• 仮想通貨
  • 2021/4/1 (更新日:)

仮想通貨のファンダメンタル分析とは?活用方法を解説!

良く投資の世界では耳にする言葉ですが、ファンダメンタル分析についてよく分かっていない方も多いのではないのでしょうか?

ファンダメンタル分析は多くの投資家に活用されており、リスク回避や機会損失をしないためにとても重要になる分析方法です。

そんなファンダメンタル分析のメリットや分析をする際の重要ポイントについて解説いたします。

1、ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析とは、経済動向や財務状況をもとに将来の値動きを予測する分析方法です。
仮想通貨のファンダメンタル分析は、現在の価格が「割高」なのか「割安」なのかを考えるのが基本です。

例えば、仮想通貨が国内取引所に上場したタイミングでは価格が上がりやすいです。
このときの仮想通貨の価格は一時的に上がっているため、割高なことがわかります。

もし、ファンダメンタル分析をせずにこの情報を知らなかった場合、価格が上がってきていると勘違いして、割高なタイミングで購入してしまうこともあります。
こういったリスクを回避するためにも、ファンダメンタル分析は重要です。

(1)ファンダメンタル分析をするメリット

ファンダメンタル分析をすることで様々なメリットがあります。

①値動きの理由がわかる

仮想通貨の価格が大きく変動する時には、必ず変動した理由があります。
その理由は、テクニカル分析だけでは知ることはできません。

経済状況やニュースを把握することで、大きな変動の理由がわかり、価格変動の原因を突き止めることができます。

②機会損失が減る

仮想通貨の開発・運用チームの公式SNSアカウントなどで、アップデート情報が事前に公開される場合があります。

これらの情報を事前に知っておくことで、アップデート前に仮想通貨を購入し、アップデート後の値上がりしたタイミングで売ることができます。
このような値上がりの機会を逃さないためにもファンダメンタル分析は有効です。

③リスク回避ができる

価格が下がりそうなネガティブなニュースを早く知ることで、リスク回避をすることができます。

また、一時的に価格が高騰している割高なタイミングで買うことを未然に防ぐこともできます。

④中長期的な価格予想に効果的

ファンダメンタル分析は、中長期的な価格予想にとても向いています。
仮想通貨の開発状況や発行元の財務状況を把握しているのとしていないのでは、価格の推移が予想しやすいのは当然把握している方です。

(2)テクニカル分析との違い

ファンダメンタル分析とは別に、テクニカル分析という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか。

テクニカル分析は、チャートの動きから分析するファンダメンタル分析とは対照的な分析方法です。

「どっちの方がいいの?」と疑問を持つ方が多くいますが、テクニカル分析とファンダメンタル分析は両方使うのが最も効果的です。

両者はお互いの足りない部分を補うことのできる対の存在であると認識しておきましょう。

2、ファンダメンタル分析の重要ポイント

ファンダメンタル分析をする際に重要なポイントが3つあります。

(1)経済状況要因

仮想通貨は、少なからず国際情勢や経済状況に影響を受けます。
FXや株式に比べると影響は少ないですが、チェックしておくに越したことはないです。

特に、国による仮想通貨取引の規制など仮想通貨の法律に関することは影響しやすいので必ずこまめにチェックしましょう。

(2)技術的要因

技術的要因は仮想通貨関する専門知識が必要になりますが、価格変動に大きく影響する項目なので抑えておくべきです。

過去に、「ビットコインが分裂した」や「ハッキングによって仮想通貨が流失した」といった出来事がありました。

仮想通貨の流失はもちろん値下がりする要因なのですが、ビットコインの分裂に関しては、どっちに転ぶかわからないのです。
分裂は基本的に大型アップデートにより起こりうるものです。

そのアップデートがプラスになるのかマイナスになるのかはわからないので、アップデート内容を確認してどっちに転ぶか予測できるようにある程度の専門知識を付けておくことをおすすめします。

(3)競合優位性

仮想通貨には様々な種類がありますが、似たような機能をもつ仮想通貨もたくさんあります。
例えば、決済通貨ではビットコインが有名ですが、ライトコインなど他にも決済用通貨が存在します。
似たような通貨は「時価総額」「発行枚数」「市場規模」などを参考に適正価格を割り出してみるのも有効です。

3、ファンダメンタル分析をする際に知っておくべきキーワード

ファンダメンタル分析をする際に、どうしても専門的なワードがたくさん出てきます。
その中でも特に知っておくべき専門知識を3つ解説いたします。

(1)半減期

半減期とは、マイニングによる報酬が半分になるタイミングのことです。
ビットコインを例に挙げると、半減期は4年に一度の周期で訪れます。
また、直近の半減期は2020年の5月でした。

半減期の前後は価格が大きく変動する可能性が高いため、必ずチェックしておきましょう。
ちなみに2020年5月の半減期では、ビットコインの価格が、70万円前後だったのが100万円前後まで価格が上がりました。

(2)バーン

バーンとは日本語で「焼却」のことで、すでに発行して流通している仮想通貨を焼却処分して希少価値を高め、価格を上昇させることが目的です。

最近では、ステラルーメンが総供給量の半分をバーンしたことで、価格が20%高騰しました。
半減期と同じように、バーンも大きな価格変動する可能性が高いのでチェックしておきましょう。

(3)FUD

FUDとはFear(恐怖)Uncertainty(不安)Doubt(疑惑)の略です。
簡単に言うと、デマ情報のことを指しています。

仮想通貨の世界では、自分の思い通りに価格を動かすために、デマ情報を流してコントロールしようと考える人がいます。
そのようなFUDに騙されないように情報収集を行いましょう。

4、おすすめ情報収集方法

先ほど言ったように、仮想通貨の情報にはFUDやフェイクニュースが存在します。
デマ情報に流されないように、信用性の高い情報仕入れる必要があります。
そんな信用性の高い情報を得られるおすすめの情報源を紹介します。

(1)行政機関

国が発信する情報はかなり信用性が高いです。
仮想通貨関連の情報は、金融庁や経済産業省が該当します。
特に仮想通貨の取引に関する規制は値動きに大きな影響を与えるので、必ずチェックしましょう。

(2)仮想通貨取引所

仮想通貨取引所の情報も価格変動に大きな影響を与えます。
例えば、国内取引所に新しい仮想通貨が追加されたとき、その仮想通貨の価格は大きく変動するでしょう。
そのため欠かさずチェックするようにしましょう。

(3)仮想通貨の開発・運営チーム

ファンダメンタル分析において仮想通貨の公式情報は1番重要と言っても過言ではありません。
仮想通貨の開発・運用チームによる公式な情報は、主に技術的なアップデート情報や、大手企業との提携情報が多いため、大きく価格変動に影響します。

仮想通貨は公式のSNSアカウントを運用しているので、フォローして常に情報が入ってくるようにしましょう。

(4)ニュース

新聞やニュースサイトの情報も信用性の高い情報です。
仮想通貨の情報を発信しているニュースメディアなどは素早く情報をキャッチできるため、ニュースメディアもおすすめです。

5、まとめ

いかがだったでしょうか?
ファンダメンタル分析は、正確な情報を素早くキャッチすることが大切です。
テクニカル分析と一緒に活用して、トレードに活かしましょう。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。