• 資産運用
  • 2021/2/24 (更新日:)

楽天ポイント投資はお得がいっぱい! 賢く活用してコツコツ投資を続けよう

お買い物などによって貯まるポイントを使って、日常生活に役立つさまざまなサービスを活用できるようになってきました。「ポイ活」という言葉もあるくらいですね。こうしたポイントを使うことで、最近では投資活動もできるようになっています。今回は「ポイ活」によって誰でも簡単に始められる「楽天ポイント投資」について、紹介していきます。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

1.ポイント投資とは

ポイント投資は、楽天ポイントやTポイント、dポイントのように、日常生活でさまざまなサービスを利用することで貯まるポイントを使って行う投資のことです。現金で始める投資には抵抗感がある人も、サービスポイントで始められるという点で、非常にハードルの低い投資サービスとなっています。

主なポイントサービスごとに、投資できる会社は決まっています。たとえば、dポイントはSMBC日興証券、TポイントはSBIネオモバイル証券です。LINEポイントはLINE証券、そして今回ご紹介する楽天ポイントは楽天証券での取り扱いとなっています。

ポイント投資には主に2つのパターンがあります。1つ目はポイントで購入した株式や投資信託を売却すると現金で戻ってくる「ポイント投資型」、2つ目はポイントそのままで戻ってくる「ポイント運用型」です。楽天証券は「ポイント投資型」「ポイント運用型」、どちらにも対応しているサービスです。

2.楽天ポイント投資とは

(1)楽天ポイントで金融商品を購入できるサービス

手数料

楽天ポイント投資とは、楽天市場や楽天ブックスなど、楽天グループのサービスを利用することで貯まる「楽天ポイント」を利用する投資サービスです。楽天ポイントを使って、楽天証券が取り扱っている「株式(国内)」や「投資信託」「バイナリーオプション」に対して投資することができます。投資初心者でも取り組めるようにさまざまな仕組みがあり、例えば「ファンド7」というサービスは初心者向けに楽天証券が厳選した投資信託。投資活動で難易度の高いとされる「銘柄選び」をする必要がなく始めることができます。

NISA口座にも対応しているので、節税対策として「つみたてNISA」を始めることも可能です。そして、最大の特徴の1つが、取引金額に応じて、さらに楽天ポイントが付与される点。楽天ポイントを利用して投資活動をしながら再び楽天ポイントが貯まっていく、という流れになります。普段から楽天グループのサービスを頻繁に利用する人にとっては、かなり使い勝手のいいサービスです。

(2)楽天ポイントが貯まるサービスには何があるか

楽天ポイントが貯まるサービスにはどんなものがあるでしょうか。簡単にあげておきましょう。

ショッピングモール系

メジャーな「楽天市場」、「楽天ブックス」、そして電子書籍の「楽天Kobo」、出前・宅配サービス「楽天デリバリー」などが代表的です。ネットスーパーでは「楽天西友ネットスーパー」でもポイントが貯まります。

旅行、アウトドア系

旅行予約サービスの「楽天トラベル」のほか、車・バイク販売の「楽天Car」、オンラインチケットサービスの「楽天チケット」などが該当します。

マネーサービス系

代表格はクレジットカードの「楽天カード」です。この他、ネット銀行の「楽天銀行」、ネット証券の「楽天証券」、それから電子マネーの「楽天Edy」の利用でもポイントがたまります。カードローンの「楽天銀行カードローン」の利用でもポイントを利用できます。

この他にもエンタメ系のサービスを含めるとさまざまな対象サービスがありますが、代表的なものを挙げると以上のようなサービスになります。

3.楽天ポイント運用との違い

楽天ポイント投資は「ポイント投資型」の投資手法です。実はこれとは別に、先ほど説明した2つの手法のうちの「ポイント運用型」にあたる手法による投資も可能です。

(1)現金が戻るかポイントが戻るかが最大の違い

楽天ポイント投資」は楽天証券の口座を利用して株式や投資信託を購入する際に、楽天ポイントで支払いを行います。売却すると現金が楽天証券口座内に入金される仕組みです。

一方、「楽天ポイント運用」はポイントを運用して投資を疑似体験するサービス。ポイントを運用して増えたポイントは通常ポイントとして使うこともできます。

本格的な投資と違って、口座の開設も不要です。楽天ポイントと楽天アカウントさえあればすぐに始められるうえに、もし損失が出たとしても楽天ポイントが減るだけなので安心。やり方としては、楽天証券が用意している「バランスコース」と「アクティブコース」のどちらかを選択し、その値動きを見て楽天ポイントを運用するものとなります。ちょっとしたゲーム感覚で投資活動を体験できるという仕組みです。

「バランスコース」は比較的手堅い債券に比重を置いた「楽天インデックス・バランスファンド」と連動するように設定されている運用コース。リスクを押さえて運用してみたい人向けです。

これに対して「アクティブコース」は、少しリスクもある株式に比重を置いた「楽天インデックス・バランスファンド」と連動しています。ある程度リスクがあってでもそれなりにリターンを得たい、という人向けといってもいいでしょう。

ただ、「楽天インデックス・バランスファンド」は多少リスクがあるといっても、そもそも分散投資型で低リスクの投資信託なので、信頼性と安定性の高い商品となっています。まさに投資初心者向けの投資信託といえるでしょう。そのかわり、あまり大きなリターンを期待することはできません。あくまでも「投資体験」としてのサービスなので、本格的な運用を検討する場合は「楽天ポイント投資」の方を選ぶことになるでしょう。

(2)楽天ポイント投資と楽天ポイント運用の違い一覧

楽天ポイント投資と楽天ポイント運用の違いをまとめましたので、ご参考ください。

 ポイント投資 ポイント運用
運営主体楽天証券楽天
利用できる人楽天証券で口座を開設している人楽天会員の人
引き出す際通常の金融商品と同様の扱い。売却後は現金が楽天証券口座に入金される引き出し申請後、楽天ポイントの通常ポイントとして受け取る
購入・運用に使えるポイント通常ポイントのみ。有効期限切れのポイント、期間限定ポイント、他ポイントから交換して保有した楽天ポイントは使えない
購入・運用できる商品投資信託、日本株(現物)、バイナリーオプション投資信託の基準価額に連動するアクティブコース、バランスコースの2つから選択

4.楽天ポイント投資のメリットとは

(1)少額から始められる

楽天ポイント投資のメリットはなんといっても少額から始められるという点です。100ポイントから投資を始めることができます。これは実質100円相当なので、初心者がお試しで運用してみるのみピッタリといえるでしょう。楽天ポイントを100ポイント貯めるには楽天グループのサービスを1万円以上利用すればいいので、学生や主婦でもチャレンジできます。

100ポイントから始められるといっても、投資先は楽天証券の提供する投資信託、国内株式、バイナリーオプション。「特定口座」「NISA」「つみたてNISA」といったサービスにも対応していますので、日常のサービス利用で得たポイントをこちらに回すことも可能です。「NISA」や「つみたてNISA」とは、投資などで得た利益に対してかかる税金(所得税など)約20%が非課税になる制度のこと。「つみたてNISA」は、今話題となっているロボアドバイザー型の投資では対応できないことがほとんどですが、楽天ポイント投資は対応しています。

楽天銀行と連携することで毎日ポイントがたまるなど、非常にお得な利用の仕方ができるので、「つみたてNISA」にご興味のある方は楽天証券がおすすめです。

(2)自己資金が減る心配がない

投資を初めてやってみようという方にとっての心理的なハードルは、「損」をする可能性があるということになるでしょう。損失を出すと自己資金が目減りしてしまうので、経済的にも精神的にも苦しい状況となります。

その点、楽天ポイント投資はそもそも「楽天ポイント」で始める投資です。したがって、元手となる自己資金は必要ありません。実際に運用している方の多くは、使い道に困っていた余った楽天ポイントでやってみた、という方が多いです。実質的にほぼリスクのない状態から始められるのも魅力の1つでしょう。

(3)株式や投資信託の配当・株主優待も受けられる

手数料

投資対象となるのはあくまでも楽天証券の取り扱っている投資信託や株式になりますから、配当や株主優待などの恩恵は、通常の取引と同じく受け取ることが可能です。また、投資信託を購入してすぐに現金化する、という利用方法もできます。楽天証券は出金手数料無料ですから、楽天ポイントを現金に換金するための方法の1つです。

(4)SPU(スーパーポイントアッププログラム)で楽天市場がお得になる

楽天市場でお買い物した場合に「いつでもポイント最大16倍」となるSPU(スーパーポイントアッププログラム)というボーナスサービスがあります。このSPUのポイントアップ条件に楽天証券のポイント投資が追加されました。これにより、次にあげる条件を満たすと「ポイント+1倍」となるメリットが発生します

・1ポイント以上の利用
・1回500円分以上の購入
・楽天スーパーポイントコースに設定

投資商品の購入は楽天ポイントだけでも現金と組み合わせても、どちらでもOKです。たとえば「現金499円+1ポイント」という買い方でも条件を満たせます。特に相性の良いのは「つみたてNISA」などの積立投資です。毎月500円以上積み立てれば、常に楽天市場での買い物で「ポイント+1倍」となるので、楽天ユーザーにとっては非常に便利です。

5.楽天ポイント投資の注意点とは

非常に低リスクで低額からチャレンジできる楽天ポイント投資ですが、投資商品である以上、元本割れのリスクなどは生じます。また、低リスク商品ならではのデメリットもいくつかあるので、合わせて説明しておきます。

(1)取扱商品数が少ない

楽天ポイント投資は、通常の証券口座と比べると選べる商品は少ないです。投資信託では、当初募集期間中の銘柄等一部銘柄は除外されます。株式の個別銘柄では、信用取引、IPO、PO、ライツ・オファリング(払い込みによるもの)を除きます。

ただ、楽天証券の取り扱っている投資信託は2700本以上あるので、投資初心者が商品選びに苦労するということはあまりないでしょう。手数料無料ながらも「毎月分配型」など利用者のニーズに合った方法を選ぶこともできます。株式の個別銘柄も数多く選べますし、バイナリーオプションを選べることもアドバンテージです。

(2)ポイントを稼ごうと思って無理な買い物をする

ポイント投資をやる方にありがちなのが、投資に回すポイントを稼ぐために、必要のないサービスを利用してしまう、ということです。本来は余分に持っていたポイントを有効活用しよう、ということだったはずなのにこれでは本末転倒です。これはポイント投資に限らず、ポイ活に熱心な人が陥りがちな誤りです。楽天ポイント投資は、あくまでも「楽天ポイントの有効活用」として利用するという心構えが大切です。

(3)通常ポイントしか使えない

意外と落とし穴なのが、ポイント投資で使える楽天ポイントは通常ポイントだけ、という点です。有効期限切れのポイントや、期間限定ポイント、他ポイントから交換して保有している楽天ポイントなどは使えないのです。とくに期間限定ポイントは基本的に1ヶ月以内に使う必要があるので、使いどころのないまま気づいたら有効期限が終わっている、ということがよくあります。この期間限定ポイントを使えたら便利なのですが、ポイント投資には対応していないので注意が必要です。

6.楽天投資をするなら

楽天ポイント投資を始めるなら、まずは楽天証券で口座を開設することから始めます。

ポイント投資ではない、現金を投じた取引においても楽天証券は魅力がいっぱい。最大のメリットは売買手数料が安いことで、2020年12月7日から「定額制プラン」が引き下げられ、1日100万円分の取引まで手数料0円で売買できます。

ノーロード投資信託(販売手数料がかからない投資信託)は2700本用意されており、投資信託取り扱い数がネット証券のトップである点も魅力的です。


お申し込みサイトはこちら

まとめ

楽天ポイント投資は、初心者にとってハードルが低いうえに、楽天ポイントという日常的に利用機会の多いポイントを使って手軽に始められる投資サービスです。楽天証券の取り扱う2700本以上の投資信託や国内株式、バイナリーオプションから投資商品を選ぶことができるので、選択肢は広いです。つみたてNISAなどにも対応しているのも大きな強みと言えます。楽天ポイントは使いどころがなく余ってしまうことが多いので、ポイントの有効活用という意味でも取り組みやすいサービスと言えるでしょう。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。