インフレ対策となる資産運用の種類として知っておきたい6つの方法

Pocket

Graph of the housing market「今までの日本はデフレだったけど、アベノミクスがうまくいくとインフレになってくるから資産運用の方法を考えた方がいいよ」という話を聞いたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、そもそもインフレとは何でしょうか?また、インフレになった場合にどのような資産運用が適しているのかについて詳しく理解していない方も少ないでしょう。

そこで今回は、

  • そもそもインフレとは?
  • インフレのメリットとデメリットとは?
  • インフレ対策となる6つの資産運用方法

などについて書いていきますので、参考にしていただけたら幸いです。

 

新築一棟投資法

 

目次

1、そもそもインフレとは?
2、インフレのメリットとデメリットとは?
3、インフレ対策となる資産運用方法
4、不動産投資
5、株式投資
6、外貨による通貨分散投資
7、10年変動金利の個人向け国債へ投資
8、短期の定期預金
9、金などの貴金属への投資

1、そもそもインフレとは?

疑問まず、インフレについて正しく理解しましょう。

インフレはインフレーションの略語で、モノやサービスの価格が上昇することにより、貨幣価値つまりお金の価値が下がることをいいます。

現金で保有すると他の資産との比較で相対的に所有している財産の価値が下がってしまうことを言います。

日本銀行が2013年の1月に掲げたインフレ率の目標が「2%上昇」となっていますので、これが達成できると、2013年1月に100円で買えたものは、達成後は「102円」になります。

※一方、インフレの反対語で「デフレ」とは、デフレーションの略でモノやサービスの価格が下がり、お金の価値が上昇することを言います。

2、インフレのメリットとデメリットとは?

セミナー日本は長年デフレの状況にあると言われていました。もし、実際にインフレになるとわれわれの生活にどんな影響があるのでしょうか。メリットとデメリットに分けて書いていきます。

(1)メリット

まず、インフレのメリットを見てみましょう。

具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

  • モノが売れやすくなり景気が良くなる
  • 円安により輸出業の利益が出やすくなる

など。

(2)デメリット

一方、インフレのデメリットはどうでしょう。

大きく以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 物価が高くなり、家計が厳しくなる
  • 金融機関は融資したお金の価値が下がることを見据えて、ローンの金利上昇リスクが高くなる
  • お金の価値が下がり過ぎると外国からの輸入が減る可能性がある

など。

3、インフレ対策となる資産運用方法

相談インフレ経済において、お金の価値は相対的にどんどん下がってしまいますので、対策としては現金で保有するのではなく、資産運用をした方がいいという判断もあります。

具体的な資産運用方法について見てみましょう。

  • (1)不動産投資
  • (2)株式投資
  • (3)10年変動金利の個人向け国債へ投資
  • (4)外貨による通貨分散投資
  • (5)短期の定期預金
  • (6)金などの貴金属への投資

では、順番に見て行きましょう。

4、不動産投資

マンション 売りたい不動産投資は、不動産という実物への投資になりますので、インフレによる貨幣価値が下がるのと相対的に、不動産の価値が上がりますので、インフレ対策として有効な資産運用と言えるでしょう。

(1)メリット

不動産投資は、インフレに強いというメリットの以外に、以下のようなメリットがあります。 

  • 安定した家賃収入が得られる
  • 高利回りが期待できる
  • 少額自己資金から始められる
  • 節税効果がある
  • 相続・贈与税対策として有効である

など。不動産投資のメリットについて詳しく「不動産投資を迷っているあなたが知っておくべき7つのメリット」をご参照ください。

(2)デメリット

一方、投資である以上リスクもあります。

不動産投資には以下のようなリスクが挙げられます。

  • 空室リスク
  • 家賃下落リスク
  • 金利上昇リスク

など。不動産投資のリスクについては「不動産投資において失敗しないために知っておくべき14個のリスクまとめ」にて詳しく書いてありますので、参考にしてみてください。

(3)始め方

不動産投資を始めるにはまず情報収集が非常に大切だと言われています。効率よく情報収集するには、現在の不動産市場の状況を教えてくれたり、あなたの条件に合った投資不動産を紹介してくれたり、投資プランを提案してくれる不動産投資会社に問い合わせしてみるといいでしょう。

以下のサイトで厳選された不動産投資会社の資料を無料で一括で請求できます。利用特典もあるので、不動産投資会社を探されている方は是非利用してみて下さい。

■不動産投資会社への一括資料請求サービス


http://lp.jutapon.com/

さらに、数多い不動産投資会社の中で、資本金や会社規模から見て、安定性があると思われる3つの会社をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

① 住友不動産株式会社

スクリーンショット 2014-08-25 10.53.40
http://www.sumitomo-rd.co.jp/

② 株式会社マイランド

スクリーンショット 2014-08-25 11.17.34
http://www.land-asset.com/

③ 株式会社ランドネット

スクリーンショット 2014-08-25 11.24.10
http://landnet.co.jp/

5、株式投資

draft_lens19068530module157317131photo_1330534092aa_aa_z__aインフレにより企業の株価が上昇することになりますので、株式投資もインフレに強い資産運用だと言われています。

(1)メリット

まず、株式投資のメリットについて見てみましょう。

具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

  • 値上がりによるキャピタルゲイン
  • 会社から分配される配当金によるインカムゲイン
  • 優待券など株主優待が受けられる

など。

(2)デメリット

一方、株式投資のデメリットとしては、

  • 株価は日々変動が激しいため、儲け損出も大きい
  • 会社倒産により株式が紙切れになる可能性がある
  • 会社経営が不況により、配当金が出ない場合がある

などが挙げられます。

(3)始め方

株式投資を始めてみたい方は、まず証券会社に問い合わせをしてみるといいでしょう。また、株式の仕組み、どんな銘柄があるのかなどの知識は、自分で本やインターネットより勉強された方がいいでしょう。

以下個人投資家を完全サポートする証券会社をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

①  G&Dアドヴァイザーズ

今週の急騰銘柄を無料公開!

<a href=
 http://www.gdaj.jp/

②   ライジングブル投資顧問株式会社

「買い」から「売り」まで、株式投資による財産形成を総合サポート。

スクリーンショット 2015-10-17 9.22.11
http://www.ipobull.com/

6、外貨による通貨分散投資

外貨預金インフレで日本円が外貨と比較して相対的に価値が下がっていきます。外貨投資することで資産価値を維持することができる可能性があります。

(1)外貨投資の種類

外貨投資と言っても、様々な種類があります。

外貨投資の種類として、大きく以下の3種類があります。

  • 外貨に両替し、銀行にそのまま貯金する「外貨預金」
  • 外貨で運用する投資信託の「外貨MMF」
  • 証拠金を使って為替取引を行う「外国為替証拠金取引(FX)」

など。

(2)メリット

では、外貨投資のメリットについて見てみましょう。

大きく以下の2つのメリットが挙げられます。

  • 高金利通貨に投資することができる
  • 為替の差益を狙うことができる

(3)デメリット

一方、デメリットはどうでしょう。

具体的には以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 24時間変動する為替市場の動きを常にチェックする必要がある
  • 購入した通貨の国の景気が下がった場合、金利も下がってしまう
  • 取引業者が破綻する可能性がある

など。

(4)始め方

基本的には証券会社などの金融機関から購入することができます。なお、通貨の種類によって取り扱いがない場合もありますので、事前に確認するといいでしょう。

日本でもっとも利用者数が多い金融機関をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

DMM FX

FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!

スクリーンショット 2015-02-25 17.44.23
http://fx.dmm.com/lp/

7、10年変動金利の個人向け国債へ投資

sparsau wecker taschenrechnerインフレが進むにつれ、金利も上昇することから、固定ではなく、10年変動金利の個人向け国債への投資も一つのインフレに強い資産運用方法として挙げられます。

(1)そもそも個人向け国債とは

個人向け国債とは、個人投資家しか購入できない国債の一つです。

なお、2013年12月以後発行された個人向け国債は、東日本大震災の復興する事業資金として利用されることになったため、「個人向け復興国債」に名前が変わりました。

(2)個人向け国債の種類

個人向け国債には、以下の3種類があります。

  • 10年変動金利タイプ
  • 3年固定金利タイプ
  • 5年固定金利タイプ

インフレ対策として有効なのは、固定金利タイプではなく、将来金利が上昇につれ金利がアップする10年変更金利タイプの個人向け国債が適しています。

(3)メリット

10年変更金利タイプの個人向け国債は大きく以下のようなメリットがあります。

  • 1万円という少額から投資ができる
  • 半年ごとに見直される金利変動が活用できる
  • 購入1年以後解約ができる
  • 手軽に購入することができる

(4)デメリット

一方、デメリットとして途中解約した場合は、過去1年分、変動なのでつまり2回分の金利が差し引かれますので、注意しましょう。

(5)始め方

国債は基本的には購入時に手数料がかからないので、どちらの証券会社から購入しても同じだと言われています。

しかし、せっかく購入するのであれば、少しでもトクすることができる証券会社から購入するといいでしょう。

以下「キャッシュバックキャンペーン」を実施している証券会社をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

 SBI証券

スクリーンショット 2014-11-18 10.48.11
https://www.sbisec.co.jp/

8、短期の定期預金

預金インフレ率より金利が下回る可能性が低い短期間の定期預金もまた、有効な対策として挙げられます。

中長期の定期預金を組んだ場合、徐々に上がってくるインフレ率より金利が低くなる可能性がありますので、1年満期程度の定期預金にするといいでしょう。

(1)メリット

短期の定期預金のメリットとしては、インフレ率より金利が下回る可能性が低いということが言えるでしょう。

(2)デメリット

一方、デメリットとしては、金利の引き下げがあった場合、すぐに反映されてしまうことです。

例えば、3年満期の定期預金の場合、金利の引き下げがあったとしても反映されるのは満期になってからです。これに対して、短期間の定期預金は期間にもよりますが、満期後すぐに適用されていまします(新生銀行の2週間の定期預金の場合)。

(3)始め方

金融機関によって取り扱っている商品が違いますので、事前に確認してみるといいでしょう。

都市銀行より金利が高く設定されている、以下の3つの金融機関をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

① 新生銀行

スクリーンショット 2014-11-18 10.56.01
http://www.money-navi.net/

② 東京スター銀行

スクリーンショット 2014-11-18 10.57.01
https://www.tokyostarbank.co.jp/

③ オリックス銀行

スクリーンショット 2014-11-18 10.57.54
http://www.orixbank.co.jp/

9、金などの貴金属への投資

Piggy bank金、銀、プラチナなど貴金属は不動産と同じく実物資産として、インフレに対して強い対応力があると言えます。

(1)金投資の種類 

金投資と言っても、様々な種類があります。

大きく以下のような種類が挙げられます。 

  • 毎月定額で金を購入する「純金積立」
  • 金価格に連動する上場投資信託の「金ETF」
  • 延べ棒のこと「金地金」

など。

(2)メリット

まず、金、銀などの貴金属のメリットを見てみましょう。

具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

  • 貴金属そのものに価値があるため、無価値になることはない
  • 政治・経済などの影響受けにくい
  • 長期的の資産形成に適している
  • 記念金貨など特殊な取引もできる

など。

(2)デメリット

一方、デメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 市場の価格変動に左右される
  • ドル建てにした場合、為替の影響を受ける
  • 元本は保証されない
  • 実物所有のため、利息がつかない

など。

(3)始め方

投資方法によって、購入する方法も違ってきます。下記金などの貴金属投資で有名な「田中貴金属工業(株)」をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

■ 田中貴金属工業(株)

スクリーンショット 2014-11-18 11.54.10
http://gold.tanaka.co.jp/index.php

まとめ

今回はインフレ対策となる資産運用の方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。

Pocket

不動産投資 一括比較

今だけ限定公開中!初心者が知っておくべき不動産投資の全知識(無料ダウンロード)

toushi-ebook

 

こちらは、不動産投資初心者のあなたのための教科書です。
不動産投資はとても高額な投資です。間違った知識で行えば、あなたの資産はすぐに消え失せてしまうでしょう。 そこで、私たちが普段お客様と直接やりとりする中で、必ず押さえておくべきだと痛感している内容を一冊にまとめました。

  • 基礎知識が身につくので、安心して不動産投資を始められます
  • 信頼できる不動産投資会社を見極められるようになります
  • 自分に一番合った物件を探せるようになります
  • 不動産投資をサラリーマン業と両立させるコツが分かります

この資料をダウンロードすることで、リスクを出来る限り防ぎ、効率良く投資ができるようになります。 投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。 初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方は、ぜひダウンロードしてお読みください。

次のページで目次を確認できます

八木 チエ 著者プロフィール: 八木 チエ

株式会社不動産投資の教科書の代表取締役社長。宅地建物取引士・2級ファイナンシャル・プランナー。得意の中国語を活かし、中国の方への日本の投資用不動産販売経験後、2014年に株式会社 不動産投資の教科書を設立。


ご意見・ご感想などお聞かせください

*


*

不動産投資セミナー!
あなたの不動産投資に役立つセミナー9選