• 不動産投資
  • 2019/3/7

【不動産投資セミナーの基礎知識】よいセミナー・悪いセミナーの見分け方

数多くある不動産投資のセミナーから、自分にあった内容のものを選ぶのは、手間がかかることかもしれません。もし間違った内容や質の悪いセミナーを選んでしまうと、時間のロスにもなります。そこで、今回は特に参加するのが初めての人やこれから検討している人に向けて、不動産投資セミナーの見分け方を解説していきます。(尾嵜豪・不動産コンサルティングマスター、ウィンドゲート代表取締役)

よい、悪いでは内容は大きく違う!

一般的に、よいセミナーといえるのは、その物件の利回りだけではなく、物件があるエリアの魅力や成長の可能性、建物のメンテナンス状況などをトータルで説明をして、物件の紹介をしてくれる内容のものです。こうしたセミナーでは、不動産投資の危険性や失敗例など、必ずしもうまくいかない可能性があり、それを回避するには、どうすればよいのかの方法も提示してくれたりします。

一方、悪いセミナーは、利回りがやたらとよいことや、その物件の魅力のみを語り続けるような内容のものです。例えば「利回り10%、5年間空室保証、セミナーのお客様限定の物件です! 先着〇名様」のようなキャッチコピーを掲げて、セミナー会場に商談スペースがあるような形式のセミナーです。

このようなセミナーで、数組のお客さんが商談スペースで相談を始めるようであれば注意しましょう。その人たちは仕込まれた客である可能性が高く、その様子に釣られてお客さんが来るように仕向けているからです。

まずは主催する会社を調べよう

では、どうやってセミナーの良しあしを見分ければよいのでしょうか?

まず、そのセミナーを開催している会社の実績を事前に調査しましょう。具体的には「会社のホームページがきちんと存在しているか」「会社の所在地は小さなマンションだったりしないか」「1000万円程度の資本金がある会社か」「社歴がある会社か」「代表者は、どんな経歴の人なのか」といったことを調べます。

次にセミナー講師のコラムやセミナー履歴などを調べます。そうすると、セミナー講師の不動産投資観や不動産市況の今後、おすすめの投資エリアなどが分かります。このような情報が全く出てこないような講師は、経験が未熟であったり、人前で表現するのが苦手であったりするので、少し割り引いて考えるとよいでしょう。

また、セミナーを受講した時にも見極める方法があります。

ポイントは「不動産投資が不動産の知識、法律の知識、金融の知識、建築の知識、管理の知識の総合物で、株や債券の代わりとなるものでない」ということを語っているかです。

不動産には不動産の付き合い方があります。それを前提にして成功例と失敗例を語っているとなおよいでしょう。加えて、不動産投資をして大家になれば、テナント(入居者)に対して責任が生じます。こうした人付き合い的な要素もあることを話してくれるのもよいセミナーといえます。

過剰なうたい文句には要注意!

悪いセミナーでは、例えば「成長性のないエリアの築古物件などをリノベーションすることで高利回り!!」などのうたい文句を掲げています。こうしたセミナーでは「表面利回りだけ」で、銀行の金利との違いをあおって、銀行に預けるよりも投資した方がずっとよいことを強調します。

不動産投資には諸経費が必要で税金もかかります。加えて、空室リスクや出口戦略も重要です。こうしたことを、きちんと説明を行わずに銀行の金利との違いだけであおってくるのは決してよいとはいえないのです。

また、高級なホテルの一室で行われ、ランチやディナー、お土産がついてくるようなセミナーも悪いセミナーである可能性が高いといえます。理由は、本当に内容がよい投資物件であれば、できるだけ経費をかけずに紹介した方がよいからです。そのため、経費をかけて雰囲気を過剰に作っているセミナーは、主催者が自分たちの大きな利益を見込んでいる可能性が高いのです。

本当によいセミナーとは……

まとめると、実績のある会社で、ごくごく普通の貸し会議室で開催し、経験ある講師が押し売りをすることなく物件を紹介し、不動産投資をビジネスとして考えてもらうような内容のものが、よい不動産投資セミナーといえるでしょう。説明してきたポイントを参考にして、自分に合った役立つセミナーをぜひ見つけてください。

【不動産投資セミナーの基礎知識】シリーズ
不動産投資セミナーとは何かを知ろう!
不動産投資セミナーの種類
不動産投資セミナーの探し方
無料と有料のセミナーはどう違う?
セミナーに参加するメリット・デメリット
気を付けるべき内容のセミナー

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

皆様からのコメント