• 資金調達
  • 2021/3/23

新しい資金調達の一つ 買取ファクタリングとは

ファクタリング

最近、「ファクタリング」という言葉をよく聞くようになりました。ファクタリングとは、新しい資金調達の方法として注目されているサービスです。

そこで今回は、当メディアにて

・ファクタリングとは
・買取ファクタリングとは
・買取ファクタリングの種類
・買取ファクタリングのメリットとデメリット
・おすすめのファクタリング会社

などについて解説します。資金調達のため、買取ファクタリングを調べたい方のご参考になれば幸いです。

1、ファクタリングとは

ファクタリング(factoring)とは、企業間の商品やサービスの取引において発生する、「売掛金債権」を買い取るサービスです。

企業間の取引では、売掛債務が発生することは珍しくありません。日本の商取引では、先に商品やサービスを提供し、後から代金の回収をする信用取引が一般的です。信用取引により商品やサービスを提供した企業は「売掛債権」という、未払い金の請求権利を得ます。

しかし、売掛債権があるにも関わらず、売掛先企業の懐事情や業績などにより、支払いが遅れたり、支払われなかったり、倒産されてしまったりなどの貸倒リスクが存在します。

ファクタリングを利用すれば、取引先からの支払いに問題が生じても、売掛金を売却して現金化できるのです。

2、買取ファクタリングとは

買取ファクタリングは、企業が売掛金を早期に現金化したい場合に使われるファクタリングです。売掛金は、発生した翌月末や翌々月末などの支払い期限までに振り込まれるのが一般的ですが、それまでに支払いや仕入れなどのため現金が必要になるケースもあります。

買取ファクタリングを利用すれば、売掛金の支払期日を待たず、すぐに売掛金を現金化できるのです。買取ファクタリングでは、売掛債務をファクタリング会社に売却し、手数料を引かれた現金を受け取ることができます。

ファクタリング会社の多くは「償還請求権なし」で買い取るため、万が一売却後に売掛先が倒産などして回収不能になった際も、代金を返済(売掛金の買い戻し)する必要がありません。

3、買取型以外のファクタリング

ファクタリングには、買取型以外にも「保証ファクタリング」「国際ファクタリング」という種類があります。

ここでは、それぞれのファクタリングについて解説します。

(1)保証ファクタリング

保証ファクタリングは売掛債権を買い取って資金化するものではなく、売掛先が倒産した場合など売掛金を回収できなくなったときに保証会社が保証してくれる仕組みです。売掛先企業に対し、支払い能力や与信状況の不安がある際に、未回収リスクを回避するための保険として利用されます。

保証型は売掛金が回収不能になった場合にだけ保証の対象になるサービスで、回収不能と判断されるのは経営破綻になったタイミングです。

【おもな履行条件】
・破産や会社更生の手続きが開始された
・特別清算が開始された
・民事再生や、その他法的倒産の手続きの申し立てがされた
・手形交換所の取引停止処分を受けた
・手形や小切手の不渡りを起こした
・任意整理着手を公表した
・すべての営業を廃止した
・本店事務所を閉鎖した

このように、経営破綻が確認されたタイミングで保証されるため、ファクタリング会社としては、倒産寸前の売掛先の保証は避けたいのが本音です。

そのため保証型は、与信審査のノウハウがある金融機関や大手企業のグループ会社が取り扱っている傾向があります。

(2)国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、輸出取引においてその代金を確実に回収するために採用される保証ファクタリングの一種です。国際ファクタリングでは、世界各国のファクタリング会社が連携することで、安全な代金回収や資金化を手助けしています。

例えば、貿易取引をする日本企業が海外企業へ輸出するとき、輸出代金を船積の30日後に送金するという決済条件の提示があったとしましょう。この輸出代金債権について、ファクタリング会社から支払保証を得たうえで、輸出の契約を締結させることができます。

国際ファクタリングで保証されるのは、輸入者の不払いなど信用事故だけです。非常危険(当事者に責任のない不可抗力的な危険のこと)やマーケットクレームなどは対象になりません。

4、2社間と3社間

買取ファクタリングには「2社間」と「3社間」という2種類があります。ここでは、それぞれの仕組みや特徴などを解説しましょう。

(1)2社間

「2社間ファクタリング」は、ファクタリング利用者とファクタリング会社の2社間で契約するタイプです。

すぐに売掛債権を現金化したい際に利用されます。売掛先企業に知られずに、ファクタリングを利用できるのが特徴です。

【2社間ファクタリングの流れ】
1.利用者は、ファクタリング会社へ請求書などの売掛金を証明する書類を提示する
2.証明する書類がファクタリング会社に認められると売掛債権を売却できる
3.ファクタリング会社は、手数料を除いた金額を依頼者へ支払う
4.売掛金が取引先から支払われたら、利用者はファクタリング会社へその売掛金を支払う

このように、入金予定を証明することによって手数料を除いた売掛金を、早めに手に入れることができます。

しかし、ここで気になるのが「手数料」ではないでしょうか。2社間ファクタリングの手数料は安くありません。ファクタリング会社は、買い取り後に利用者から逃げられたり、買い取った売掛先の企業に破産されたりするリスクがあります。そのリスクヘッジのため、手数料が比較的高く設定される可能性もあるのです。

(2)3社間

「3社間ファクタリング」は、ファクタリング利用者とファクタリング会社、売掛先企業の3者合意のもとで契約するタイプです

【3社間ファクタリングの流れ】
1.利用者は、ファクタリング会社へ請求書などの売掛金を証明する書類を提示する
2.証明する書類がファクタリング会社に認められると売掛債権を売却できる
3.ファクタリング会社は売掛先企業に、売掛金をファクタリング会社へ支払うように依頼
4.支払い期日までに売掛先企業はファクタリング会社に売掛金を支払う

このように、3社間ファクタリングでは、売掛先企業が直接売掛債権を買ったファクタリング会社へ売掛金を支払います。そのため、早期の現金化だけではなく、ファクタリング会社と売掛先が直接やり取りするため、手数料が低く設定されているのも特徴です。また、自社で売掛先に売掛債権の回収をする際のコストも抑えられます。

5、買取ファクタリングのメリット

買取ファクタリングには、以下3点のメリットがあります。

・期日前の現金化
・貸倒リスクの低減
・債権回収の人的コスト削減

ここでは、それぞれのメリットについて解説しましょう。

(1)期日前の現金化

買取ファクタリングは、売掛債権を決済期日前に現金化できることが大きなメリットです。例えば、会社で資金が急に必要になったとしましょう。銀行からの融資では間に合わないというケースもあります。

一般的に、銀行から融資を受けるには1ヶ月前後の期間がかりますが、買取ファクタリングなら最短1?2日前後で売掛債務を現金化できるのです。1~2日程度で現金化できれば、急な資金繰りにも対応できます。

しかし、一般的に浸透していない資金繰りという性質上「怪しいのでは?」と考える人もいるでしょう。ファクタリングは法律に触れるような怪しい取引ではありません。経済産業省中小企業庁が推奨する正規の資金調達法です。

(2)貸倒リスクの低減

ファクタリング会社へ売掛債務を売却し代金を受け取った後、売掛先企業が倒産したとしてもファクタリング会社から請求を受けることはありません。そのため、貸倒リスクを低減させることができます。

多くのファクタリング会社は、「償還請求権」のない契約です。ファクタリングでは、償還請求権の有無はとても大きなポイントになります。ファクタリングにおける償還請求権とは、売掛先企業の倒産などでファクタリング会社が回収不能になった場合、依頼者へ代金返還の請求を行える権利です。

ファクタリングでは、ほとんどの会社が「償還請求権なし」としているので、売掛先から回収不能になっても、依頼者へ請求されることはありません。しかし、逆に考えると「償還請求権あり」としている場合は請求されてしまうので注意が必要です。

(3)債権回収の人的コスト削減

とくに3社間ファクタリングで大きなメリットになるのが、売掛債権をファクタリング会社に売却することで、売掛先の債権回収を代行してもらえることです

自社で債権回収を行う場合は、法的な手続きなど人的なコストを負う必要があります。3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が売却先に債権回収を行うので、依頼者は債権回収に関わるコストを抑えられるのです。

6、買取ファクタリングのデメリット

買取ファクタリングには、以下点のデメリットがあります。

・契約書に債権譲渡禁止条項があると利用できない
・悪質なファクタリング会社の存在
・手数料が高い
・3社間の場合、売掛先企業に知られてしまう

ここでは、それぞれのデメリットについて解説しましょう。

(1)契約書に債権譲渡禁止条項があると利用できない

大きなデメリットとなるのが、売掛先企業との契約書に債権譲渡禁止条項の記載があると、買取ファクタリングの利用ができないことです。売掛先企業が債権譲渡禁止条項を記載する理由は、主に大企業などが支払先変更による経理処理の手間や、反社会的勢力との取引になることを避けるためです。

しかし、これは2020年3月31日までの取引までで、民法改正により2020年4月1日以降は対抗要件があれば取引可能になりました。ただし、売掛先企業が売掛債権を譲渡されたことを知らなかった場合は、ファクタリング会社など新しい支払先を拒否し依頼者へ直接支払うことができるなど制限があります。2020年4月1日以降の契約であっても、債権譲渡禁止条項がある場合はファクタリング会社と充分に相談しましょう。

(2)悪質なファクタリング会社の存在

悪質なファクタリング会社も存在します。ファクタリングを行う会社は、金融機関や大企業のグループ会社から中小零細企業までさまざまです。中には「闇金」のような悪質なファクタリング会社も存在するので、見極める必要があります。

ファクタリング会社を選択するときは、以下のようなポイントをチェックしましょう。

・担保や連帯保証人を求めてくる
・手数料が高すぎる
・売掛債権の買取価格が安すぎる
・契約書に売掛債権の売買契約であることが定められているか確認する

買取ファクタリングは、売掛債権を譲渡した対価を受け取る仕組みです。基本的に、担保や連帯保証人を求められることはありません。

(3)手数料が高い

ファクタリングは、手数料が高いこともデメリットです。ファクタリングの手数料は、以下などの要素で決まります。

・売掛先の与信審査
・契約後から決済までの期間
・回収不能になった際の償還請求権の有無

とくに2社間では、依頼者とファクタリング会社での取引になるため、売掛先企業の与信チェックなどの手間やコストがかかり手数料は割高です。

売掛先企業の経営状況が悪ければ、ファクタリング会社のリスクになるため手数料は高くなります。また、回収不能になった場合の償還請求権がなければ高く設定されるのが一般的です。

反対に、売掛先の信用度が高く、償還請求権があれば手数料は安くなる傾向があります。

(4)3社間の場合、売掛先企業に知られてしまう

3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛先企業へ回収業務を行うため、ファクタリングの利用を知られてしまいます。知られてしまうことで、信用を失い関係が悪化するケースも少なくありません。また、資金繰りに困っているを勘ぐられてしまう可能性もあります

このように、早期の資金化ができたとしても、大切な取引先との関係をこじらせてしまうことも考えられます。

7、おすすめのファクタリング会社

おすすめのファクタリング会社は、以下の6社です。

・ピーエムジー株式会社
・MSFJ株式会社
・日本中小企業金融サポート機構
・ジャパンマネジメント
・株式会社三共サービス
・えんナビ

ここでは、それぞれの特徴などを紹介します。

(1)ピーエムジー株式会社

【特徴】
・最短即日の資金化が可能
・個人事業主や自営業者も利用できる
・コンサルティング事業も展開している
・資金調達や経営再建についての相談やサポートを受けられる

2社間ファクタリングなら、最短即日で資金化することができます。また、コンサルティングによるサポートにも強みがある会社です。資金を調達したうえで、具体的な経営改善策への提案が受けられます。

お申し込みサイトはこちら

(2)MSFJ株式会社

【特徴】
・1.8~9.8%業界最安値の手数料、ほか一切の費用がかからない
・最短1日で売掛債務の買取可能
・個人事業主、フリーランスなど専用のファクタリングサービスも展開
・限度額5,000万円のプレミアムファクタリングも展開

手数料が業界最安価格帯のファクタリング会社です。個人事業主やフリーランス専門ファクタリングなら、10万円から利用できます。また、累計1万件以上(公式HPによる)の取引実績も安心材料ではないでしょうか。

お申し込みサイトはこちら

(3)日本中小企業金融サポート機構

【特徴】
・個人事業主や零細企業の資金調達をサポートする一般社団法人
・コンサルティング事業も展開している
・公式HPから簡易診断でおおよその調達資金と手数料を調べられる
・事業マッチングという取引先を紹介するサポートも充実

簡易診断でおおよその金額や手数料を把握できるので、申し込み前にある程度の資金計画を立てられます。また、事業マッチングという、取引先が少なく事業を拡げられない企業向けのサービスがあるのも特徴です。

お申し込みサイトはこちら

(4)ジャパンマネジメント

【特徴】
・最短当日、最低売掛金20万円から利用できる
・個人事業主も利用可能
・全国対応、来店不要で契約可能
・「償還請求権なし」の明記あり

全国どこからでも申し込むことができます。「他社で断られた場合も資金調達可能」としているので、もし他社で断られたり、納得できる提示がされなかったりした場合、相談してみましょう。また、公式HPで「償還請求権なし」を明記しています。

お申し込みサイトはこちら

(5)株式会社三共サービス

【特徴】
・ファクタリングの初回利用は事務手数料無料
・公式HPから簡易検査可能
・元行員、ノンバンク社員など金融業界に精通したスタッフが多数在籍
・ファクタリング、コンサルティング共に業界最安価格帯

資金調達にも有用な会社ですが、コンサルティング部門にも強みのある会社です。金融業界に精通したスタッフが多数在籍し、経営状況に合わせた最適サポートを受けられます。また、公式HPから簡易診断でおおよその金額や手数料を把握することが可能です。

お申し込みサイトはこちら

(6)えんナビ

【特徴】
・「償還請求権なし」の明記あり、売掛金が未回収になっても支払いリスクなし
・業界最低水準の手数料帯、リピート率も高く顧客満足度93%(公式サイトによる)
・個人事業主も利用可能。最低売掛金50万円から
・24時間365日のスタッフ対応。最短1日のスピード資金調達が可能

償還請求権なしの明記があるため、万が一、売掛先が倒産してもファクタリング会社への支払いリスクが発生しません。また、24時間365日スタッフが対応するので、スピーディーな資金調達を期待できます。

お申し込みサイトはこちら

8、まとめ

買取ファクタリングについて、種類やメリット・デメリットなどを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。買取ファクタリングは、売掛金を期日前に早期資金化できるサービスです。しかし、条件によっては手数料が高額になるなどのデメリットもあります。

多くのファクタリング各社では、コンサルティング事業も展開しているのも特徴です。不安や疑問があるなら、早めにファクタリング会社へ相談することも検討しましょう。