不動産投資を成功させるために知っておきたい!メリットとデメリットについて

Pocket

外観(軽量化)不動産投資をされる方が増え続けています。

その理由としては、いわゆるキャピタルゲインやインカムゲインがあるというだけでなく、相続税対策になったり、私的年金の意味を持つなどのメリットがあるからです。

今回は、不動産投資を始めるにあたって是非とも知っておきたい不動産投資のメリットを紹介していきます。不動産投資にご興味がある方のご参考になれば幸いです。

目次

1、不動産投資ならではの5つのメリット 

2、不動産投資の5つのデメリット

3、不動産投資を成功させるためには不動産投資セミナー選びが重要!良いセミナーを見極めるポイントは?

4、実際に不動産投資を開始するには?おすすめ不動産投資セミナー

1、不動産投資ならではの5つのメリット

続いて、他の投資商品では得られない不動産投資ならではのメリットについて書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

具体的には以下の5つのメリットが挙げられます。

  • (1)「不動産」という実物資産が残る
  • (2)相続・贈与税対策として有効である
  • (3)借入により少額の自己資金で大きな投資ができる
  • (4)生命保険の代わりになる 
  • (5)私的年金の確保ができる

では、それぞれについて詳しくみてみましょう。

(1)「不動産」という実物資産が残る

株式などの投資商品は、投下した資金がマイナスになったり、更に会社の倒産などによりゼロになってしまうことが考えられます。

不動産投資の場合、購入した物件その実物の資産がゼロになることはないという他の投資商品にないメリットがあると言えるでしょう。

(2)相続・贈与税対策として有効である

不動産は、相続税の計算基準となる評価額は現金の評価額より低く評価されるため、相続・贈与税対策が少なく抑えることができ、税金対策として有効と言われています。

建物の場合は、おおよそ50〜60%で評価され、土地は公示地価の80%位で評価されます。また、賃貸の場合、評価額がさらに30%が控除され、現金に比べ約1/3の評価となり、納める税金の額を少なくなることができます。

(3)借入により少額の自己資金で大きな投資ができる

数多い投資商品の中で、不動産投資は唯一その商品自体を担保にし、金融機関から購入資金を借入れすることが可能です。融資を活用すれば、少ない自己資金から不動産を購入することができ、家賃収入の収益を得ることができます。

最近では、不動産投資ローンの融資を積極的に行う金融機関も増えており、更に金融緩和により、融資額や金利など有利な条件で借入れもできるようになり、比較的に融資も利用しやすい状況と言えるでしょう。

(4)生命保険の代わりになる

投資不動産を購入する際に、金融機関から融資を受ける場合、団体信用生命保険に加入しなければなりません。

万が一、ローンの返済期間中に死亡または高度障害者となった場合、団体信用生命保険が適用されローンの残債は保険金から返済されます。

残されたご家族には、無借金の不動産を残した以上、毎月安定した家賃収入を得ることもできます。このように残された家族には保険のような役割も果たせるのは、不動産投資ならではの大きな特徴と言えるでしょう。 

(5)私的年金の確保ができる

日本の公的年金は、少子高齢化により財源不足だけではなく、厚生年金も負担する保険料だけ増大していき、年金の受給額は減少傾向になります。また、年金の受給年齢の引き上げにより、更に年金に対する不安が高まりました。

その中で、今のうちから不動産投資を始めれば、家賃収入で長期的・安定的に資産形成することができます。退職後の私的年金の確保ができ、ゆとりあるセカンドライフを楽しむことができるでしょう。

2、不動産投資の5つのデメリット

上記にて不動産投資のメリットを紹介しましたが、投資である以上デメリット(リスク)も伴います。

不動産投資の主要なデメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  •  (1)空室リスク
  • (2)金利上昇リスク
  • (3)家賃下落リスク
  • (4)火災リスク
  • (5)流動リスク

では、それぞれについてみてみましょう。

(1)空室リスク

まず、不動産投資のもっとも大きなリスクとして空室リスクが挙げられます。

もし、空室となって家賃収入が入ってこない月であっても、ローンの返済や管理費の支払いをしなければならず負担が大きくなってしまうため、空室になるリスクを避けたいところでしょう。

■空室リスクを回避するには?

空室リスクを避けるには、大きく以下2つの方法が挙げられます。

  • ①利便性がよく、賃貸需要が高いなど「空室になりにくい物件」を購入する
  • ②「空室保証サービス」を利用する

など。

(2)金利上昇リスク

不動産投資ローンの返済期間中に金利が上昇してしまい、返済額が増えるというリスクが考えられます。

■金利上昇リスクを回避するには?

金利上昇リスクを回避するにはもっとも効果的な方法として、「繰り上げ返済」であります。

金融機関にお金を預けても増えないので、余裕な資金がありましたら、金利が上昇し始めた段階でどんどん繰上げ返済をしていくことによって金利上昇リスクを回避することができます。

なお、金利が上昇するということは、景気がよくなり、物件価格が上昇したり、家賃が上昇したりする効果もありますので、決してデメリットではないとも言えます。

(3)家賃下落リスク

建物の築年数が古くなったり、需要の低下などの理由で家賃が下落するリスクも考えられます。

■家賃下落リスクを回避するには?

家賃下落を止めることはできないですが、

  • ターミナル駅へのアクセスがいいなど立地・利便性がいい
  • クローゼットの収納力があるなど人気のある間取り

など賃貸の需要が高く、家賃が下がりにくい物件を選ぶことによって、回避することができると言えるでしょう。

(4)火災リスク

不動産投資に、火災による建物の焼失もリクスの一つとして挙げられます。

■火災リスクを回避するには?

火災リスクを回避する方法としては、大きく以下の4つの方法があります。

  • ①建物に対する火災保険に加入する
  • ②入居者の火災保険加入状況を確認する
  • ③信頼できる建物管理会社に任せ、防火管理を徹底する
  • ④火災に強いコンクリート造のマンションを選ぶ

など。

(5)流動リスク

不動産の売却期間は、一般的には3ヶ月前後かかると言われており、他の投資商品と比較して流動性のリスクがあると言われています。

■流動リスクを回避するには?

流動リスクを回避するには、売却しやすい不動産を購入することが大切と言えます。

売却しやすい不動産の特徴は以下のように挙げられます。

  • 空室率の低い物件
  • きちんと管理された物件
  • 他の物件と差別化のできる物件

など。

3、不動産投資を成功させるためには不動産投資セミナー選びが重要!良いセミナーを見極めるポイントは?

POINT!不動産投資は「情報が命」です。特に不動産投資は多額の資金がかかることから、慎重にスタートしないと大きな損失を負ってしまう可能性があります。

従って、情報収集のために不動産投資会社が主催する不動産投資セミナーに参加されるといいでしょう。

不動産会社セミナーには様々なものがありますが、良いセミナーを見極めるポイントは以下の通りです。

  • 講師がプロである(不動産投資のプロだけではなく、税理士など税務のプロも講師として登壇しているセミナーはよりオススメです)
  • 入居率が高い不動産投資会社が主催している
  • セミナー内容が充実している

   —不動産投資のメリット
   —自社投資物件の紹介

などありきたりなセミナー内容ではなく、
   —世界の住宅市場における日本の不動産市場 
   —東京の住宅市場における投資の狙い目

など他のセミナーでは聞けない内容があるセミナーがオススメです。

4、実際に不動産投資を開始するには?おすすめ不動産投資セミナー

先ほど説明したように、不動産投資を開始するにはセミナーにてきちんと情報収集することが重要です。

株式会社東京ネットワースが主催する「プロが教える 不動産投資セミナー」では、 

  • 有名なコンサルタント、税理士、元国税調査官などのプロが教える不動産投資のノウハウ
  • 世界における日本の不動産投資市場の特徴

など他社では聞けない内容が充実としたセミナーとなっておりますので、参加してみるのはいかがでしょうか。

セミナーの詳しい内容や申込みは下記URLから確認してみてください。

http://tokyonetworth1-px.rtrk.jp/lp/

まとめ

今回は不動産投資のメリットとデメリットについて書きましたがいかがでしたでしょうか?不動産投資は他の投資商品と違って、事前にリスクを把握することによって回避することができます。ぜひ不動産投資セミナーに参加し、きちんと情報収集をした上で、不動産投資を始められてみるのはいかがでしょうか。

Pocket

今だけ限定公開中!初心者が知っておくべき不動産投資の全知識(無料ダウンロード)

toushi-ebook

 

こちらは、不動産投資初心者のあなたのための教科書です。
不動産投資はとても高額な投資です。間違った知識で行えば、あなたの資産はすぐに消え失せてしまうでしょう。 そこで、私たちが普段お客様と直接やりとりする中で、必ず押さえておくべきだと痛感している内容を一冊にまとめました。

  • 基礎知識が身につくので、安心して不動産投資を始められます
  • 信頼できる不動産投資会社を見極められるようになります
  • 自分に一番合った物件を探せるようになります
  • 不動産投資をサラリーマン業と両立させるコツが分かります

この資料をダウンロードすることで、リスクを出来る限り防ぎ、効率良く投資ができるようになります。 投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。 初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方は、ぜひダウンロードしてお読みください。

次のページで目次を確認できます

八木 チエ 著者プロフィール: 八木 チエ

株式会社不動産投資の教科書の代表取締役社長。宅地建物取引士・2級ファイナンシャル・プランナー。得意の中国語を活かし、中国の方への日本の投資用不動産販売経験後、2014年に株式会社 不動産投資の教科書を設立。


皆様からのコメント

  1. ナラキ さんは書きました:

    八木様

    いつも大変ためになる貴重な情報を発信いただいてありがとうございます。
    不動産投資を志して半年、いろいろネットや書籍の情報を集めて勉強して
    参りました。しかし、ネットへの公開でここまで精緻かつ濃密ででために
    なるサイトに出会ったことはありません。お礼もかねて感想を言わせて
    いただきました。ありがとうございます。

    現在、検討を真剣に悩んでいる物件があり、「不動産の教科書」を拝見
    させていただきながら、1歩踏み出すべきか、慎重に行動すべきか、思案
    しているところでもあります。八木様の配信でお勉強させていただきながら
    判断力を付けていきたいと思っています。これからもためになる配信を
    是非とも継続していただければと思っています。

    取り急ぎ御礼まで。

    ナラキ

ご意見・ご感想などお聞かせください

*


*