• 不動産投資
  • 2020/1/30

不動産投資会社の選び方を解説!良い会社を選ぶための6つのポイントとは

不動産投資では、「どのような物件に投資するべきかを判断すること」「収益を出すために必要な情報やサポートなどを得ること」この2つが成功に欠かせない要素となります。

そのためにはパートナーとなる不動産投資会社の力が欠かせません。不動産投資が成功するか・しないかは、このような不動産投資会社の選び方がとても大切です

そこで、今回は初めて不動産投資をやってみようという方向けに、不動産投資会社の選び方の基本について、重要なポイントを解説していきます。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

1、不動産投資会社選びを間違えると損害が生じる可能性がある

不動産投資会社の大きな役割には、次のようなポイントが挙げられます。

  • 投資に関する提案、アドバイスを行う
  • それぞれの投資家にとって収益可能となる物件を選定し、紹介する
  • 投資開始後も継続的にサポートし、高い入居率を維持するための施策を提案する
  • 投資物件の状態を良好にするための維持・管理をサポートする

特に「それぞれの投資家にとって収益可能となる物件を選定し、紹介する」と「投資開始後も継続的にサポートし、高い入居率を維持するための施策を提案する」という点は、とても重要です。

ここが弱い不動産投資会社を選んでしまうと、思ったように利益が出ないばかりか、年数が経つごとに回収率が低くなってしまい、投資失敗という結果になりかねません。

不動産投資の最初の段階では不動産投資会社の力が必要になるので、まさに不動産投資会社の選び方が、成功と失敗を分ける大きなポイントといえます。

それでは、良い不動産投資会社を見分けるポイントを6つ挙げておきましょう。

2、ポイント①営業マンが常に顧客目線でいてくれること

良い不動産投資会社を見分けるポイントの一つとして、その会社が物件を売ることだけに集中していないかどうか、という点が重要です。

不動産投資は物件を買って終わりではなく、むしろそこからが始まりです。投資した不動産を適切に管理し、入居率が下がれば広告やリフォームなどの新たな施策を考えなくてはなりません。

そのため、物件を売った後は当社の方では面倒を見ません、という姿勢の見える会社は要注意です。

また、不動産投資物件は非常に高額な買い物ですから、とにかく顧客の都合を無視して、やたら物件を勧めてくるような会社に対しては警戒しましょう。

こういった点を見分けるためには、その会社の営業マンが常に顧客目線に立ったヒアリングと説明をしてくれるか、という点に注目しておくことが重要になります。

不動産投資家は一人一人、予算やさまざまな条件が異なりますし、希望する投資案件の種類もバラバラです。

こうしたそれぞれの不動産投資家の細かな要望に対して最善の案件を紹介するには、やはりきめ細やかなヒアリングが欠かせないはず。

そのうえで、総合的にしっかりと根拠に基づいた提案をしてくれるかどうかを、投資家としては見極める必要があります。

反対に、ヒアリングが雑でともかく会社側からやたら物件を押し付けてくるような担当者だと、その会社をパートナーとして投資をするのは、問題があるかもしれないと判断すべきです。

3、ポイント②実績が多く、口コミの評判がいい

不動産投資会社の良し悪しを判断する非常にわかりやすいポイントとしては、実績の多さ、口コミによる評判の良さ、という点も参考になります。

特に実績は社会的な信用度を判断するうえでは、最もわかりやすい指標です。不動産投資では、大きな金額が動く取引であるため、社会的信用度があるかどうかは取引量や実績と直結します。

当然銀行などの金融機関からの信頼も高ければ、ローンなどを組みやすかったり、金利の優遇も受けられるというメリットも生じるわけです。

また、資本金や従業員の人数、支店の数などによってもその会社の規模を判断できますから、こうした点から総合的に判断して、その会社の社会的な信用度を推測しておきましょう。

必ずしも会社が大きければ大きいほどいい、というものではありませんが、取引実績や関連のある金融機関などの情報をホームページに掲載している会社は多いので、このあたりは必ずチェックしておいてください。

あとは、口コミの評判も参考にはなります。ただ、その口コミがどのような背景で、誰がどんな点に関してレビューしているか、については注意しておきましょう。

例えば、セミナーや説明会などに参加した人の口コミ情報は多いのですが、実際にその会社を使って投資している人の情報はなかなか上がりにくいです。

会社側が載せている口コミ情報も、会社の意図を差し引いておかないとあまり鵜呑みにはできません。

したがって、悪い口コミ情報がやたら多い、ということであれば警戒しておくぐらいで十分といえます。

本当に重要な口コミは、人と会うことで入手できることが多いので、普段から同じような不動産投資家とネットワークを作っておくことが、質の高い口コミ情報を得るためには重要になってきます。

4、ポイント③入居率が高いかどうか

入居率(稼働率)の高さは、不動産投資会社や投資する不動産を吟味する指標として、初心者にとっても非常にわかりやすいものです。

その理由として、入居率はその物件の総合的な良し悪しを反映する指標だ、という点があげられます。

入居率を左右する要素には、物件のスペックやグレード、賃貸需要のある立地にあるかどうか、設備は充実しているかどうか、最新のものかどうか、さらには賃料設定が適切かどうか、といった点が含まれてきます。

データやスペックなどの数値上だけでは判断しにくい、複合的な要素によって決まってくるのが入居率なのです。いわば、その物件のもつポテンシャルを示す「通信簿」のようなもの、と考えればいいでしょう。

したがって、多くの物件で高い入居率を出している不動産投資会社は、確かな実績がある、という一時的な判断ができます。

特に得意分野のある不動産投資会社であれば、管理、運営する物件の入居率が90%台を超えてくることが多いので、会社選びのわかりやすい指標になります。

5、ポイント④無料の相談会やセミナーがある

不動産業界は情報の移り変わりの激しい業界です。不動産投資会社だけでなく、不動産投資家も常に最新の動向について、情報をアップデートしておく必要があります。

こうした最新の情報を入手して提供することは、不動産投資会社にとって適切なマーケティングとなるだけでなく、継続的に投資家をサポートしているかどうかを示すポイントとしても重要になります

したがって、相談会やセミナーを定期的に開催している会社かどうかも、会社選びのポイントとなるのです。

初心者向けのセミナーだけでなく、税務関連のセミナーや最新の法令に関する情報を提供する講座、といった中上級レベルの投資家向けセミナーなども開催しているかどうかに注目しておくといいでしょう。

こうしたテーマを扱っている会社では、不動産投資に関するノウハウや知識が豊富で、投資家に対して継続的に最新の情報を提供している可能性が高いです。

6、ポイント⑤ワントップ型でサポートしてくれる

ワンストップ型で対応してくれるかどうか、という点は特にマンション投資などではかなり重要なポイントです。

不動産投資では投資した物件を、継続的にメンテナンスすることが大切です。

そのため、不動産投資会社では投資案件の紹介と同時に、その物件の維持・管理を受け持つ「ワンストップ型」を打ち出しているところも少なくありません。

不動産投資の管理業務は非常に面倒で複雑なことが多いため、初めて不動産投資に挑戦してみようという方は、ワンストップ型のサポート受けられる会社を選ぶといいでしょう。

もちろん管理手数料などの経費はかかりますが、設備の最適化や大規模な修繕、リフォームなどの管理業務をまかせられるということ、そして結果的にその会社の持つノウハウの力によって入居率のアップを実現しやすくなる、というメリットがあります。

こうした物件の管理・維持に関するノウハウを多く持つ不動産投資会社は、高い入居率をキープしていることが多いため、この点でもよい会社を見分けるための参考となるでしょう。

7、ポイント⑥長期的視点でサポートしてくれる

これまでにも説明してきたことと共通することですが、投資家にとって不動産投資会社はパートナーに近いものがあります。

そのため、ただ単に物件を売買するだけの関係ではなく、その後も継続的に、長期的にサポートしてくれる会社かどうかを見極めておくことがとても重要です。

投資家を長期的にサポートする体制の整っている会社は、顧客となる投資家が成功することこそが会社の利益につながることを理解しているため、短期的な売り切りのための戦略を取らないことが多いです。

そのため、投資相談にあたってはリスクやデメリットに関しても、非常に丁寧に説明します。不動産投資の対象となる物件は、一つひとつに個性があって、そのメリット、デメリットも異なるのが実情です。

こういった細かな情報を判断し、適切な情報を投資家に提供することができるのは、継続的に顧客をサポートすることで売り上げを上げる会社ということです。

さらに長期的にサポートしてくれることの重要性は、不動産投資は物件を購入してからがスタートであることを考えれば理解できるでしょう。

あとあとの収益化までサポートしてくれる会社であれば、将来を見越したうえでより良い物件の情報を提供することにもつながってきます。

8、実際に不動産投資会社を探すとしたら?

では実際に不動産投資会社を探すという場合に、どんな方法があるかを4つほど挙げておきましょう。

いずれの方法にせよ、まずはどんな会社があるのかを把握したうえで、実際に自分の目で判断する必要があります。

①不動産投資業界に精通した専門家に教えてもらう

不動産投資に限らず、不動産業界は人とのつながりが非常に重要な業界です。

まだまだ古い体質も多く残る業界なので、重要な情報はなかなか表に出てこない、ということが多々あります。

そのため、実際にセミナーや相談会などで知り合った人たちから得られる情報は、とても貴重な情報が多いです。

さらに不動産投資は専門知識や経験が必要なので、不動産投資に精通した人にどういう会社がおすすめか教えてもらうことは大事です。

実際の成功体験や失敗体験を聞くことは会社選びの参考になりますから、積極的にセミナーや講座に参加して、いろいろな専門家の話を聞くことが重要なのです。

②不動産投資を成功させている知り合いがいれば紹介してもらう

専門家やプロとまで言わないまでも、実際に不動産投資を成功させている知り合いに話を聞く、ということでも会社選びの参考となります。

というのも、不動産投資の専門家やプロは、自身でもさまざまな投資会社と連携してビジネス展開をしていることが多く、必ずしもフラットな目線に立っていないこともあるためです。

その点、投資家として成功体験のある人の話は、ある意味公平な視点があります。

不動産投資を成功させている人が実際に身近にいない場合は、セミナーや講座への参加、あるいはSNSを通じてのコミュニティ―などを通じて、地道に探し出す必要があります。

なかでも、大勢の投資家が参加するセミナーへの参加などが手っ取り早いでしょう。

こうしたセミナーの多くは、交流会などのイベントが開かれることが多いので、成功者と知り合える絶好の機会です。

③横のつながりができる情報交換会で情報収集

不動産投資では、投資家同士の横のつながりが非常に重要です。質の高い情報は、こうしたコミュニティーの間で交換されることが多いからです。

投資家同士での情報交換のメリットは大きいので、実は投資家同士の情報交換会などのイベントはあちこちでかなり頻繁に行われています。

情報過多となってしまうことは避けるべきですが、実際に投資を始めるのであれば、こうしたイベントにはできるだけ積極的に参加した方がいいでしょう。表面上ではわからない、ディ―プな情報を得られる可能性が高いです

④インターネットサイトで情報収集

不動産投資ビジネスでは、まだまだ初心者のうちにあちこちに顔を出すことに対して、ハードルが高いと感じる人もいますよね。

そういった場合は、まずはインターネットサイトで情報収集から始めましょう。

ディ―プで貴重な情報はなかなか得られませんが、初歩の段階で理解しておくべきことや、どんな会社が存在するのか、といった基本的な情報に関しては、十分にネットの情報からでも得ることができます。

この記事で挙げた6つのポイントに留意しながら、不動産投資会社のホームページを見れば、多くの点で気付きを得ることができるでしょう。

9、いきなり不動産投資会社に相談するのはハードルが高い!という方は

まだまだ不動産投資に関して勉強し始めたばかりで、何をすべきなのかよくわからない、というのであれば、セカンドオピニオンのようなスタンスで、さまざまな不動産投資会社を紹介してくれる「オンラインサービス」を利用してみるのも手です。

当サイトのセカンドオピニオンサービスでは、誰でも簡単にご自身の要望に見合った不動産投資会社の候補を紹介することができますので、この機会にぜひ利用してみてください。

まとめ

今回は、不動産投資をこれから始めようとする方がまずは押さえておくべき、不動産投資会社の選び方の基本について説明しました。

不動産投資では、こうした不動産投資会社選びがその後の命運を左右するくらい重要なのです。

ぜひ、今回ご紹介した基本的なポイントを押さえたうえで、自分にピッタリのパートナーとなる会社を選んでいただければ幸いです。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。