• アパート経営
  • 2019/5/10

儲からない物件が増えている?2019年「アパート経営」最前線

アパート経営

アパート経営は家賃収入のためだけではなく相続対策などで興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

しかしスルガ銀行、TATERUの問題が起きてからアパート経営に参入するための環境は大きく変化しています。

これまで通用していた知識が通用しなくなってきているので、2019年にアパート経営を始めるための心構えを理解して行きましょう。






tochu3

・儲からないアパートが増えている?

昨今、建築費用の高騰などで物件の値段も上がり傾向にあります。

また高い利回りが見込める優良な土地ではどんどんアパートが開発されており、有力なエリアでは新たにアパートを建てて勝算が見込める土地が枯渇気味になってきています。

また、スルガ銀行とTATERUの融資書類改ざん問題はアパート経営参入に大きな影響を与えています。

特にスルガ銀行は個人投資家向けの不動産投資ローンに力を入れていたため、これによって不動産投資に参入を果たした投資家も少なくないでしょう。

しかしこの「スルガスキーム」が崩壊したことにより、アパート経営は再び高属性の人でないと参入が難しい状況になって来る可能性もあります。

ただ、アパート経営の参入が増えて供給過多になってはいるものの、エリアによっては需給バランスが良好で勝算があるとも言えるでしょう。

またすでに相続などで土地がある人、または年収が高い、多額の自己資金があるといった属性の人にとってはチャンスとなります。

不動産にまつわる様々な状況にうまく乗ることができれば、これからでもアパート経営で成功する可能性は十分あります。

>>アパート経営でまさかの大失敗「上場企業の欠陥物件」だった最悪なケースとは?

・今後アパート経営を成功させるポイントは?

アパート経営は事業とも言えるので、仕入れよりも売上が上回らなければ利益は残りません。

この単純な図式を理解して、「いかに売上を伸ばすか」と「いかにコストを抑えるか」という意識を日常でも持つようにすると良いでしょう。

REITやソーシャルレンディングといった間接的な不動産投資であればプロの運用に乗っかるだけで利益を狙うことができますが、アパート経営は自らが運用主体になる事業です。

所有するアパートを生かすも殺すも、大家さんの判断と行動にかかっているのです。

また、少し前だと自己資金が1割程度あれば融資審査にパスできるという事例も多く見られました。

中には自己資金ゼロからフルローンで始められる可能性もあったのですが、スルガ銀行やTATERUの問題が発覚してからは自己資金に対する審査基準が厳しくなっています。

今後融資が受けられるとしたら少なくとも初期費用の3割以上、金額にして1,000万円以上は必要になる可能性があります。

これだけの自己資金が用意できない場合は融資の金利が高くなってしまい、仮に審査にパスしたとしてもキャッシュフローを悪化させる恐れがあることは頭に入れておきましょう。

>>注意すべき「一棟アパート投資セミナー」の内容とは?

・アパート経営になにを求めるかを明確に

アパート経営を始めるきっかけは大体3つあります。

その中でも安定的な収入や不労所得を得る目的で始めるかたは多いでしょう。

また相続税対策として、不動産であれば評価額を低く抑えることができるため、課税対象額を圧縮することができます。

さらにアパート経営の場合は財産が賃貸住宅になるため、入居者の権利分が差し引かれて評価減となり大きな相続税対策にもなります。

不動産投資にはレバレッジがあり、ローンを利用することによって少ない自己資金で満額の家賃を得ることができますから、自分にとって何を重視してアパート経営を始めるかは考えておくと良いでしょう。

・大事なのはどの状況下でもチャンスと受け止めること

これからアパート経営を始めようかと検討している方に向けて、現在のアパート経営を取り巻く環境や事業としての現実味などについて解説してきました。

不動産にまつわる様々なニュースもありますが、人によってはチャンスに出来ることもあります。

皆さんが思い描く「アパート経営の成功」が現実のものとなるように。

【不動産投資に失敗しないための基礎知識】

【不動産投資の失敗事例】外観だけで決めた物件は〇〇だらけだった…… 
なぜ「区分マンション投資」は初心者に向いているのか? 
入居者目線の堅実アパート経営で高い実績 アイケンジャパンの強さの秘密とは?
40代から始める老後資金の確保は貯蓄ではなく不動産で 
相続税対策に有効? なぜ賃貸住宅が節税につながるのか 

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。私たちが頂くご相談は、「基礎的な知識が不足している」「不動産投資会社の選び方が分からない」などの原因で失敗したり、困ったりするケースの案件がほとんどです。

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • 専門用語や不動産投資の仕組みをよく理解し、判断をしていきたい
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

こうした方々のために、不動産投資の手順を全てまとめました。投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

老後に不安を感じるなら必読!
ゆとりある老後を過ごすために知っておくべき
資産運用の教科書

資産運用マニュアル無料プレゼント

「自由な老後を過ごしたい」

と考えているあなたが今のうちに知っておくべき資産運用の全てをまとめた教科書です。老後生活における月の最低予想生活費は「27万円」と言われています。 年金の支給に不安を感じる今だからこそ資産運用を実践的に学ぶ必要があるのです。

4つのポイントでわかりやすく解説

  • ・初心者でもわかる資産運用の全体像と基礎知識
  • ・資産運用の成功確率を高める目標の立て方
  • ・あなたに合った資産運用の種類を見分ける方法
  • ・資産運用を有利に進める為の4つの税制優遇制度の活用方法

この資料をダウンロードすることにより、資産運用の基礎的な知識がひとつひとつ身につけることができ、あなたに合った適切な判断のもとに実践的にスタートすることができるようになります。初めての資産運用だからこそ、ぜひ手にとって読んでみてください。