• 不動産投資
  • 2019/3/15

【不動産投資の失敗事例】外観だけで決めた物件はシロアリだらけだった……

不動産投資をする人であれば、失敗は絶対に避けたいことでしょう。この記事では不動産投資で後悔しないために不動産投資家が行いがちな失敗の事例を紹介します。不動産投資をしていく上で、何をするべきで何をしてはいけないのかを事例から学ぶことは有益です。不動産投資で成功するための知識として役立ててください。(尾嵜豪・不動産コンサルティングマスター、ウィンドゲート代表取締役)

売却時に調べると基礎の柱にシロアリが……

今回の主人公は、不動産投資家のAさん(30代、サラリーマン)です。Aさんは、賃借人が退去してしまうと、賃料がゼロになってしまう区分所有のマンション投資よりも、仮に一人が退去しても家賃収入が見込める複数の部屋がある一棟アパートで投資をしたいと考えていました。

不動産会社に相談したところ、東京・中野区にある築30年の一棟木造アパートを提案されました。部屋数が全6室と小ぶりな物件でしたが、相続を受けたばかりで手元資金があり、収入もかなりあったこと、さらに減価償却で節税も図れると聞いたため購入に踏み切りました。

ただ、Aさんは、築年数が少し気になりました。加えて、室内は満室稼働のため見ることができませんでした。それでも外観を見る限りでは築30年には見えなかったことが決め手となり買うことにしたのです。

売買契約時に売主から取得できる物件状況報告書を確認したところ、特に修繕すべき部分や気になる部分、雨漏り、シロアリの被害などはないと記載されていました。物件は購入後も、ある程度の利回りが確保できたので、安定した収入が得られる良い買い物をしたと喜んだのです。

しかし、1年ほど経過した段階で、Aさんは、どうしても現金が必要になり、アパートを売却することに決めました。そして、新しい買主からは、購入にあたりデューデリジェンス(建物調査)を行いたいとの要望があり、対応することにしたのです。

物件には空室が1部屋あったので、その部屋から建物の地下を調査しました、すると、シロアリだらけで基礎部分の柱が食べられており、補強をしないと地震が来た時に倒壊の可能があることが分かったのです調査後、買主からは柱の補強などを購入条件に突き付けられました。

知らない」「担保期間オーバー」で前所有者は負担逃れ

慌てたAさんは、すぐに補修工事の見積もりを取ります。100万円単位の費用がかかるとのことでした。それでも急いで現金が必要だったAさんは、修繕を行い売却をしました。その結果、補修費用がかかった上に、売却価格が下がったことも重なり、賃料収入も全て消えて数百万円の損失になってしまいました。

Aさんは前の所有者に苦情を言いました。しかし、売主は個人で「そもそも建物のシロアリ被害という瑕疵(かし)があることを知らなかった」と言われます。さらに「瑕疵担保期間(売主が知らなくても問題があった場合、修繕をしてもらえる期間)が3カ月と短く、その期間をすでに超えてしまっていた」と言われたのです。そして、この2つを理由に修繕費などを負担してもらうことはできなかったのです。

問題あり物件を購入してしまった2つの原因

問題あり物件を購入してしまった2つの原因

なぜ、Aさんは、このような問題ありの物件を購入してしまったのでしょうか。私が考える原因は以下の2つです。

(1)購入前のデューデリジェンス(調査)をしなかった
(2)築年数が古い木造建築のリスクを考えていなかった

1つめは外観だけで決めてしまい、建物の詳細な調査を行わなかったことです。2つめは築年数が古い木造建築は、今回のようにシロアリ被害を受けていたり、柱などが腐っていたりする可能性があります。そのリスクを考えなかったことです。厳しいようですが、2つともAさんの脇が甘かったといえます。

中古一棟は事前調査を必ず行うべし

みなさんは、Aさんと同じようにならないために、どんな予防策を考えておくべきでしょうか。

それはズバリ、

一棟物の建物、特に築年数の経過した木造の不動産を購入する時は、事前の物件調査をする

ということです。

2018年4月からは、中古住宅を売買する時に、顧客がインスペクション(建物状況調査)をするかの説明と確認が仲介業者に義務付けられました。そのため、仲介業者にはきちんと調査を依頼することが大切です。費用はそれほど高くはありません。必ず行いましょう。

中古の木造アパートは手ごろな上に、減価償却のメリットがあるため、人気があります。しかし、木造建築は「木」という物質の特性上、シロアリだけではなく、雨漏りなども起こりやすいといわれています。だからこそ、事前調査を詳細に行い、購入後も管理をしっかりと行うことが重要です。

不動産投資は自己責任を自覚する

不動産投資は、必要な調査や相談は必ず依頼するくらいの心構えが大切です。少しの費用や手間を惜しんだために問題のある不動産をつかまされることになってしまえば目もあてられません。大事な資産を守るためにも最終的には自己責任であることを肝に銘じましょう。

【不動産投資の失敗事例】
・期待していた家賃が入ってこない!

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。