• FX, 資産運用
  • 2019/9/1

最短&最安のFX勉強法はコレ!最短ルートで勝てるFX投資家になる方法

FXはしっかり勉強すると結構儲けることができるようだという印象をお持ちの方は、とても多いと思います。

そのイメージは間違いではなく、むしろFXは運で勝てるものではなく、勉強したらその分だけ勝てる可能性が高くなる投資だと言えるでしょう。

しかし、FXの勉強といっても何から始めれば良いのか?効率良く勉強ができる方法はないか?さらに言えば、お金をかけずにFXの勉強ができる方法はないだろうか?といった疑問が次々とわいてくると思います。

そこでこの記事では、これからFXを始めようと思われている超初心者の方にとって必要なFXの知識と、それらの知識を勉強する最も効率が良くお金がかからない方法を伝授したいと思います。

FXでしっかり稼げるようになりたいとお考えの方に有益な情報ばかりなので、どうぞ最後までお付き合いください。






目次

1、FXで勝ちたい、利益を上げたいという方の思いを整理

FXで勝ちたい、儲けたいとお考えの方が今の段階でお考えのことを、簡単にまとめてみました。そしてこれから始まるFXの勉強を前に、モチベーションを高める意味でも勉強の重要性を再確認しておきましょう。

(1)FXで勝つには勉強が必要だと思う

FXは外国為替市場を舞台にした投資であり、そこには明確な勝ち負けがあることはご理解いただいていると思います。つまり、FXで儲けるには勝たなくてはなりません。そして勝つためには、外国為替市場を理解してそれをトレードに結びつけるための勉強が必要です。

今の段階でFXには勉強が必要だとお考えなのは、とても前向きなことだと思います。FXがギャンブルではなく投資であることをしっかり理解されているのですから。

この記事ではFXで勝つためにどんな知識が必要なのか、その知識をどうやって勉強すれば良いのかという、この段階で重要な情報を網羅していますので、どうぞご期待ください。

(2)勉強するなら効率良く学びたい

FXの勉強をする目的は、ずばり「FXで利益を上げること」です。FXの勉強をするといっても、そのことに関係のないことはあまり勉強しても意味がないとお感じでしょう。

この記事ではFXで利益を上げるために必要な知識を網羅していきますが、外国為替を勉強するとなると、膨大な情報量になってしまいます。あくまでもFXで勝つための知識にフォーカスしており、無駄な知識まで範囲を広げるようなことはしませんのでご安心ください。

(3)勉強をしたらすぐに実践して利益を上げたい

勉強するなら効率良く、そして少しでも早く実戦デビューを果たして利益を上げたいというのが本音だと思います。あまり焦りすぎると冷静な投資判断を鈍らせてしまうので急ぎすぎることは感心しませんが、少なくともこの記事でご紹介している知識をマスターすれば、FXで勝てるだけの下地はできると思います。

実際のトレード技術は経験からしか学べないことも多いので、そこから先は実践から学びつつ腕を磨いていくのが良いと思います。

というわけで、この記事を読み終わっている時には、FXを始めるために必要な知識が身についているはずです。

2、FXの勉強でこれだけは知っておきたい5項目

FXで勝つための知識は多岐にわたりますが、その中でも必要な知識を5つのカテゴリーに整理してみました。以下の5つの知識をしっかりと押さえておけば、FXで勝てるようになりますので、まずは「この5つの知識を身につける」ということを目標にしてください。

(1)外国為替市場の仕組み

FXの主戦場となるのは、外国為替市場です。外国為替とは異なる通貨を両替する仕組みのことですが、外国為替市場という名前の取引所あるわけではありません。外国通貨同士の両替を行っている金融機関が集まっている都市が自然に〇〇市場と呼ばれるようになり、そこで活発に通貨取引が行われています。

現在世界の3大市場といわれているのは、東京、ロンドン、ニューヨークです。それぞれ時差の関係で1日を3分割するような営業時間で市場が動いているため、外国為替市場は24時間常に動いています。

そんな外国為替市場を相手にしているため、FXは24時間いつでも取引が可能なのです。

本来、外国為替市場は貿易での決済に使用する外貨を調達するためにある市場ですが、今では投機的な取引をする投資家も多いため(個人のFX投資家もこれに含まれます)、日々膨大な取引が行われています。

(2)FXの注文方法と種類

FXの注文は、FXの取引を扱っている会社(FX会社)に開設した口座で行います。基本的な注文は売りか買いですが、現状レートで売買をする成行注文や、設定したレートになったら注文を発動する指値注文、さらにはある注文が成立したらもうひとつ設定しておいた注文が出されるというIFD(イフダン)という注文もあります。

その他にもトレール注文や自動売買など、FXは投資家のニーズに合わせて実に多彩な注文方法が用意されています。

(3)テクニカル分析、チャート分析

FXで勝つために絶対必要となるのが、テクニカル分析です。チャートを使って分析をするため、チャート分析と呼ばれることもあります。チャートでは過去の値動きをグラフ化したものにさまざまな技術が導入され、今後の相場展開を予想するヒントを与えてくれます。それをテクニカル分析という技術を用いて分析すると、相場の動きを予測する精度が高くなります。

今の段階ではよく分からないかもしれませんので、まずは「FXで勝つにはチャートの勉強が必須」だと覚えておいてください。

(4)ファンダメンタルズ

テクニカル(チャート)分析と並んでFXで重要になるのが、ファンダメンタルズです。ファンダメンタルズとは基礎的要因という意味で、その通貨を発行している国の政治や経済などのニュースによって相場が受ける影響のことをいいます。

例えば、2019年の世界経済で注目されているファンダメンタルズ要因といえば、何と言ってもアメリカと中国の貿易戦争です。アメリカが強硬的な態度に出るたびに、為替市場は円買いドル売りという反応を示します。これはなぜかと言いますと、ドル円相場は株価との関係性が深く、株価が下がるとリスクオフといってリスクを好まない投資マネーが比較的安全な通貨だとされる円に流入します。そのためトランプ大統領が強硬的な発言をすると貿易戦争の悪化を懸念して株価が下がり、円高となります。

このように現実の世界で起きているニュースや動きなどを注視していると、ファンダメンタルズによって動く相場をとらえることができます。

(5)トレードの実践

外国為替市場の基本、FXの注文方法、そしてテクニカルとファンダメンタルズ。これらを踏まえた上で、最終的にFXの投資技術を磨いてくれるのは実践です。自分でやってみて結果がどうなったのかを実感することで、経験値が積み重なっていきます。経験に勝る教科書はないので、基本をマスターしたらあとはひたすら実践あるのみだと思います。

3、オススメ順別 FXの勉強方法4選

それでは、効率良くFXを勉強する方法を4つご提案したいと思います。この方法はいずれも筆者が実際にやってきたことであり、そこから得られたものが大きかったのでオススメです。

(1)オススメ度1位:初心者向けのFX本を読む

本のメリットは、必要な知識が難易度順に整理整頓されていることです。ネットの記事などからでも勉強できることは多いですが、順序を自分で意識しなければならないことがあります。

その点、本の最初のページに書かれていることは、どんな本であってもその本の中で最も初心者向きの情報です。読み進むにつれて知識のレベルが上がり、順序良く知識を身につけていくことができます。

書店に行くとFXの初心者向けの本は数えきれないほどあります。逆にこれだけあると選びにくくなってしまいますので、筆者オススメのFX初心者本を後ほどご紹介します。

(2)オススメ度2位:FX会社の解説ページを読む

本の活用に続いて、筆者がオススメしたいのはFX会社の特設ページです。FX会社の公式サイトにはほぼ必ず、FXの基本について解説しているコーナーがあります。もちろん顧客獲得という目的を持った宣伝のために設置しているわけですが、FXの基本を学ぶには実に便利です。しかも完全無料なので、FXの仕組みを理解するところまでであれば、こうした特設ページで十分だと思います。

(3)オススメ度3位:FXで稼いでいる人のサイト、ブログから知識を吸収する

すでに稼いでいるFX投資家、成功しているFX投資家の中には自分の考えを公開しているサイトやブログを持っている人がいます。少しFXに慣れてきた人がさらに上を目指す場合、ご自身の投資スタイルや価値観に近いFXブロガーを見つけることができれば、大いに参考になると思います。

ただし、こうした成功者のブログから学ぶというのは、先述したように少しFXに慣れてからのほうが良いでしょう。あまり初心者のうちに特定の投資家の価値観に触れすぎると、その価値観に染まってしまう可能性があるからです。

(4)オススメ度4位:とにかく少額からやってみる

先ほども述べたように、最終的にFXのトレード技術を上達させてくれるのが、実践です。FX会社の中にはデモトレードといって仮想の投資金を使ってトレードを体験できるサービスがありますが、これはあくまでも口座の使い勝手を知るためのものだと思っています。

人間は実際にお金が動いていないと本気になれないところがあるので、デモトレードよりも少額の実践トレードをオススメします。負けるともちろんお金が減ってしまいますが、少額であれば数百円程度のダメージに抑えることができます。

FX会社の中には標準単位である1万通貨単位よりも小さく、1000通貨単位で取引ができるところがあります。SBI FXトレードは1通貨単位からでも取引可能なので、こうした会社に口座を開設して少額トレードを活用してFXの勉強を進めてください。

4、初心者向けのオススメFX本3選

これからFXを始めたいとお考えの超初心者の方にオススメの、FX本を3冊ご紹介します。

(1)(入門書)めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門

FXの入門書として、長らく定番とされている本です。この本の著者である「ザイ」の編集部はFXだけでなく株関連でも良質な記事をネットでも配信しており、FXについても高い評価を得ています。とても実践的な内容なので、すべてのFX初心者の方に手に取っていただきたい一冊です。

(2)(入門書)はじめてのFX 1年生 儲かる仕組み損する理由がわかる本

FXはトレードのやり方によっては、とてもハイリスクにもなりうる投資です。この本ではそんなリスク部分についてもしっかりと解説されており、初心者が無防備に危険なトレードをしてしまうことに警鐘を鳴らしてくれています。

FXに関する基本もしっかり網羅されているので、もちろんこれ一冊でもFXの基本をマスターできます。

 

(3)(チャート学習用)世界一わかりやすい!FXチャート実践帳

FXで勝つにはチャートが必須であると述べてきましたが、この本はその超重要なチャートを学ぶことに特化したFX本です。この本を読むと、筆者がなぜここまでチャートの重要性を説いているかがよく分かっていただけると思います。

そして本を読むだけでその重要なチャート分析力が身につくのであれば、安いものだとも実感できること請け合いです。

 

5、効率良くFXを学べる特設ページ3選

初心者向けのFX本に続いて、ここでは完全無料でFXの基本を学ぶことができるFX会社の特設ページをご紹介します。

(1)外為オンライン

FX会社の中では中堅といったところですが、「iサイクル」という自動売買注文に定評があります。その「外為オンライン」が提供しているFX勉強コンテンツは図解や漫画を使うことで、「FXって何?」「外国為替って何?」という状態の方であっても体系立ててFXを勉強できるように構成されています。

FXがはじめての方へ(外為オンライン)

https://www.gaitameonline.com/fx-info.jsp

(2)SBI FXトレード

SBI FXトレードのFX勉強コンテンツは、注文方法にまでかなり突っ込んだ解説があるのが特徴です。FXは注文方法がとても多彩なので、それをマスターすることも大きな武器になります。

はじめてのFX(SBI FXトレード)

https://www.sbifxt.co.jp/beginner/step01.html

(3)外為どっとコム

FX業界の中でも老舗とされる安定の業者、「外為どっとコム」。FX勉強コンテンツについてはあまり詳しく説明をするというスタンスではありませんが、むしろ最小限の知識だけでいいという方には適していると思います。初心者の方がいきなり膨大な文字量の解説を見ても面食らってしまうかもしれませんので、最初に見るべきコンテンツとも言えます。

FXが初めての方へ(外為どっとコム)

https://www.gaitame.com/beginner/

6、少額からFXをやってみる際のポイント

筆者が推奨している少額からのトレード体験について、そのトレード体験で大やけどしてしまわないようにする注意点と、トレード体験を今後の勉強に役立てるための考え方について解説します。

(1)デモトレードではなく1000通貨単位以下でトレードをする

先ほど、デモトレードと少額トレードの違いについて触れました。デモトレードは全くお金が動かないのでリアリティに欠けると述べましたが、もちろんデモトレードでも十分リアリティを感じることができるという方や、少額であっても大切なお金を危険にさらしたくないという方は、デモトレードを選択するべきでしょう。

しかし、いざFXを本格的に始めたあかつきには、少額では済まないお金をリスクにさらすことになります。そのための訓練という意味においても、自分の大切なお金を実際に使うのであれば、1000通貨単位の少額トレードをオススメします。

(2)戦略(仮説)を立ててから注文を出す

FXの勉強で重要なのは実践であると述べてきました。実践をする前には必ず仮説があります。相場展開を自分なりに分析してみて、今後どう動くかという仮説を立ててそれを実際の注文行動に移すのがFXトレードです。

多くの投資家はそれを無意識の中でやってしまっていますが、初心者のうちは立てた仮説をメモしておくなど、何らかの形で記録しておきましょう。

すでにベテランのFX投資家で、自身の仮説をブログに毎日公開しているという人を知っています。その人が仮説を公開するのは、そうすることで後から読み返せるということと、他の人にも見られている状況を作ることでしっかりと相場を分析し、仮説を立てるようになるからだそうです。

(3)結果がどうだったのかを検証する

立てた仮説に沿って注文を出すと、その注文が何らかの結果を出します。結果は3通りしかありません。

  • 思惑通りに儲けが出た
  • 思惑が外れて損失が出た
  • 指値の場合、注文が成立しなかった

上から順にプラス、マイナス、そしてゼロという結果です。その結果を踏まえて、仮説と比較してどうだったのかを検証しましょう。仮に利益が出たとしても、もしかしたら仮説通りではなく「結果オーライ」だったこともあるでしょう。それも含めて、仮説に基づいて出した注文の顛末をしっかりと把握してその理由も知ることが、生きたFXの勉強です。

(4)スワップのことはあまり考慮しない

FXには、スワップという概念があります。スワップ狙いでポジションを持ち続けるというトレードスタイルもありますが、初心者の方で目下勉強中という方はあまり関係がないと思ったほうが良いでしょう。

基本的にスワップ狙いの場合はポジションを持ったまま放置することになるため、トレードの勉強という意味ではちょっと違うかなと思います。

FX初心者の方は、あくまでもレート変動差(キャピタルゲイン)を狙っていく勉強をするべきなので、少額トレードにおいてもスワップをあまり意識する必要はないのです。

(5)さまざまな時間帯、通貨でトレードしてみる

FXは世界中の市場が時差の順に動くため、24時間常に動き続けています。その中でも東京市場が動き始める10時前後、東京終了とロンドンスタートの16時頃、そしてニューヨークスタートの21時半頃はいずれも相場が動きやすくなります。特定の時間帯だけでトレード体験をするのではなく、一日のうちのさまざまな時間帯にFXと関わるようにしてください。

そのことにより、各時間帯の特徴や傾向などが見えてくるようになります。

例えば、日本の株が下落したあとで始まるロンドン市場は欧州株も下がる可能性が高いため、ロンドンスタート直後に一度大きな円高に振れる可能性もある、といった具合です。

まとめ

FXで勝つには勉強が不可欠であるという前提に立ち、どうすれば効率良く、なおかつお金をかけることなくFXの勉強ができるかという方法論を伝授してきました。大切なのは何で勉強したのかではなく、何を勉強したかです。

実践を重視した解説をしてきましたので、少額トレードの実践も交えながら効率良くFXのトレード技術を磨いていただければと思います。