住み替え時にマンションを高くスムーズに売却するために知っておきたい3つのこと

Pocket

マンション住み替え

  • 「子どもの進学に伴って、人気のある学区に引越ししたい」
  • 「家族が増えたことで、もっと広いマンションに住み替えたい」
  • 「マンションではなく、一戸建てに住み替えたい」

など、様々な理由でマンションの住み替えを検討されている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。 

住み替えは、現在のマンションを売却するのと、新しい物件を購入する両方の手続きが発生しますので、

  • 高く売却するにはどうしたらいいのか
  • どこの仲介業者にお願いしたらいいのか
  • 売却と購入どっちを先にしたらいいのか

などと悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 高く売却するには?査定サイトを有効活用する
  • スムーズに住み替えするには?仲介業者の選び方
  • 売却と購入!どっちが先?

などマンション住み替えする際に知っておきたい知識について書いていきますので、ご参考になれば幸いです。

 

 

目次

1、マンションを高く売却するには?査定サイトを有効活用する

2、スムーズに住み替えするには?仲介業者の選び方

3、売却と購入!どっちが先?

1、マンションを高く売却するには?査定サイトを有効活用する

業者によって査定方法が違ったり、査定を担当する営業マンの考え方が違ったりするので、同じマンションでも仲介業者によって査定価格が異なります。

そのため、査定サイトを使って複数の仲介業者から見積りをもらうことはもちろん、査定サイトによって提携している仲介業者が違うので、そもそも複数の査定サイトを使うようにしましょう。

例えば、以下のHOME4Uで査定した後にイエイでも査定するようにしましょう。

そうすることで、 より高額で売却できる可能性が高まります。

(1)ソニー不動産(1都3県の不動産をお持ちの方にオススメ)

ソニー不動産

まず、1都3県の不動産の不動産限定となりますが、この地域の不動産の売却を検討されている方にオススメしたいのが「ソニー不動産」の査定サイトです。なぜならば、1都3県のエリアに特化していることからこの地域で特に豊富な売却ノウハウがあるからです。

また、一般的に不動産の売却を依頼された仲介会社は、売主と買主の両方を担当するケースが多く、売主に売ってもらうため、買主に買ってもらうため、不動産の売買価格を調整することが多いですが、ソニー不動産の売却エージェントは

  • 売主だけを担当

することから、出来る限り売主にスムーズに高額にて不動産の売却をお手伝いしてくれます。売主だけの味方になってくれるサイトなら、より高額での売却が期待できると言えるでしょう。

⇒公式サイトはこちら

 

(2)HOME4U

スクリーンショット 2016-09-21 9.49.30

HOME4Uは、NTTデータが14年も運営している老舗不動産査定サイトです。

東急リバブル、三菱UFJ不動産販売、野村の仲介+、三井住友トラスト不動産などの大手不動産から地域密着型の中小企業も含め全国で500以上の会社と提携しています。

なお、HOME4Uは「悪徳業者」の登録を徹底的に排除すると公言しており、提携会社の選定基準はかなり厳しく設定しております。個人情報の取り扱いには安心できると言えるでしょう。

また、査定結果を受けるには、

  • 電話
  • メール

などご都合のいい連絡方法を選ぶことができます。

⇒公式サイトはこちら

 

(3)イエイ

スクリーンショット 2016-09-21 10.50.25

イエイは、2008年から運営を開始し、今では約1,000社の不動産仲介業者と提携しています。

イエイの査定サイトでは、独自の人工知能マッチングシステムを導入しており、査定物件タイプに強い仲介会社を自動的に選んくれるようになっています。なぜならば、仲介会社によって得意とする物件のタイプが異なるからです。

査定だけではなく、専任スタッフによるヘルプデスクサービスもあり、不動産売却についての不明点などは24時間無料で相談することができます。

初めての売却で色々不安がある方は、是非無料相談を利用してみてください。

また、イエイから査定を依頼した先に対して代わりに断ってくれるサービスもあります。ご自身でうまく断れないという方はぜひ利用しましょう。

⇒公式サイトはこちら

 

2、スムーズに住み替えするには?仲介業者の選び方

現在のマンションを高く売却して、新しい物件への住み替えをスムーズに進めるには、信頼できる仲介業者を選ぶことが大切と言えます。

仲介業者によって、

  • 売却が得意
  • 買い替えが得意

など、得意分野が異なりますので、以下のポイントで仲介業者を探してみるといいでしょう。

(1)住み替えが得意な仲介業者

住み替えする場合、

  • 買い替えローン
  • 売却損した場合の税金優遇対策

などマンションの売却だけと比較して注意すべきポイントが増えます。

住み替えの経験が豊富な仲介業者であれば、買い替えローンを受ける際の注意点や税金などのアドバイスをしてくれるので、スムーズに住み替えすることができます。

買い替えローンを利用する際の注意点について詳しくは「失敗しないために!マンションの買い替えについて知っておきたい6つのこと」を参考にしてみてください。

(2)売却物件の取扱い物件数が多い仲介業者

売却物件の取扱い物件数が多い仲介業者の場合、購入したい方からの問い合わせが多いため有利だと言われています。

購入者の問合せが多いと、現在のマンションを高くかつ短期間で売却できる可能性が高くなります。

xxxxまた、住み替えの条件に該当する物件があれば、すぐ担当者から情報もらうことができますので、スムーズに住み替えができると言えるでしょう。

なお、信頼できる仲介業者を選ぶ際のポイントなどについて詳しくは「(チェックリストつき)不動産仲介とは?不動産仲介業者の仕事の内容とオススメ仲介業者3社」を参考にしてみてください。

(3)営業マン選びも重要?

営業マンの経験やスキルによって、売却の広告活動や戦略も異なり、結果売却契約締結までの期間や価格に影響を及ぼします。

また、自分のニーズをきちんと理解した上で責任を持って仕事をしてくれる営業マンを選ぶこともまた重要と言えます。

住み替えの場合、新しい物件を購入するタイミングの調整もありますので、経験豊富な営業マンに依頼するといいでしょう。

以下のようなポイントを参考に、信頼できる営業マンであるかどうかを判断してみてください。

  • 自分のニーズに合ったプランを提案してくれるか
  • 住み替えのスケジュールをきちんと確認してくれるか
  • 質問や確認事項を丁寧に対応してくれるか
  • 営業マン自身の意見を押しつけていないか

など。信頼できる営業マンであるかどうかを判断する「チェックシート」を用意しましたので、ぜひ利用してみてください。

3、売却と購入!どっちが先?

マンション住み替えする際に、売却と購入どっちを先にすべきか悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最後に、それぞれのメリットとデメリットについて書いていきますので、ご自身の条件に合わせて参考にしてみてください。

(1)購入が先の場合

まず、先に新しい物件を購入する場合のメリットとデメリットをみてみましょう。

①メリット

急いで売却する必要がないため、ゆっくりと物件を探すことができるのが最も大きなメリットと言えるでしょう。

②デメリット

一方、デメリットとしては

  • 購入資金を事前に準備する必要がある
  • (新しい物件も融資を利用する場合)現在のマンションの住宅ローンと二重ローンになる可能性がある
  • 現在のマンションの残債が多い場合、新しい物件の融資がうまくいかない場合がある

などが挙げられます。

③適している方

以下のような方に、先に物件を購入することに適していると言えるでしょう。

  • 現在のマンションのローンが完済している方
  • 現在のマンションのローンの残債を完済できる方
  • 気に入った物件があったら住み替えしたい方

など。

(2)売却が先の場合

続いて、現在のマンションの売却を先にする場合のメリットとデメリットをみてみましょう。

①メリット

マンションの売却を先にする場合、

  • 売却価格が明確にしていることから、資金のシミュレーションがしやすい
  • 購入時期が決まっていないことから、満足のいく売却をすることができる

などのメリットが挙げられます。

②デメリット

一方、デメリットとしては住み替えの物件が決まるまで

  • 仮住まいの費用
  • 仮住まいへの引越し費用

などの費用が発生することです。

③適している方

以下のような方に、先にマンションを売却することに適していると言えるでしょう。

  • 出来るだけ高く売却したい方
  • 資金のシミュレーションを明確にしたい方
  • 二重ローンの負担を避けたい方

など。

まとめ

【HOME4U】ビッグバナー

 一括査定で価格を比較⇒

今回はマンションの住み替えについて書きましたがいかがでしたでしょうか。 この記事を参考にマンションの住み替えを検討されている方にご参考になれば幸いです。

☆   スムーズにマンション住み替えするポイント☆ 

  • 自分の条件に合った住み替えの流れを選ぶ
  • 経験豊富な仲介業者と営業マンに依頼する
  • 複数の査定サイトに査定をしてもらう

【株式会社 不動産投資の教科書】
東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道420/TEL 03-6869-1263


Pocket

不動産投資 一括比較

不動産を高く売却するには?当メディアが最もオススメする査定サイト3選

「不動産を売却したいけれど、どこに依頼すれば良いか分からない」
「うっかり相場よりも安く売ってしまい、あとで後悔したらどうしよう」

そのような悩みを解決してくれるのは、無料で利用できる査定サイトです。
査定サイトは、物件の資産価値を「査定」してもらえるのと同時に、信頼できる不動産会社を探すという活用方法もあります。
こちらのページでは、「不動産投資の教科書」が特にオススメする査定サイトを3つ紹介しています。

  • 売主だけを担当しているので、売主目線で最短・高額で対応してくれるサイト
  • 厳しい選定基準をクリアした500社以上もの提携会社から、条件の良い査定額を提示してくれるサイト
  • 24時間対応の無料相談窓口があるので、疑問をすぐに解消できるサイト

実は、これまで700名以上もの方が当メディア経由でご自身に合った不動産売却査定サイトを見つけています。
ぜひ、こちらから比較検討し、今後のスムーズな売却にお役立てください。


もっと詳しく見る


八木 チエ 著者プロフィール: 八木 チエ

株式会社不動産投資の教科書の代表取締役社長。宅地建物取引士・2級ファイナンシャル・プランナー。得意の中国語を活かし、中国の方への日本の投資用不動産販売経験後、2014年に株式会社 不動産投資の教科書を設立。


ご意見・ご感想などお聞かせください

*


*

不動産を損せず売却するなら?オススメ不動産売却査定サイト10選