• 資産運用
  • 2019/10/19

ゼロから分かる初心者向け金投資入門【vol.9】「具体的な情報収集」方法とは?

これまで金に関する内容を8回ほど執筆してきましたが、そろそろ金投資をしてみたくなった方も多いのではないでしょうか。既に実践している方もいるかもしれません。

さらにいろいろな情報を得ながら金投資をやってみたい方向けに、今回はどういった情報を入手しておくと金投資に有益となるか、情報入手の行い方について解説して行きましょう。

また、金投資で知っておきたい金相場特有の傾向についても解説し、より金投資を身近になるように感じてもらえればと思っています。

<金投資入門シリーズ>

・金投資の具体的な3つの情報収集法

(1)一般社団法人日本金地金流通協会「貴金属市場の動向」

金価格の最新の動向を知りたい方は、一般社団法人日本金地金流通協会ホームページにある「貴金属市場の動向」を確認されるとよいでしょう。

最近1ヵ月の金価格の動きがなぜそうなったのか、簡潔に記載されています。

>>一般社団法人日本金地金流通協会「貴金属市場の動向」

多少の経済知識は必要になりますが、どういった場合に金価格は上げるのか、下がるのかを実践にて把握することができるでしょう。なお、金以外にもプラチナ市場の動向や為替市場の動向も確認できます。

(2)田中貴金属の「Gold Survey」

次に1年間などの動き、需要と供給の動向など、中長期的な流れをつかみたい方は、田中貴金属工業株式会社が公表している「Gold Survey」を読んでみましょう。

>>GFMS Gold Survey 2019

こちらはトムソン・ロイターGFMS社が発行している世界の金の年次の調査報告書になります。日本語版での案内のため、気軽に読めるのではないでしょうか。

このレポートでは中長期的にみて、金の供給がどうなっているのか、それに対して需要はどの程度あるのかを確認できます。

また価格と市場の見通しを確認することで、今後の金価格の目安も想定できることでしょう。どういった投資(現物、ETFなど)が増えているのかも確認できるため、投資の仕方においても参考になると思います。

(3)日経新聞のマーケット欄

もう一つ、できる限り金に関連する最新のニュースを知りたい方は、日本経済新聞のマーケット欄を確認するのも良いでしょう。

マーケットの商品市況ニュースを確認することで、金価格の最新動向を確認できるほか、世界情勢から金価格の動きを把握することも可能です。インターネットの記事でも確認できます。

短期か中長期かで見るべきポイントも異なるため、いずれも読んでいただくと金価格動向をより詳細に把握できると思います。私も個人的にこの3つの情報源は大変重宝しています。

・金特有の相場動向を理解しよう

金投資を行ううえで、最新の情報の他、金特有の相場観も理解しておくと良いでしょう。

いろいろありますが、有名どころも合わせてご紹介します。

(1)金価格と米ドルは逆の動きをする

金価格と米ドルの動きは逆の動きをするということは広く知られているのではないでしょうか。

米ドルが下落する(ドル安)ときには金価格は上昇するという関係がありますが、この背景には「金利動向」があります。

仮に米国が金利を下げる行動に出たとしましょう。

その際には、米ドル預金の金利は下がり、相対的に利息のつかない金の魅力が高まるため金を買う人が増え金価格が上昇すると想定されます。

一方米ドルは金利低下により魅力が薄れるため売られることになり米ドル安へとつながります。

また、米ドルの信認が下落すれば、安全な逃避先として金が買われる傾向があるでしょう。

中東情勢などが不安定になると米ドルは売られその代わり金が買われるといった事態になります。

世界情勢が不安定な状況になったときは金価格が上がりやすいため、こうした状況下になった場合には金は買い!といえるでしょう。

(2)金価格の「アノマリー」

もう一点これはアノマリーと呼ばれる傾向をお伝えしておきます。金価格を1993年2月以降調べてみると、3月、6月、7月、10月に下落傾向、それ以外は上昇傾向にあるということがわかっています。

もちろん必ず上がると断定はできませんが、11月~2月は上がりやすい傾向にあります。そのあたりで買ってみるのも面白いかもしれませんね。

以上、今回は金の情報入手手段と金特有の相場を確認してきました。是非参考にしてみてください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。