• 仮想通貨
  • 2021/3/31 (更新日:)

2021年に来る?おすすめアルトコインの紹介と選び方

仮想通貨と言えばビットコインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
しかし、今はビットコインとは別にアルトコインが人気になりつつあります。

  • 今回はそんなアルトコインについて
  • そもそもアルトコインとはなにか
  • おすすめのアルトコイン
  • アルトコインの取り扱いが豊富な取引所

などについて解説いたします。

1、アルトコインとは

アルトコインとは、「ビットコイン以外の仮想通貨」のことを指します。
アルトコインのほとんどはビットコインを基にしており、基本的な構造はビットコインと変わりません。

ビットコインについては「スマホ一つで始められる!初心者向けビットコイン講座」をご覧ください。
アルトコインは全世界で1500種類以上のコインが作成されていると言われています。
そんな多くのアルトコインの中から、日本でも取り扱いのあるおすすめのアルトコインを紹介いたします。

2、仮想通貨の選び方

1500種類もある中からどのように選べばいいか分からない方に向けて、仮想通貨を選ぶときのポイントを解説いたします。

(1)国内取引所で取り扱いのあるアルトコインを選ぶ

いきなり1500種類の中からアルトコインを選べと言われても困惑してしまいますよね。
まずは国内取引所で取り扱いのあるアルトコインの中から選びましょう。
国内仮想通貨取引所で取り扱いのある仮想通貨の数は10種類前後です。

(2)単価で選ばない

初心者がやってしまいがちな注意点がございます。
それは、「とりあえずやすい仮想通貨を買う」ことです。
これは絶対にしてはいけません。

現在1番高いビットコインの1単価は580万円ほどです。
それに比べてリップルやマイナーな仮想通貨は1単価数十円のものもあります。
これを比べると1単価あたり数十円の仮想通貨の方が安くてお得じゃないかと考えて買う人が多いですが、これは大きな間違いです。

これは安いのではなく、「単価が低い」だけなのです。
仮想通貨を選ぶときはからなず特徴と用途を知るようにしましょう。

(3)用途や特徴を知る

仮想通貨を選ぶときのは用途や特徴を知ることが何より大切です。
国内で取り扱いのある仮想通貨は主に3つのタイプが存在します。

・決済用通貨
ビットコインが代表例の、決済を行うために誕生した仮想通貨です。

・送金用通貨
リップルが代表例の、送金するための通貨です。
これは海外に送金する際に多額の手数料がかかるのを抑えるメリットがあります。

・スマートコントラクト通貨
イーサリアムが代表例の、スマートコントラクトの仮想通貨です。
スマートコントラクトとは、簡単に説明すると「自動的に契約が行えるプログラム」のことです。

他にもゲームでの利用に特化した仮想通貨など様々な用途の仮想通貨が存在します。

(4)将来的に需要があるか考える

アルトコインの特徴や用途を把握したら、その仮想通貨が将来的に需要があるのかを考えましょう。
将来的に需要がある仮想通貨の方が値上がりする可能性が高いです。

3、おすすめアルトコイン

今回は国内取引所で取り扱いのあるアルトコインのおすすめを紹介いたします。

(1)イーサリアム

通貨名イーサリアム(ETH)
現在レート(1通貨あたり)207,293円
時価総額23,809,225,719,073 円
購入可能な取引所Coincheck、DMMビットコイン etc
公式サイトhttps://ethereum.org/ja/

現在(2021年3月)時価総額2位であるイーサリアムです。
イーサリアムは元々ブロックチェーンを使って、スマートコントラクトやDapps開発など様々なことができるプラットフォームです。

このプラットフォーム上で使われる通貨のことをETH(イーサ)と称して、取引所で取引されています。
イーサリアム企業連合には500以上の団体が加盟していることからも信頼感があります。
スマートコントラクトは今後の需要がかなりあると言われているので、価格が上がっていく可能性が高いです。

(2)リップル

通貨名リップル(XRP)
現在レート(1通貨あたり)49.45円
時価総額2,245,827,993,279円
購入可能な取引所Coincheck、DMMビットコイン etc
公式サイトhttps://ripple.com/xrp/

リップルは送金用通貨としてつくられた仮想通貨です。
現在時価総額3位で、2017年に価格が高騰したことでも話題になりました。

リップルは世界の金融機構と提携しているため、今後のビジョンも明確で一般化する未来が想像しやすい仮想通貨です。
リップルは海外へ送金する手数料やコストをかなり抑えることができるメリットがあります。

(3)エンジンコイン

通貨名エンジンコイン(ENJ)
現在レート(1通貨あたり)206.981円
時価総額182,462,909,196円
購入可能な取引所Coincheck
公式サイトhttps://enjin.io/

エンジンコインはEnjinというオンラインゲームのプラットフォームでの売買に利用できるコインです。
Microsoftの技術者向けの報酬システムにEnjinのブロックチェーンが採用されるなど、Enjinの技術が採用される機会が増えており、これに伴いエンジンコインの価格も上昇しています。

(4)クアンタム(QTUM)

通貨名クアンタム(QTUM)
現在レート(1通貨あたり)738.13円
時価総額72,424,762,764円
購入可能な取引所Coincheck
公式サイトhttps://qtum.org/en

クアンタムは匿名性の高いスマートコントラクトを実装していることが一番の特徴です。
ストレージ容量を節約できるライトウォレットを採用していて、ビジネスに活用されやすい機能をそろえています。

(5)ステラルーメン

通貨名ステラルーメン(XLM)
現在レート(1通貨あたり)43.11円
時価総額978,982,349,343円
購入可能な取引所Coincheck
公式サイトhttps://www.stellar.org/

ステラルーメンは送金システムをより効率化した、個人間での決済に特化した仮想通貨です。
送金スピードがとても速く、2~5秒で決済が完了します。
国内外問わず多数の企業と提携していることから今後需要が高まることが予測されています。

4、アルトコインの取り扱いが豊富な取引所

仮想通貨の取り扱い数は取引所によって異なります。
国内取引所でもアルトコインの取り扱いが多い取引所は以下になります。

(1)Coincheck

Coincheckは初心者でも使いやすいシンプルなデザインにこだわった取引所です。

仮想通貨取扱数:15種類

メリット

  • シンプルなデザインで使いやすい
  • スマホアプリを出しているため、どこでも取引ができる
  • 取り扱い通貨が豊富だから分散投資できる
  • 手数料のほとんどが無料
  • 500円から始められる

(2)bitFlyer

bitFlyerは国内最大級の仮想通貨取引所です。
大企業が運営していて、世界展開もしているため信頼性が高いです。

仮想通貨取扱数:12種類

メリット

  • 国内最大級だからこその安心感
  • 大企業が運営しているからセキュリティ面がしっかりしている
  • 取り扱い通貨が多い

(3)DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは手数料のほとんどが無料なのが売りの仮想通貨取引所です。
また、「レバレッジ取引」の取り扱いがあるのも特徴です。

仮想通貨取扱数:11種類

メリット

  • 手数料のほとんどが無料
  • レバレッジ取引ができる(最大4倍)
  • 有名会社が運営している

口座開設は大体1~2日程度で開設できる取引所がほとんどです。
また、ネットで申し込むだけで開設ができ、本人確認書類と端末があればすぐに始めることができます。

口座開設の手順に関しましては、各種公式サイトにて細かく説明されていますので、そちらに沿って進めてみてください。

5、まとめ

いかがだったでしょうか?
ビットコイン以外にも魅力的な仮想通貨はたくさんあります。
仮想通貨が普及するのも遠い未来ではないと思うので、是非今のうちにチェックして買ってみましょう。

不動産投資で成功するための最高の入門書
プレゼントキャンペーン中!

\税込¥1,628の書籍を/
無料プレゼント!!
  • Amazonベストセラー第1
  • 大手町・渋谷・池袋など
    都内主要書店で第1
不動産投資を成功させるためには何を
知っておくべきか?

不動産投資をはじめるにあたり、
絶対に知っておきたい知識から実践的な
内容までを広くカバーした書籍です。

  • 初心者に多い不動産投資7つの誤解
  • 優良物件の選び方の原則
  • 誰も教えてくれない!成功する買付・融資の方法

巻末付録には不動産投資の教科書編集部が厳選した
「良質な不動産投資会社」12社を掲載!ぜひお読みください!

メールアドレス
お名前
住所
お電話番号
個人情報取扱について 同意する
*お申し込みにはこちらのチェックが必要になります プライバシーポリシーを必ずご確認ください