• 資産運用
  • 2021/3/10

仮想通貨の買い方は?購入までの流れや注文方法、注意点を詳しく解説!

「仮想通貨に興味があるけど買い方がわからない」
「仮想通貨を買うときに気を付けた方がいいことはある?」

仮想通貨を購入したいと思っていても、どこで買えるのかどうやって買うのかがわからない方もいることでしょう。

仮想通貨は主にインターネット上で取引されるものなので、パソコンやスマホがあれば簡単に購入できます。その一方で、難しい用語や購入時の注意点もあるので事前に知っておくことが大切です。

この記事では仮想通貨をこれから購入する方に向けて、仮想通貨の買い方や基本的な注文方法、購入時の注意点について解説します。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

1、そもそも仮想通貨とは?

まずは仮想通貨の概要や使用用途について簡単に説明します。

(1)強制通用力を持たないデジタル通貨

仮想通貨とは電子データのみで取引される通貨のことで暗号資産とも呼ばれます。

1万円札や100円玉などの法定通貨との大きな違いとして、仮想通貨は強制通用力を持たないことが挙げられます。1万円札や100円玉はあらゆる支払いに使用できることが法律で認められていますが、仮想通貨にはそのような効力がありません。わかりやすくいえば、仮想通貨は決済手段として自由に使用することができず、仮想通貨を取り扱っている店舗やオンラインショップでしか利用できないということです。

(2)仮想通貨の3つの使用用途

電子データである仮想通貨はスムーズな取引が可能となります。では、仮想通貨はどのような用途に使用されるのでしょうか。主な使用用途を3つ紹介します。

①決済手段

仮想通貨は商品・サービス購入の決済手段として使用できます。電子マネーやクレジットカードでの決済と同様に、実店舗やオンラインショップなどで仮想通貨によって代金を支払うことができるのです。

仮想通貨の中でも有名なビットコインは、大手家電量販店のビックカメラや大手旅行業者のHISなどで決済手段として使用することができます。

②送金手段

電子データである仮想通貨は送金手段として優れています。個人間での送金が容易であり、なおかつ手数料も格安です。特に海外送金に関しては、銀行などの金融機関を通して送金するよりも簡単な手続きでスピーディーな送金が可能です。

③投資対象

仮想通貨は価格が固定されていません。そのため、株や不動産と同じように価値の変動を利用して利益を上げることができるので、投資対象として利用できます。

2、仮想通貨を購入するまでの4つのステップ

仮想通貨を購入するまでの大まかな流れとして、

  1. 利用したいサービスを選ぶ
  2. 口座を開設する
  3. 仮想通貨の購入資金を口座へ入金する
  4. 仮想通貨を購入する

の4ステップがあります。以下これらのステップについて説明します。

(1)利用したい取引所を選ぶ

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。取引所によってそれぞれ特徴が異なるので、まずは利用したい取引所を選びましょう

取引所を選択する際に比較すべき要素として、

  • 手数料やスプレッドなどの費用
  • セキュリティの高さ
  • アプリ等の操作性
  • 取り扱い仮想通貨の種類

などがあります。

(2)口座を開設する

利用したいサービスが決まったら、次は口座を開設します

スマホやWEBから申し込むことができ、2~3営業日で口座開設が可能です。一般的には、

  1. 個人情報の登録・本人確認書類の提出
  2. 口座開設審査
  3. 口座開設完了通知が郵送やメール等で届く

というような流れで仮想通貨口座を開設できます。

仮想通貨アプリを利用して口座を開設する場合、郵送物の受け取りが不要になるので、最短即日で口座開設できることもあります。

(3)仮想通貨の購入資金を口座へ入金する

口座を開設したら、仮想通貨を購入するための資金(日本円)を入金します。方法としては、

  • 銀行振込
  • インターネットバンキング
  • コンビニからの入金(収納代行)

があります。コンビニ入金は銀行振込より口座への反映が早いというメリットを持つ反面、手数料が高くなる場合があるので注意しましょう。

(4)仮想通貨を購入する

口座への入金が完了したらいよいよ購入です。最低取引単位は銘柄によって異なりますが、初心者の方であればまずは少額からの購入をおすすめします

3、仮想通貨は販売所と取引所で購入できる

仮想通貨は販売所取引所で購入でき、それぞれ仕組みが異なります。この章では販売所と取引所の違いや特徴について解説します。

(1)販売所とは

販売所は、運営会社とユーザーが仮想通貨をやり取りする仕組みになっています。販売所が提示する価格で売買されるので手数料がやや高めに設定されていますが、希望する量を確実に購入できます。また、取引所よりも扱っている仮想通貨の種類が豊富である点も魅力です。

これらの特徴から、初心者の方には販売所での売買をおすすめします

(2)取引所とは

取引所では売買板に出ている価格と数量に応じたユーザー同士での取引となります。次章で紹介する複数の注文方法の中から有利な方法を選択して仮想通貨を売買できます。また、販売所よりも安い手数料で取引できる点も魅力です。

一方、ユーザー同士のマッチングがうまくいかなければ注文が通らない可能性もあります。自分の希望価格・数量応じてくれる相手がいないと取引が約定しないためです。それに加え、売買できる仮想通貨の種類が販売所に比べて少ないこともデメリットに挙げられるでしょう。

これらの特徴から、取引所での売買は中級者・上級者に向いているといえます

4、注文方法には成行・指値・逆指値の3種類ある

取引所での主な注文方法として

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

の3つが挙げられます。これらの注文方法について説明します。

(1)成行注文

成行注文は、その時の市場価格で約定する方法です。買いの成行注文をした場合はその瞬間の一番安い売り注文と売買が成立し、反対に売りの成行注文をした場合はその瞬間の一番高い買い注文と売買が成立します。

相場が急変している時に成行注文を行うと、思いがけない高値で購入することになったり安値で売却することになったりするリスクがある点には注意しなければなりません

(2)指値注文

指値注文は、価格を指定できる注文方法です。買いの指値注文は市場価格が指定価格以下になった時に約定します。反対に売りの指値注文は市場価格が指定価格以上になった時に約定します。

指値注文を利用すれば、思いがけない高値での購入や安値での売却を防ぐことが可能です

(3)逆指値注文

逆指値注文は、価格を指定できるという意味では指値注文と同じですが、性質が真逆です。買いの逆指値注文では、市場価格が指定価格以上になった時に約定します。反対に売りの逆指値注文では、市場価格が指定価格以下になった時に約定します。

これによって、損切りが可能になり、急な価格変動による損失を最小限にできます

5、仮想通貨購入時に気を付けるべき3つのポイント

仮想通貨は価格変動が激しいため大きな損失を出してしまう可能性があります。このようなリスクを回避できるように、本章では初心者の方が仮想通貨購入時に注意すべき点を3つ紹介します

(1)余裕資金で投資する

仮想通貨は価格変動が激しく本も保証されていません。したがって、仮想通貨を買うのであれば、収入からある程度の生活費や手元においておくべきお金を差し引いた残りで購入すべきです。

これから仮想通貨を購入する理由として、決済・送金手段としての利用、あるいは投資目的などが考えられますが、いずれにせよ元本割れリスクを伴います。したがって、たとえ損失が出ても現在の生活に影響を与えない「余裕資金」で仮想通貨を購入するのが賢明でしょう。

(2)まずは少額で投資を始める

余裕資金が用意できたとしても、仮想通貨を高額購入することはおすすめしません。まずは少額で購入し、実際の価格変動を体感して仮想通貨に慣れることが大切です

仮想通貨の購入は株式などの他の投資商品と比較しても少額で購入できるので、初心者の方は1,000円から1万円程度で仮想通貨を購入してみてはいかがでしょうか。

(3)レバレッジ取引をするならリスクも把握しておく

レバレッジを利用した取引では証拠金(担保として預け入れるお金)の4倍まで取引することができ、少額元本でも大きな利益が期待できます。ただし、元本割れした時の損失も大きくなることを忘れてはなりません。最悪の場合、借金を背負ってしまう可能性があることも把握しておきましょう。

6、仮想通貨を手軽に購入できるサービス3選

仮想通貨を500円程度の少額から購入できるサービスを3つ紹介します。これらのサービスはスマホアプリが提供されており、いつでもどこでも簡単に購入できます。

優れた操作性で初心者の方でも使いやすくなっているので、これらのサービスの中から仮想通貨を購入してみてはいかがでしょうか。

(1)Coincheck

出典:Coincheck

Coincheck」は国内の仮想通貨取引アプリの中でダウンロード数No.1を誇るサービスです。また、取扱通貨も15種類で国内最多となっています。スマホアプリも提供されており、約500円から仮想通貨を購入できるので、初心者の方は迷ったらCoincheckで投資を始めるとよいでしょう。

(2)SBI VCトレード

出典: SBI VCトレード

SBI VCトレード」は大手証券会社のSBIグループが提供しているサービスで、トップクラスのセキュリティ対策が特徴です。スマホアプリも提供されており、シンプルな操作性がビギナーからの支持を集めています。取扱通貨はビットコイン、イーサリアム、XRP(リップル)の3種類ですが、リップルの手数料が安いことからリップルを軸にする投資家に人気があります。

(3)bitFlyer

出典:bitFlyer

bitFlyer」は国内ビットコイン取引高がNo.1のサービスで、国内最大級の取引量を誇っています。取引量が多く流動性も高いので、他の仮想通貨取引所と比較してビットコイン取引をスムーズに行うことが可能です。また、bitFlyer経由でショッピングをするとビットコインが無料でもらえることがあるので、少額から始める人におすすめです。bitFlyerもスマホアプリで手軽に始めることができます。

まとめ

仮想通貨の買い方は非常に簡単です。口座を開設し、販売所や取引所、各注文方法などの基礎知識を身につければ誰でも手軽に購入することができます。

仮想通貨は500円程で購入できるので、まずは少額から始めてみてはいかがでしょうか。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。