• 資産運用
  • 2019/10/20

初心者向け外国株投資入門【vol,5】注目のベトナム株式市場

前回「【vol,4】中国株で押さえておきたい指数とは?」に続いて、今回はベトナム株式の株価指数や上場企業の特徴などに焦点をあて解説していきましょう。

ベトナムは経済成長を着実に遂げており(2018年の実質GDP成長率は7.08%)、若い層が多いことから、今後注目したい国として取り上げておきます。

・ベトナムの3つの株式市場

ベトナム株式投資を行うにあたって、まずは3つの市場があることを知っておきましょう。その3つとは、ハノイ、ホーチミン、UPCoMです。

この中で最も基準が高いのがホーチミン証券取引所で、続いてハノイ、UPCoMとなります。

ベトナムにおいて有名企業といえば、まずホーチミン証券取引所に上場しているケースが多いと考えてください。

・ベトナム上場企業にはどんなところがある?

ベトナムの上場企業にはどんな企業があるのでしょうか。

ビナミルク、ペトロベトナムガスなどは優良上場企業として知られています。

まずビナミルクは、ベトナムの大手乳製品製造会社であり、ホーチミン証券取引所に上場しています。ベトナム国内だけではなく、カンボジアやフィリピン、オーストラリア、米国など海外展開(輸出)も行っており、2019年4~6月期の売上高は過去最高となっています。

また、ペトロベトナムガスは、石油ガス分野でベトナム国内最大手、1990年に設立された会社です。ベトナム領土・領海内におけるガス田の開発が優先的に認められており、ベトナムにおいて発電用ガスの30%、窒素系肥料生産用ガスの70%、LPG市場で60%のシェアを占めています。

こうしたベトナムにおける大企業を確認しつつ、今後伸びそうな会社を探していくとよいでしょう。

・ベトナム株はどこで買えばよい?

ベトナム株式はどこで買えば良いのでしょうか。

一番簡単なのは、ベトナム株式を取り扱う日本の証券会社で口座を開設することです。もう一つは、ベトナム現地の証券会社で口座を開設することです。

手数料の安さからいえば、ベトナム現地で口座を開設する方がよいですが、言語などハードルは高いのも事実です。そのため、初めての方は日本の証券会社で口座開設するのが無難と言えます。
日本の証券会社でベトナム株式を購入できるのは、SBI証券や岩井コスモ証券、アイザワ証券などです。

気になる方は証券会社のホームページを確認してみましょう。

・ベトナム株式の注意点

ベトナム株式に投資する際の注意点は何でしょうか。

まず日本国内で購入する場合、売買手数料の他に為替手数料がそこそこかかることになります。そのため、中長期での運用を目的に行っていくべきでしょう。

最近では、貿易収支が黒字となっており、これが為替の面でベトナムドン高に寄与しています。仮に赤字に転落することがあればベトナムドン安(日本円高)となることもありえますので、その点は注意しておくべきでしょう。

・GDPが増加の一途をたどるベトナム

ベトナムのGDPは着実に増加しています。輸出が好調な他、雇用も促進され、経済循環がうまくできあがっています。人口も増加傾向にあり、若い世代が活躍、消費増加による経済成長が期待できる国です。

個別株式の他、ベトナム株に投資する投資信託は証券会社の他、銀行などの金融機関でも購入できます。仮に7%成長が10年間続けば、GDPは10年後に倍となり、株式に関しても大きく期待ができる要素がそろっています。

他の地域・国も含めて分散投資の一環として、中長期での経済成長の果実を受け取ることを目的に投資してみてはいかがでしょうか。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。