用結果に大きな差をもたらします。
テクニカル分析の種類と使い方を知って、トレードに活用できるようにしましょう。

1、仮想通貨のテクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去の値動きを記録したチャートから様々なパターンを参考に、今後どのように値動きするのか予測する分析方法のことです。

テクニカル分析は過去のチャートをベースにしているので、仮想通貨の相場や経済動向をこまめにチェックしていなくてもできる分析方法です。

仮想通貨の価格変動は純粋な需要と供給で決まります。
そのため、仮想通貨の価格が上下したとき、人は同じような行動を取るので、同じような値動きになる可能性が高いです。

ただし、必ずしも過去と同じ値動きをするとは限りません。
また、災害や経済の動向等による変動には対応できないデメリットもあります。

2、テクニカル分析で見るべきチャート

仮想通貨のテクニカル分析で基本的に見るべきチャートは、「ローソク足」と「抵抗線・支持線」の二つです。
それぞれのチャートについて解説いたします。

(1)ローソク足

Coincheckより引用)

1時間、1日、1週間、1カ月など、特定期間における値動きを示したチャートがローソク足です。形がろうそくに似ているところから名づけられました。

上記のCoincheckのチャートを見ると分かる通り、ろうそくの胴にあたる太い線と、その上下から伸びる細い線「ヒゲ」によって描かれます。

太い線は、始値と終値を示します。赤色(陽線)は、終値が始値より高かったことを示し、緑色(陰線)は、終値が始値より安かったことを表します。線の上に伸びるヒゲは最高値、下のヒゲは最安値を表しています。

ローソク足は一目で、その期間の値動きを把握できるので積極的に活用しましょう。

(2)抵抗線と支持線

(はなまるFXより引用)

抵抗線と支持線は、変化する価格ががどこまで上がるか、下がるかの目安になります。

仮想通貨の価格が上昇した後、ある一定のラインで反発して、下落に転じることがあります。この下落に転じた点を直線で結ぶと、上昇を抑えるような線が見えてきます。このラインが抵抗線です。

反対に、しばらく下落したチャートはどこかで上昇に転じますが、この上昇に転じた点を直線で結ぶと、下落を底支えするような線が見えてきます。これが支持線です。

3、テクニカル分析の種類

テクニカル分析には様々な手法があります。
テクニカル分析の手法はいくつかの系統に分類することができます。

(1)トレンド系分析

トレンド系分析とは、チャートの値動きの傾向を分析する手法です。
トレンドには3つの種類があります。

①上昇トレンド

値動きが右肩上がりで推移している状況

②下落トレンド

値動きが右肩下がりで推移している状況

③レンジ相場

一定の幅の間で上下を繰り返している状況

トレンド系分析では上記3つのトレンドのうちどの状況なのかを見分けます。
勢いのある上昇トレンドに乗ることができれば大きな利益が出やすいです。

(2)オシレーター系分析

オシレーター系は、ある仮想通貨への買い注文、売り注文の偏りに注目する分析です。
つまりは投資家の心理を読む手法になります。

投資家の基本的な考え方は、値上がりしそうだと考えれば多く買い、値下がりしそうだと考えれば売ります。

オシレーター系分析は、チャートを見て売り注文と買い注文が殺到する予兆をつかむのがポイントです。
トレンドが見れない場合にオシレーター分析は有効になります。

(3)フォーメーション分析

フォーメーション分析とは、チャートに表れる特徴的な形をもとに、その後の値動きを予測する手法です。
チャートが示しているのは取引の結果です。

そのためそこには投資家の心理が必ずかかわってきます。
そこには一定の共通性があるので、過去に似たような値動きをしたチャートをあてはめて値動きを予測することができます。

4、初心者がやってしまいがちなミスとは?

テクニカル分析はトレードを行う上で重要な分析ですが、テクニカル分析を使えば必ず成功するものではありません。

特に初心者の方はプロのトレーダーに比べて失敗する可能性も高いです。
ここでは初心者がやってしまいがちなミスや思考を解説します。

(1)テクニカル分析が確実だと確信する

さきほども言ったように、テクニカル分析をすればかならず利益が出るというわけではありません。
テクニカル分析のほかにもファンダメンタル分析などもあります。

テクニカル分析はあくまで判断材料の一つということをしっかりと認識しておきましょう。

(2)リベンジトレードに挑む

大きな損失をつくったしまった後に、それを取り返そうと焦ってトレードをするとさらに損失を増やす可能性が大きくなります。

トレードは常に冷静に、分析をして戦略を立てて挑むのが基本です。
焦っている時こそ、トレードから身を引いてゆっくり考えるのも重要です。

(3)他のトレーダーの戦略を過信する

プロトレーダーの戦略を真似すれば勝てると考えている方は大きな間違いです。
プロトレーダーは今までのトレード経験から様々な知識とトレード技術を蓄えています。
そのため、その戦略や考え方も人それぞれです。

その戦略の裏にある狙いや考えを知らずに、ただ戦略をまねするだけではまったく意味がありません。

他のトレーダーの戦略に興味を持つのは良い事ですが、なぜその戦略をとっているのか、どういう考えを持っているのかなど、背景の理論に注目して戦略を見るようにしましょう。

(4)トレード技術は日々の積み重ねで得るもの

トレード技術は、トレードをしていく中でコツコツと積み上げていくものです。
勝てるトレーダーになるには必ず時間と勉強が必要になります。

失敗を重ねる中で、なぜうまくいかなかったのか、戦略のどこがいけなかったのかを考えることを怠らなければ、徐々に利益が出せるようになっていくでしょう。

5、まとめ

テクニカル分析はトレードをする上で重要な手法ですが、必ずしも成功するものではありません。

テクニカル分析を上手に活用してトレーダーとしての経験を積んでいきましょう。
また、本記事をご覧の方で、そもそも仮想通貨についてまだ詳しく知らないという方は「仮想通貨の買い方は?購入までの流れや注文方法、注意点を詳しく解説!」も合わせてご覧ください。