土地の査定!事前に知っておきたい4つのこと

Pocket

土地 査定「土地を売却する前に査定をして土地の価値を知っておきたい・・・」

 この記事をお読みの方にはそのようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 不動産会社に査定を依頼しても会社によって金額が違うことがあり、高いところに依頼すればいいというわけではありません。損せず売却するためには、事前に査定の仕組みを理解しておくことが重要です。

 今回は、

  • 土地査定の種類
  • 査定価格が適正かを判断するには?
  • 古家付き土地を売却するには?
  • 実際に査定価格で売却できる?売却を依頼する不動産会社は?

 などについて書いていきます。土地の売却を検討する際にご参考になれば幸いです。

もし、この記事をお読みの方の中に「数多い不動産売却査定サイトがある中でどのサイトを利用したらいいのだろう」と悩まれている方がいらっしゃいましたら、以下の「不動産を損せずに売却するなら?オススメ不動産売却査定サイト10選」の記事をご参照下さい。

実は当メディアには同様の相談が数多く寄せられており、実際、今まで600名以上の方が当メディア経由でご自身に合った不動産売却査定サイトを見つけています。

そんな当メディアが厳選した査定サイト10選をご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

不動産を損せずに売却するなら?オススメ不動産売却査定サイト10選」 

 

 

目次

1、土地査定の種類

2、査定価格が適正かを判断するには?

3、実際に査定価格で売却できる?売却を依頼する不動産会社は?

4、古家付き土地を売却するには?

1、土地査定の種類

 無料で利用できる土地査定は大きく以下の2種類があります。

  •  (1)簡易査定サイトによる「簡易査定」
  • (2)不動産会社の担当者が訪問による「訪問査定」

 では、それぞれについてみてみましょう。

 (1)簡易査定サイトによる「簡易査定」

 不動産の簡易査定サイトにて土地の

  • 所在地
  • 面積

 などの情報を入力して、簡易査定を受けることができます。

簡易査定を受けられるサイトには様々なサイトがあります。当メディアが厳選したオススメ売却査定サイト「不動産を損せず売却するなら?オススメ不動産売却査定サイト10選」を参考にしてみてください。

(2)不動産会社の担当者が訪問による「訪問査定」

一方、訪問査定とは、実際に不動産会社の担当者が対象土地の形などを見たり、法務局、行政庁などで詳しく調査した上で査定価格を算出する査定です。

一般的には簡易査定を受けた会社の中から、対応が良かった会社を数社選定し、それらの不動産会社に訪問査定を依頼するという流れになります。

2、査定価格が適正かを判断するには?

不動産会社によって、相場より低い価格で短期売却したい(そのために安く買いたい)、適正価格で売却したいなど営業スタイルが違うことから、査定価格に相違があります。

では、適正の査定価格を判断するにはどうすればいいのでしょう。

具体的には以下の方法が挙げられます。 

  • (1)路線価から算出する
  • (2)相場を知る

では、詳しくみてみましょう。

(1)路線価から算出する

一般的には市場で取引される売買価格の7〜8割が路線価だと言われています査定価格が適正であるかどうかは路線価を算出してみるといいでしょう。

①そもそも路線価とは

そもそも路線価とは、相続税や贈与税などの課税額を算出するための指標となる価格を言います。

路線価は公表されていますので、自由に見ることができます。

②算出方法

路線価を算出したい土地の住所から調べて下さい。

例えば、下記路線価地図から抜粋した㊶の路線価を計算してみましょう。

「215」は、1㎡あたりの評価額を千円単位で表記しています。つまり「215」は1㎡「215,000円」です。

土地売却する際には、坪単価という表示をしていますので、1坪3.3㎡なので、1坪あたりの価格は「215,000円☓3.3=709,500円」になります。

なお、市場で取引される売買価格の7〜8割が路線価だと言われていることから、今回は8割だと仮定すると、取引価格の坪単価は約880,000円となります。

30坪の土地であれば、「880,000円☓30坪=2,640万円」となります。

1

出典元:国税庁「路線価図・評価倍率表(2017年度)

また、土地の

  • 接道間口の広さ

など土地の状況で評価が補正されます。一般的には正方形に近い形、道路に面する間口が広い土地の方が評価が高くなります。

(2)相場を知る

査定価格が適正であるかどうかを判断するには、相場を知ることも大切と言えます。

 実際の不動産の取引価格は国土交通省の「土地総合情報システム」にて確認することができますので、ぜひ利用してみてください。

3、実際に査定価格で売却できる?売却を依頼する不動産会社は?

査定価格が高い不動産会社に売却の依頼をした方が、査定価格が低い会社に依頼するのに比較して土地が高く売れると思われている方は少なくないのではないでしょうか。

実は、査定価格は土地が売却できる価格ではありません。査定価格が高いからといって実際にその価格で売却できるとは限らないのです。

土地はいくらで売れるかは、あくまで売り手と買い手の合意により決まります。査定価格は、不動産会社が路線価や取引事例などの客観的なデータを用いて算出した売り出し価格を設定するための根拠となる価格にすぎません。

売却活動を進めるにあたっては、予め、査定価格=実際に売れる価格ではないことを認識しておきましょう。

4、古家付き土地を売却するには?

古家付きの土地を売却される方もいらっしゃるでしょう。

一般的には、建物の築年数が20年以上の場合、建物自体はほとんど評価されず、土地だけの評価額になります。

建物をついたままで売却する場合、

  • イメージしやすい
  • リフォーム物件として活用ができる場合がある

などのメリットがあります。

一方、デメリットとしては、新築物件を建てたいという目的で土地だけを探されている方もいらっしゃるので、そのような方の場合、古家の解体費用がかかるという理由で、土地の売却価格を安くして欲しいとの交渉が入る可能性がある点が挙げられます。

古家付きで土地を売却するメリットとデメリット等について詳しくは「土地を売りたい方必見!土地売買において知っておきたい8つのこと」を参考にしてみてください。

まとめ

【HOME4U】ビッグバナー一括査定で価格を比較⇒

今回は土地の査定について書きましたがいかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

Pocket

不動産投資 一括比較

不動産を高く売却するには?当メディアが最もオススメする査定サイト3選

「不動産を売却したいけれど、どこに依頼すれば良いか分からない」
「うっかり相場よりも安く売ってしまい、あとで後悔したらどうしよう」

そのような悩みを解決してくれるのは、無料で利用できる査定サイトです。
査定サイトは、物件の資産価値を「査定」してもらえるのと同時に、信頼できる不動産会社を探すという活用方法もあります。
こちらのページでは、「不動産投資の教科書」が特にオススメする査定サイトを3つ紹介しています。

  • 売主だけを担当しているので、売主目線で最短・高額で対応してくれるサイト
  • 厳しい選定基準をクリアした500社以上もの提携会社から、条件の良い査定額を提示してくれるサイト
  • 24時間対応の無料相談窓口があるので、疑問をすぐに解消できるサイト

実は、これまで700名以上もの方が当メディア経由でご自身に合った不動産売却査定サイトを見つけています。
ぜひ、こちらから比較検討し、今後のスムーズな売却にお役立てください。


もっと詳しく見る


八木 チエ 著者プロフィール: 八木 チエ

株式会社不動産投資の教科書の代表取締役社長。宅地建物取引士・2級ファイナンシャル・プランナー。得意の中国語を活かし、中国の方への日本の投資用不動産販売経験後、2014年に株式会社 不動産投資の教科書を設立。


ご意見・ご感想などお聞かせください

*


*

不動産を損せず売却するなら?オススメ不動産売却査定サイト10選