• 資産運用
  • 2019/7/8

ゼロから分かる初心者向け金投資入門【vol.4】売られる原因と「4つの心がまえ」

売られる原因と「4つの心がまえ」

前回「ゼロから分かる金投資入門【vol.3】金が買われる4つの要因は」では、金価格が上がる理由について考えてきました。

それでは、金価格が下落する可能性がある場合はどのようなケースでしょう?

今回は金価格の下落理由を捉えながら実際に金投資を行う際の心構えについて解説をしていきましょう。(伊藤亮太・ファイナンシャルプランナー)

・金が売られる原因とは?

金がどんな時に買われるかに関しては、前回お話していきました。

逆にどのような時に金価格が停滞するか、また需要が減ってしまうのか見ていきましょう。

1)「有事の金」で無くなった時

19年6月現在ではの世界情勢を例にすると、米中の関税戦争やイランと米国の対立が解決した場合は「有事の金」ではなくなるため、金価格の安定へと繋がる可能性が考えられます。

また米国での利上げや利下げも金価格に影響します。前回もお伝えした通り金利と金は逆の関係にあるため、ここ数年来続いてきた利上げが今後も継続された場合は価格の停滞へとつながる恐れもあります。

2)経済成長の鈍化

経済成長の鈍化等により景気が冷え込むような可能性が出てきた場合は金の実需の減少も考えられるでしょう。

特に中国やインドにおける実需が減った場合、金価格停滞へとつながる可能性があります。

現状では考えにくいですが経済危機等が生じるとその対応策のためにIMF等が金売却を行うこともあり、それも金価格を押し下げる原因となるでしょう。

ニュース等でこういった内容の報道があった場合は、金価格が敏感に反応する可能性があります。

・金投資を行うための「4つの心得」とは?

前回は買われる要因、今回は売られる要因を見ていきましたが、金投資を行う上での心得6箇条について説明していきましょう。

1.積立て投資を実行

金投資を行う際には積立て投資を検討することが大事です。

有事の金買いでまとめて購入することももちろんかまいませんが、いつ上がりいつ下がるかよめないのが通常でしょう。

中長期的には世界的に人口増加や需要増加が見込まれるため、下がったときには多く購入できる積立て投資が有効となります。

これは月々3,000円など少額からできます。

2.為替に着目する

金は世界で見れば米ドル建て、日本国内では円建てになります。

つまり、円高ドル安になれば金価格は日本では下がる可能性があります。為替の動きもチェックしておきましょう。

3.経済の動き・流れをつかむ

金価格は結局の所、経済情勢により変動します。

経済の動き・流れをつかみ、中長期的に金価格がどちらに動きそうか大局をつかむことが重要です。

4.大儲けしようと考えない

金はお守りと考えましょう。

株式と異なり日々数%や数十%など大きく変動することは極めてまれで、あくまでも大儲けするための資産ではありません。

ただ、じわじわ上がって利益が膨らんでいく可能性が金投資の醍醐味でもあります。

・金投資は他の資産との組み合わせを考える

金投資は一般的に資産の5~10%程度組み入れると良いといわれています。

金には利息が付かず値上がり益を狙うしかないため、他の資産で利息等の収入は得る事はもちろん大切です。

また組み入れ比率はご自身で決める必要もありますが、何かあった場合の備えとして金を持っておくと心強い味方になってくれるでしょう。

ゼロから分かる金投資入門

【資産運用のマメ知識】

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。