• アパート経営
  • 2019/5/16

「新築VS中古」新築の値段は物件以上?中古特有の問題と比較しよう

新築,中古

アパート物件には、ざっくり分けて新築と中古があります。

最近はデザイナーズリノベーション住宅も目につくようになり、物件によっては新築よりも高額で売られている物件も目にしますが、ここでは一般的な中古と新築で比較してみることにしましょう。






新築VS中古、分かりやすいメリット・デメリット

メリット デメリット
新築アパート
  • 新たに建てるので自由度が高い
  • 相続税の節税効果が高い
  • 減価償却費を多く計上でき、節税効果が高い
  • メンテナンス費が少なくて済む
  • 融資審査にも有利
  • 初期投資が大きくなる
  • 初期投資が大きくなるため利回りが低下
  • 未完成だと実物が見られない
中古アパート
  • 取得価格が安い
  • 実物がすべて確認できる
  • 古さゆえに空室リスクが高くなる
  • メンテナンス費が大きくなりやすい
  • 瑕疵の問題がつきまとう

新築では起こりえない中古アパートの問題とは?

新築では起こり得ない問題ですが、中古アパートには「瑕疵(かし)」の問題があります。

瑕疵とはアパートの建物にある欠陥や不具合のことで、前の持ち主が所有していた時に発生した瑕疵が建物のどこかに潜んでいて、購入した後でそれが発覚したというケースが多々あります。

売主は売却する物件の瑕疵について責任を負う義務があり、それを瑕疵担保責任といいます。

売買契約時に伝えられていなかった瑕疵が後から見つかった場合は、売主の責任でその問題を解決する義務があるのですが、ご想像の通り物件の瑕疵については揉めるケースが多く、できることなら瑕疵のない物件を購入したいところです。

買主はプロではないので内覧をしても見抜くことは難しく、瑕疵のチェックも含めて不動産会社にプロの眼力を期待したいところです。

特に「雨漏り」「シロアリ」「給排水設備の不具合」「木造構造部分の腐食」などは瑕疵の事例としてとても多いため、不動産会社にしっかりチェックしてもらいましょう。

>>中古物件の不動産投資リスクは「想像以上の修繕費」だった

物件価格だけじゃない新築のデメリット

新築物件は物件自体の価格も上がってきますが、さらに修繕積立基金がかかってくることが多く数十万近くの上乗せになってきます。

また物件が未完成で売られている場合は、その前に契約することが多いです。その場合実際の部屋の状況や日当たりなどがわからないため、実物ができたときにイメージと違った、という場合も少なくありません。

>>不動産投資「新築物件のリスク」は価格だけではない?知っておきたい注意点も

表面利回りは新築なら7%以上、中古なら9%以上に絞る

中古アパートの方が初期投資額が少なくて済むため、アパート経営を始めてからの利回りは高くなります。

それを踏まえて、アパート経営に参入する際には、それぞれ表面利回りについて新築なら7%以上の表面利回り、中古なら9%以上の表面利回りになる物件選びを目安にすると良いでしょう。

>>【不動産投資の失敗事例】外観だけで決めた物件はシロアリだらけだった…… 

自分の状況に合わせて判断しよう

新築は設備も全て新しく、最新の設備が整っていて魅力的なことは多いですが、その分コストがかかります。

一方中古は割安で実物を見て確認してから購入することができますが、設備の古さによって修繕のコストもかかる可能性があります。

新築も中古も一長一短で、予算や状況によって使いわけることが大切です。

【不動産投資に失敗しないための基礎知識】

不動産投資「12のリスク」と「払わなくても良い費用」とは? 
40代から始める不動産投資【事例編 1】老後資金の確保は貯蓄ではなく不動産で 
ありがちな「6つの実例」から見る不動産投資の失敗を回避する方法 
不動産投資「環境リスク」を考えず「家賃20%ダウン」したケースとは 
タバコ、勝手に民泊、許可なくリフォーム……不動産投資「入居者トラブル」どう防ぐ? 

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。