• 不動産購入, 不動産購入とは
  • 2021/10/12

一人暮らしでも一戸建てを購入するメリット4選|向いてるのはこんな人!

一人暮らしだけど、一戸建て住宅に住みたいな……。

一人暮らしで一戸建て住宅に住むってあんまり聞いたことがないから、気が引けてしまう方もいるかもしれません。
ですが、人生において、一度くらいは一戸建て住宅に住むのが夢ですよね。

今回は、そんな一人暮らしだけど一戸建てに住みたい!と思っている方のために、

・一人暮らしで一戸建てを購入するメリット・デメリット
・一人暮らしで一戸建てを購入するのが向いている人
・一人暮らしで一戸建てを購入する際の注意点

以上の3点を、不動産についてのコンテンツを発信している当メディア「不動産投資の教科書」が紹介します。

 

こちらも併せてご覧ください。

不動産購入の流れと知っておくべき5つのこと

 

1、一人暮らしで一戸建てを購入するメリット・デメリット

アパートやマンションといった集合住宅が苦手だったり、一戸建て住宅に住んでみたいという願望を持っている方はいらっしゃいますよね。
実際、一人暮らしで一戸建て住宅に住むのは、有効な選択の一つです。

本章では、一人暮らしで一戸建て住宅を購入するメリット・デメリットを紹介します。

(1)メリット

一人暮らしで一戸建てを購入するメリットは、以下の通りです。

①音のトラブルが滅多にない

共同住宅では、上下階・隣人との生活音によってトラブルに発展しがちです。
一戸建て住宅であれば、トラブルの心配はありません。

②ペットの飼育ができる

一戸建て住宅であれば、ペットの鳴き音などを心配する必要がなく、ペットの飼育をすることができます。

③スペースに余裕が出る

一人暮らしで一戸建てに住む場合、スペースを広く使えることが多いです。
服や物が多い方でも、収納に困ることはないでしょう。
部屋数が多いので、一部屋を物を置くだけの部屋にすることも可能です。

④集合住宅のようにルールがない

集合住宅は複数の世帯で暮らすため、厳しいルールが存在します。
一戸建て住宅を購入すればそのようなルールに縛られて生活することはありません。

(2)デメリット

一人暮らしで一戸建てを購入するデメリットは、以下の通りです。

①金銭的な負担が大きい

部屋数が増えたり、広くなったりすることで、物件価格は当然上がります。
建物と土地を一人で購入することに加えて、毎月の水道代や光熱費などもあります。
さらに、設備等の維持費用も負担しなければなりません。
そのため、金銭的に余裕がないと、生活が苦しくなってしまうでしょう。

②掃除が大変

部屋数が増えたり、広くなったりすることで、掃除が大変になります。
部屋の掃除だけでなく、庭などの家の周りの掃除も必要になります。

③セキュリティが弱くなる

集合住宅に比べて、防犯カメラやオートロックなどの設備が充実していないため、セキュリティが弱くなります。
また、一人暮らしということがわかってしまうと、不在時に空き巣被害に遭う可能性が高くなります。
戸建て住宅に住むのであれば、防犯対策を一人でしなければいけません。

④近所付き合いが必要になる

戸建て住宅となれば、自治会などの参加や、ゴミの当番などといった近所付き合いが必要になる場合があります。
近所付き合いが面倒くさいと思う方には、デメリットとなるでしょう。

2、一人暮らしで一戸建てを購入するのが向いている人

一章では、一人暮らしで一戸建てを購入するメリット・デメリットを紹介しました。
本章は、そのメリット・デメリットを踏まえて、一人暮らしで一戸建て住宅に住むことが向いている人を紹介します。

(1)音を気にしたくない

・夜中に洗濯機や掃除機を使いたい
・知人を家に呼びたい
・楽器を使いたい
・ペットの鳴き声
・静かに暮らしたい

などといった、音を気にしたくない方は、一人暮らしでも一戸建て住宅を購入する価値はあります。

(2)在宅勤務

自宅で仕事をすることが多い方は、一戸建て住宅を購入して一部屋を仕事部屋にするということができます。
在宅勤務は、オンとオフのメリハリがつけにくいと言われています。
仕事部屋を一室作ることで、自宅でもメリハリをつけることができ、集中して仕事に取り組むことができるでしょう。

他にも、会社の事務所として使用することも可能です。自営業や個人事業を経営している方は、検討してみるのはいかがでしょうか。

(3)一人でも掃除やメンテナンスができる人

一人暮らしで一戸建て住宅に住むのは、掃除やメンテナンスが大変になります。
一人でも、部屋が多かったり広かったりする家を掃除できる方は、一戸建ての一人暮らしに向いていると言えます。

(4)ペットを飼う

一人暮らしの方の中には、ペットを飼いたいと思っている人も多いですよね。
共同住宅だと、ペットを飼うことができないけど、一戸建て住宅を購入すればペットを飼うことができます。
ペットを飼いたいと思っている方は、一人暮らしでも一戸建て住宅に住むと良いでしょう。

(5)物が多い

一戸建て住宅は部屋数が多く、収納に困ることはないでしょう。
服や本、アウトドア用品のような趣味のアイテムなどが多い方は、集合住宅などでは置き場所に困りますよね。
荷物が多くて困っている方は、一人暮らしの一戸建て住宅に住むことが向いていると思います。

また、一戸建て住宅の場合、駐車場がある場合が多いです。車やバイクなどを持っている方は、一戸建てに暮らすメリットを享受することができるでしょう。

3、一人暮らしで一戸建てを購入するポイント

一人暮らしで一戸建て住宅を購入するならば、注意点やポイントがいくつかあります。
物件探しの際に、ぜひ参考にしてください。

(1)部屋の広さを考える

どんな物件を選ぶ時でも、誰しもが広い住宅が欲しいと思ってしまうものです。
実際、部屋が広ければ、荷物も多く置けて、快適に暮らすことができます。
しかし、一人暮らしで一戸建てを購入しようとしている場合、必ずしも広ければいいとは限りません。

一人暮らしに対して、あまりにも部屋の数が多かったり、部屋が広すぎると、掃除が大変になります。最初の頃は頑張って掃除をしていたものの、住んでいくにつれて、少しづつやらなくなってきてしまう可能性があります。

一人暮らしで一戸建て住宅を購入するならば、自分に合った家の広さを選びましょう。

(2)平屋住宅

「(1)部屋の広さを考える」で紹介したように、一人暮らしで一戸建て住宅を購入するならば家の広さを考えなければいけません。

そこで、一戸建てに住みたい一人暮らしにぴったりな物件は、「平屋住宅」です。

日本の一戸建て住宅は、一般的に二階建ての住宅が多いですが、平屋住宅はワンフロアの住宅なので、掃除などの負担も減少します。
また、階段の行き来などがないため、家事や日常生活が効率的に過ごせます。

平屋住宅は、ワンフロアで広々とスペースを使った快適な生活を提供する住宅です。
一人暮らしで一戸建て住宅の購入を検討している方は、ぜひ平屋住宅も選択肢に入れてみてください。

(3)一戸建ての賃貸

単に一戸建て住宅に住んでみたいという気持ちで、必ずしも購入したいというこだわりがなければ、賃貸で一戸建て住宅に住むことをお勧めします。

一戸建て住宅には、住んでみなければわからない快適さや大変さがあります。
購入してから、「住んでみたら、思ったより掃除が大変でしんどい」という最悪なケースになることは避けたいです。

一戸建て住宅に住んでみて、自分に合うと思ってから購入を考えても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

メリットを最大限に享受できる方には、一人暮らしでも一戸建て住宅に住むのは、有効な選択のひとつということがわかります。

本記事が、一人暮らしで一戸建て住宅の購入を検討している方の助けとなれば幸いです。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。