• 土地活用, 査定サイト
  • 2019/5/27 (更新日:)

土地活用どうする?無料で相談できる比較サイト「イエカレ」の評判は?

イエカレ

 土地や建物など、所有している不動産を有効活用したいと考えている人は、数多く存在する不動産業者の中からどのようにして良い業者を見極めればいいのでしょうか。

一括査定サイト「イエカレ」を活用すれば、賃貸から売却、土地活用、さらには管理会社の選定まで、スムーズに比較ができます。イエカレの概要と具体的なサービス内容、さらにはメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

【イエカレ  土地活用】

60秒で完了!最大20社にまとめて請求できる一括比較サイト
【イエカレ 土地活用】

イエカレはなぜ土地活用に「使える」サイトなのか?

イエカレは、イクス株式会社が運営する日本最大級の不動産総合比較サイトです。数多くの不動産情報サイトが乱立する中、とくに“比較”に特化していることもあり、所有している不動産を有効活用したいユーザーには最適のサービスだと言えます。

不動産を有効に活用するためには、たくさんの不動産会社同士の比較が欠かせません。たとえば、土地売却を考えている場合、複数社に依頼することでより高額な見積もりを出してくれたところと交渉を始めることができます。

イエカレの登録会社数は47都道府県全体で日本最大級の400社以上に及ぶので、オーナーが希望する条件を提示してくれる会社を探しやすいです。

ただし、いくら登録会社数が多くても実際に相談できる件数が少なくては意味がありません。イエカレはその点においてもオーナーのニーズにしっかり答えており、一度に8社まで同時に依頼できます。

また、一括査定は最短でたった60秒ほどで完了するスピード対応も人気の秘訣です。査定依頼にあたって面倒な手続きはないので、通勤時間や日常のちょっとした空き時間に依頼することができます。仕事やプライベートで日頃忙しい不動産オーナーでも気軽に利用できるでしょう。

分野は「土地活用・賃貸経営」「不動産売却」「リロケーション」「管理会社」の4つで、土地活用の初心者からベテランまでターゲットが幅広い点も特徴です。土地活用はその土地に合わせた方法を考えることが重要で、間違った活用をすると失敗するリスクは高くなります。

失敗するリスクを抑えるためには、イエカレのようにたくさんの活用方法に対応している不動産サイトが頼りになります。土地活用方法の種類が多いので、「土地活用の具体的なプランがまだ決まっていない人」でも利用しやすいでしょう。

なお、 査定料金はもちろん無料です。一括査定を依頼したうえで、条件を満たしていないと感じれば、その場で交渉をストップすることも問題ありません。「とりあえずどのような活用方法が考えられるか聞いてみたい」といった具合に、気軽な気持ちで資料請求や査定を依頼するのもよいでしょう。

さらに、イエカレでは不動産コラムを通じて最新情報を発信するなど、情報提供という側面からも幅広くユーザーをサポートしています。売却を含む土地活用を行う人の多くが初心者という点を踏まえて、分かりやすいコラムを展開しているのも魅力です。

これらの要因から、イエカレは総合的な観点において初心者から土地活用の経験が豊富な人まで使いやすいサイトだと言えます。

イエカレの実際の評判や口コミはどうなのか

イエカレですが、実際に利用した人の評価はどうなのでしょうか。インターネット上の評判を探ると、あらゆるサービスがそうであるように、ポジティブなものとネガティブなものが挙げられています。

<ポジティブな評価>

・相見積もりが取れるので便利。

・何社も回るのは大変なので助かった。

・相場より2~3割高く売却できた。

・査定額を比較したおかげで、損をしなくて済んだ。

・見積もりまでの時間が短く、利用料無料なのでありがたい。

<ネガティブな評価>

・登録業者が少ないように感じた。

・地域の不動産屋と査定額が変わらなかった。

・複数社の査定額にほぼ違いがなかった。

・地域差があるように感じる。

・メールが苦手な人には向かない。

イエカレのメリットとデメリット

イエカレのサービス内容および利用者の評価を踏まえて、イエカレのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット① 最大8社と比較できる

イエカレでは返信のあった会社のうち、最大で8社の提案を比較できます。提案数が多ければ多いほど比較する母数が多くなるので、必然的にオーナーにとって良いプランを立てられる可能性は高まります。一般的には資料請求や一括査定の依頼は6社までという不動産情報サイトが多いので、最大8社から提案を受けられるのはイエカレの大きな強みです。

また、イエカレは提案を受けてコンタクトを取った不動産会社へ直接相談することもできます。たとえば、「管理会社との付き合い方」や「相続税の節税方法」などについて疑問や悩みがあった場合、実際に業務を行っている不動産会社へ相談すれば具体的な話が聞けるでしょう。

直接電話などで話をするのが苦手だったり、心配だったりする人はメールで相談することも可能です。目星をつけた不動産会社のいくつかへ相談し、そのなかから対応の良かったところと交渉を続けていくという方法も提案数が多いイエカレだからこそ、有効だと言えます。

メリット② フリーダイヤルの相談窓口

不動産情報サイトの活用にあたって「困ったときにどこへ相談したらいいか分からない」ということを心配している人もいるでしょう。イエカレは運用実績10年の経験を活かして、オーナーのそうした不安を取り除くような体制を整えています。たとえば、「フリーダイヤル相談窓口の設置」です。

相談窓口では「どのように交渉を進めていっていいか分からない」といった利用方法の悩みから、「そもそもどのような活用方法がいいか」といった悩みまで何でも相談できます。

また、不動産情報サイトの活用で多くの人がストレスを感じるのが「相談した不動産会社へお断りをする時」です。相談した内容が深ければ深いほど、断ることに後ろめたさを感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、あくまでも土地活用はビジネスなので、いくら対応が良くても条件面で折り合わなければお断りするのは仕方ありません。そうしたときは、イエカレの相談窓口に電話しましょう。すると、直接話しにくいオーナーに代わって、イエカレの運営が当該不動産会社へお断りの連絡を代行してくれます。相談窓口を利用するときの通話料や相談料は無料なので、気になることがあったら悩まずに相談できる点はとても安心できます。

デメリット 不動産会社からの営業

イエカレには大きなデメリットはほとんどありませんが、あえて言うなら「オーナーがコンタクトを取った不動産会社からしつこい営業をかけられる恐れがある」という点です。たとえば、「こちらはお断りの連絡をしたつもりなのに、定期的に先方から連絡が来る」「メールで連絡するよう伝えたのに営業電話が止まらない」などが挙げられます。

こうしたデメリットはイエカレだけでなく、どの不動産情報サイトでも起こりうる問題です。なぜなら、不動産情報サイトはオーナーと不動産会社をつなげる窓口であるため、基本的に個々の営業活動の詳細まで把握していないからです。

オーナー側には交渉を進めるつもりがないのに、性懲りもなく連絡が頻繁に来るようだとわずらわしさを感じてしまうでしょう。

しかし、イエカレではこのような場合でも電話相談窓口がしっかり対応してくれます。もしも、しつこい営業をしてくる不動産会社がいたら電話相談窓口へ連絡すれば解決するケースも多いです。

まずは物件を一括査定に出してみよう

さまざまなサービスにおいて、一括査定があたり前になりつつある昨今。これからは、不動産業者の選定に関しても、一括査定が基本になるかもしれません。より良い不動産の有効活用を実現するために、不動産オーナーの方はぜひイエカレを活用してみてください。不動産活用のためのスタートを切ることができるかもしれません。

【イエカレ  土地活用】

60秒で完了!最大20社にまとめて請求できる一括比較サイト
【イエカレ 土地活用】