急な転勤でマンションを売却したい方が知っておきたい!安心して売却するコツ

転勤 マンション 売却この記事をお読みの方には、念願のマイホームマンションを購入したにも関わらず、急な転勤辞令によりマンションの売却を検討しなければならない、という状況の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マンションをお持ちの方が転勤することになった場合、

  • マンションを売る
  • マンションを貸す
  • 夫のみ単身赴任で家族は残る

などの選択肢があります。せっかく買ったマンションだしまた戻ってくる可能性もあるから、マンションを貸すなどして売却せずに持ち続けたい、という方もいらっしゃるでしょう。

急遽転勤が決まったタイミングでは、住宅ローンが残っている状況でしょう。

賃貸に出せば、家賃収入で住宅ローンとある程度は相殺できるとお考えの方もいらっしゃると思います。しかし、金融機関によっては賃貸に出すことを認めてもらえないこともありますし、管理費、修繕積立金、固定資産税などの費用が発生するので、生活が厳しくなった家族も少なくありません。

また、家賃収入があると確定申告する必要があり、費用も手間もかかってきます。そもそも、借り手がすぐに見つからない可能性もありますし、借り手が見つかったとしてもその方がずっと借り続けてくれる保証もありません。

そのため、一般的には、特別な思い入れがあるとか、数年で戻ってくることが確定している場合以外は、売却を選択する方が多いのが実情です。

とは言え、急な転勤の場合、限られた期間で売却活動をしなければいけないので、なかなかうまく売却ができず悩まれている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、転勤を伴うマンションの売却活動がスムーズに進めるために知っておきたい知識を以下にてまとめました。

  • どっちが良い?「転勤前に売却」と「転勤後に売却」
  • 転勤前に売却するメリット・デメリット
  • 転勤先で売却活動を継続する場合のメリット・デメリット
  • 買取りによる売却

急遽転勤が決まって引越ししなければならなくなった方のご参考になれば幸いです。

続きを読む

Pocket

不動産投資・売却のご相談はこちらから
TEL:03-6869-1263 ※9:30〜18:00(月〜金)