• ファクタリング
  • 2021/3/25 (更新日:)

ファクタリングのメリットデメリットとおすすめの会社6選について解説!

ファクタリング メリット

最近会社の資金繰りが苦しくなってきた…という方必見です。
ファクタリングとは何かご存じですか?

ファクタリングは資金調達の手段の一つで、融資・借入などと比べてメリットが多数あります。

しかし大きなメリットがあるのと同時に、デメリットも存在しており、ファクタリングを利用する際はこれらについて理解していなければなりません。

ファクタリングを安心安全に利用していただくために、メリット・デメリットについての詳細を解説していきます!

1、ファクタリングとは?わかりやすく解説

ファクタリングとは、ファクタリング会社が依頼した会社の売掛債権を買い取るサービスのことです。
売掛金を早めに回収できるため、資金調達を迅速に行いたい場合に利用されます。

2、ファクタリングのメリット

ファクタリング メリット

次はファクタリングのメリット7点について解説していきます。

(1)迅速な資金調達ができる

ファクタリングを利用する1番のメリットは、迅速な資金調達ができることでしょう。

手数料はかかりますが、急に資金が必要になった場合、審査にかかる時間が短いためすぐに資金調達ができます。

さらに、規制が少ないため簡単に手続きできるのが魅力です。

(2)会社の信用情報に影響しない

売掛債権の売買取引なので、自社の信用情報に記録が残りません。

個人事業主や中小企業の場合だと、会社の信用情報がかなり重要となってくるため、大きなメリットといえます。

(3)審査が簡単

ファクタリングに必要な書類は主に

  • 売掛債権の請求書
  • 法人の登記簿謄本
  • 通帳

の3つととても少なく、用意するのも簡単で短期間で資金調達が可能です。

(4)担保・保証人なし

ファクタリングは売掛債権が担保になるので、担保や保証人なしで利用することができます。

(5)返金リスクがない

ファクタリングはお金を借りるという行為ではなく、売掛債権を売るための手数料をファクタリング会社に支払い、対価として売掛債権分の資金を支払ってもらうという行為になるので、ファクタリング会社に返金しなければならないことはありません。

また、取引先が売掛債権分を支払えない場合の貸倒れリスクも回避することができます。

(6)規制が少ない

融資や借入になると、金利の上限や総量規制など規制がたくさんあります。

しかしファクタリングだと売掛債権の売買を行っているだけなので、お金を借りるという行為にはならずに簡単に資金を得られます。

(7)2社間ファクタリングの場合取引先に知られない

3社ファクタリングはクライアント了承のもと行われますが、2社ファクタリングは、取引先を除いて取引が行われます

ファクタリングを利用していることが知られることは、会社の信頼度に関わってくるため、そのようなリスクを回避することができます。

3、ファクタリングのデメリット

ファクタリング メリット

次はファクタリングのデメリット3点について解説していきます。

(1)売掛債権が減る

ファクタリングする際に何%か手数料がかかるため、実際にもらえた金額よりも減ってしまいます。

(2)手数料が融資と比較すると高い

2社間ファクタリングと3社ファクタリングで金額は変わりますが、
2社間ファクタリングの方が高めに設定されており、大体相場は15~30%になります。
3社ファクタリングは1~9%です。

一時的な資金繰りで利用するにはあまり問題ないですが、長期に渡って利用してしまうと金利よりもファクタリング手数料の方が高くなってしまうので注意しましょう。

(3)法律の整備がされていない

新しくできた産業のため、法律の整備がなされていません。

手数料に関して、例えば借入では利息20%とまでと定められていますが、ファクタリングでは手数料が50%という会社も存在します。

しかし、それは違法ではないため一度契約してしまうと取り消しが困難になるので注意しましょう。

上記のメリット・デメリットを踏まえると、ファクタリングを利用する際は会社選定が重要だということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

そこで、おすすめのファクタリング会社については次章をご覧ください。

4、ファクタリングおすすめの会社6選

それでは、月間30万人以上が訪れるメディア「不動産投資の教科書」がおすすめするファクタリング会社を6社紹介します。

(1)PMG

ファクタリング メリット

PMGは東京本社・大阪支店・福岡支店に加えて全国7営業所を持っており、全国からファクタリングを利用できます。

また、ゼネラルリサーチによる2021年企業イメージ調査で3冠(顧客満足度・スタッフ対応満足度・対応スピード満足度)を獲得している業界大手のファクタリング会社です。

圧倒的な信頼感と最短で申し込んだその日に売掛債権を現金化できるスピーディーな対応が特徴となっています。

(2)MSFJ株式会社

ファクタリング メリット

MSFJ株式会社の特徴は、ネットで簡単に申し込めて最短即日で資金調達できる「クイックファクタリング」、1.8~6.8%の低い手数料で5,000万円までのまとまった資金調達が行える「プレミアムファクタリング」、10万円から買い取ってくれる「個人事業主専門ファクタリング」など様々なプランから選べることです。

手数料は業界最低水準で設定されているので初めてファクタリングを利用する方でも安心です。

(3)日本中小企業金融サポート機構

ファクタリング メリット

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人として運営されています。一般社団法人は株式会社とは異なり営利を目的としない団体であるため、低手数料で利用することができます。

独自のサービスとして、契約書類を郵送でやり取りすることで完全非対面を実現した「郵送ファクタリング」を実施しているので、遠方からでも利用することができます。

(4)ジャパンマネジメント

ファクタリング メリット

ジャパンマネジメントは、福岡に本社を構えるファクタリング会社ですが、東京にも支店があるので全国どこからでもファクタリングを利用することができます。出張買取や最短即日入金などのサービスもジャパンマネジメントの特徴です。

他の手数料が安いファクタリング会社と比較するとやや割高な設定になっていますが、一般的な売掛債権だけでなく診療報酬債権・介護報酬債権も売却することができる点は、他のファクタリング会社にはない魅力です。

(5)株式会社三共サービス

ファクタリング メリット

株式会社三共サービスは2001年に設立され、20年にわたってファクタリング事業を行ってきた実績と歴史のある会社です。

手数料の相場が10%とされる2社間ファクタリングを三共サービスでは5~8%という低い手数料で利用することができます。こちらのファクタリング会社でも診療報酬債権・介護報酬債権を売却することが可能です。

(6)えんナビ

ファクタリング メリット

えんナビ最大の特徴は24時間365日、土日祝日も対応している点です。このようなファクタリング会社は非常に珍しく、スピーディーに資金調達したい事業主の方にはありがたいサービスとなっています。

50万円という少額から5,000万円という大きな額まで対応している点や、郵送・電話のみで契約することができ、来訪が不要な点も魅力です。

まとめ

ファクタリングのメリットデメリットについて解説しましたが、いかがでしたか?

ファクタリングはメリットの数がかなり多いですが、法律が整備されていないことや、取引先に知られない分多額の手数料がかかってしまうなどデメリットもあります。

ファクタリングは十分に検討してから利用することをおすすめします!